※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

              一般のリヴリー
  • 一般のリヴリーです。普通の人はこれを飼えます。

ピグミー
ミュラー研究所ではじめて誕生したリヴリー種。気性はおだやかで、ひかく的飼い主の言う事をよく聞きます。温かい場所を好み、活動的です。耳をピクピクとさせるのは、安心している時や、感情が高ぶった時など、何かしら心情に動きがあった時に行う様です。

トビネ
跳躍力にすぐれたリヴリー。活発的に動き回り(飛び跳ね回り)、明るい気性をしていますが、少し神経質な面もあります。暑さにも、寒さにも強い身体の構造をしています。眠る時は、その大きな尾にくるまります。

ゲッコウヤグラ
浮遊能力をもったリヴリー。マイナスイオンの多い環境が大好きです。水中に強く、泳ぎも得意です。とてもおとなしい気性ですが、動きはとても俊敏で、狙った獲物は、すばやくしとめます。

アメノヒグラシ
カエルの様なリヴリー。四つ足歩行型の跳躍にすぐれています。毛はなく、迷彩風の模様のあるツルツルの皮膚で覆われています。何を考えているのかよくわかりませんが、獲物をみつけるとすばやくそれを捕らえる、狩猟的な面も持ち合わせています。

ブラックドック
犬の様なリヴリー。フードをかぶっている様にみえるその毛は、防水性に優れています。気性は荒く、とがった尾で気に入らない者を威嚇します。視力はあまりよくないですが、嗅覚がとても発達しています。雷が大好きで、鳴り出すと、とても興奮します。

オーガ
大型のリヴリーで、知能が高く、力も強いです。怒らせると、とても危険です。伝説などによく出てくるオーガは、中世時代、このリヴリーを見た者が作り出した話との説があります。気分がいい時などに、クビをカタカタいわせる様です。

ワタメ
ふわふわな綿の毛をもつ、ネコの様なリヴリー。毛を膨らませたり縮めたりする事で、体温調節や気分を落ち着かせたりします。背をのばして、リラックスします。おだやかで繊細な気性です。

ジュラファント
大型のリヴリー。一見、ゾウの様ですが、鼻に見える所は、実は目がついた頭部で、牙に見えるのは腕(前足)という、2手4足の、実は面長?なリヴリーです。おとなしく、のんびりした気性ですが、重量があり、力が強いため、気を付けてあつかわないと、とても危険です。

クンパ
生態はピグミーの系統をふんでいますが、そのライバル的性質を持つリヴリー。気性は荒く、あつかいにくさは否めませんが、飼い主には絶対的な忠誠心を持ちます。大きな動く角があり、首元の毛は口元を覆う程に膨らみ、マスクやマフラーの様な役割を担います。

パキケ
洋服の様な毛をもつリヴリー。その姿は、まるで草原をピクニックする少女の様です。穏やかな気性で、マイペースです。前足(両手)で身体を安定させ、二足歩行で移動します。かわいいものや、きれいなものによく反応します。

ハナアルキ
鼻が異常に進化した類のリヴリーです。鼻を使って歩行することができ、その筋肉だけで本体を持ち上げ、軽く飛び上がることができます。手足は小さな昆虫を捕まえる程度の力しかありません。

ハナマキ
象を思わせる長い鼻が特徴。この鼻を使って、狭い隙間等の臭いを嗅ぎます。しかし、象の様にこの鼻で物をつかむことはできません。ちなみに大きな耳は聴覚にはあまり影響していないようです。

G,L,L・限定リヴリー
  • このリヴリーはG,L,Lに入らないと飼う事が出来ません。G,L,Lにはいってネオビルミンを使って変身させることで飼う事が出来ます。(毎日一匹の種類しか変身出来ません。一日一日変身する種類は変わります。)

スナイロユンク
G.L.L限定のリヴリー。
鳥の翼の様なカタチをした耳を持ち、跳躍力に優れたその体はトビネの流れを汲んでいます。
好奇心にあふれ、快活で行動的です。
人懐っこい性格なので飼い主にもよくなつきます。
お散歩が大好きで、とくに十分跳ね回れる広い場所を好みます。

ムシチョウ
Great Livly Land( 開園記念 )限定リヴリー。 G.L.L城内で生まれる、ロイヤルな雰囲気ただようリヴリーです。翼のない鳥の様な姿で、実際、空を飛ぶ事は出来ませんが、跳躍力と視力が秀でています。知能が高く、繊細な気性ですが、気さくで明るく、とても元気です。

イッカクフェレル
クリスマスイベント(2004年)限定のリヴリー。他のリヴリーにアピールするための一本の長い角が生えています。胴体が厚い毛で覆われているため寒さにとても強いリヴリーです。環境の変化にも強いので比較的飼いやすい種類です。

ホオベニムシチョウ

ケマリ
クリスマスイベント(2002年)限定のリヴリー。全身が繊細な毛で覆われており、寒さにたいへん強いリヴリーです。羽によって空をとてもすばやく飛ぶことができます。あまり物事を考えていません。

オオツノワタケ
お正月( 2003年)限定リヴリー。ふわふわの毛につつまれ、大きな角をもった、まるで羊のようなリヴリー。とてもおだやかな性格です。毛の柔軟性を活かした跳躍に優れています。与えるエサにより、角が変色します。

ラヴォクス
バレンタインのミニイベント(2004年)のG.L.L限定リヴリー。ハートマークのような姿をしています。大きな耳を持ち、聴覚にすぐれています。性格は、おとなしいですが、とても明るく活発的な面も持っています。やわらかく丸みをおびた尻尾からはほのかにあまい香がします。

ユキムグリ
クリスマスイベント限定(2003年)のリヴリー。低温の環境に適応するため、とても長い毛で全身が覆われています。大きな角で雪を掘り、雪の中に潜って身を隠します。

トウナスモドキ
ハロウィンイベント(2003年)限定のリヴリー。無邪気な性格をしています。たまにはげしく興奮しますが、基本的には、よく飼い主になつきます。するどい牙を持ち、大きな口をしているため、あやまって噛まれる事などない様に、飼い主はじゅうぶんに気をつける事も必要です。

カンボジャック
ハロウィンイベント(2002年)限定のリヴリー。よく首をカタカタといわせます。ひねくれた性格ですが、ときたまとても素直になる事もあります。するどい牙をもっており、口を大きく開く事も出来ます。そのため、凶暴そうに見えますが、実はかなりおとなしいリヴリーです

ヘンプクジンチョウ
ハロウィンイベント(2004年)限定のリヴリー。翼を持っていますが、飛翔能力はありません。視力は弱く、鼻から出す音波でまわりにあるものを的確に認識します。暗いところを好み、寝る時は立ったままです。牙が鋭いので、世話をする時は注意しましょう。

マウンテンピグミー
お正月イベント(2004年)限定のリヴリー。ピグミーの大型種。一見、凶暴そうですが、とても心優しく、飼い主や仲間への愛情も強いため、群れを成した時の結束は固いです。また、とても太い腕を持ち、怪力でもあります

ミミマキムクネ
KissLivlyスタジオオープン記念リヴリー。耳の毛がとても長く、螺旋状に巻かれています。通常のリヴリーの中では比較的知能が高く、身の回りに起こる様々な出来事に強く興味を示します。耳としっぽをうまく利用し、二足歩行で移動します。

ヴォルグ
2005年ハロウィン限定リヴリー。
満月の夜に誕生したリヴリー。飛翔能力は低いですが、滑空で長い距離を飛ぶ事ができます。

ユキワラベ
クリスマスイベント(2005年)限定のリヴリー。とても穏やかな性格。寒さに強い体毛をもっています。そのため暑さには弱く、夏などは涼しい場所で管理してあげる事が大切です。自然をこよなく愛し、たまに目に見えない何かと戯れ遊ぶ事があります。

クイ
お正月イベント(2006年)限定のリヴリー。中型のリヴリーで、首が長く、大きな耳を持っています。体は淡い金色の柔らかい毛で覆われています。とても穏やかな性格で、飼い主によくなつきます。活発に動き回ることでテリトリーを広げます。

ピキ
長い毛に覆われた耳が特徴のリヴリーです。音に対して敏感で、音楽に聞き入ることもあるようです。とても活動的であまりじっとしていることがありません。

プリニティブピグミー
中世時代の姿を再現したピグミー。現代ピグミーと同じく、おだやかな気性で活動的です。直立したり、前足を器用に使う事は苦手です。細かくとがった歯には要注意です。Livly Island 3周年(2006年)を記念して、期間限定で配布されました。

プリニティブトビネ
中世時代の姿を再現したトビネ。強靭な足の筋肉をもっていますが、防寒のためにたくさんついた脂肪の影響で大きく跳ねる事はできません。おっとりとした気性で、のんびり動きます。Livly Island 3周年(2006年)を記念して、期間限定で配布されました。

プリニティブオーガ
中世時代の姿を再現したオーガ。ふさふさした長い毛で覆われたその体はヨーロッパの寒い冬に適応し、非常に飼いやすい種類だったと思われます。ただあまり人気はなかった様です。Livly Island 3周年(2006年)を記念して、期間限定で配布されました。

マダラカガ
ハロウィンイベント(2006年)限定のリヴリー。やや湿った場所を好み、明るい場所を嫌います。警戒心が強く、派手な模様で相手を威嚇して身を守ります。手足の吸盤状の指先で壁などに張り付いて移動することもあるようです。