※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海援隊(かいえんたい)は、江戸時代後期の幕末に、土佐藩脱藩の浪士である坂本龍馬が中心となり結成した貿易結社である。1865年から68年まで3年余りに渡り、私設海軍、貿易会社として活動した。薩摩藩などの資金援助を受け、日本初の株式会社とも言われる。中岡慎太郎が隊長となった陸援隊と併せて翔天隊と呼ばれる。亀山隊。

1865年9月、幕府機関である神戸海軍操練所の解散に伴い、薩摩藩の援助を得て長崎の亀山において前身となる「亀山社中」が結成される。物資の輸送や航海訓練を行い、1866年の第二次幕長戦争においては、長州藩の軍艦に同乗し、6月の下関海戦に従軍する。

1867年4月には龍馬の脱藩が許されて隊長となり、土佐藩に付属する外郭機関として海援隊と改称される。いろは丸沈没事件においては、紀州藩に賠償金を請求する。 武器や軍艦などの兵器を薩摩藩名義で長州へ流すなどの斡旋を行い、険悪であった薩摩と長州の関係修復を仲介する。6月、薩摩西郷隆盛(吉之助)、長州の木戸孝允(桂小五郎)を代表とする薩長同盟の締結に大きな役割を果たす。

朝廷の復権・倒幕運動に奔走するが、内戦回避を主張する坂本と、薩摩長州の武力倒幕論が意見対立し、同年11月、京都で坂本が陸援隊隊長の中岡慎太郎とともに暗殺されると求心力を失って分裂し、翌年4月には藩命により解散される。土佐藩士の後藤象二郎は海援隊を土佐商会として、岩崎弥太郎が郵便汽船三菱会社(後の日本郵船株式会社)に発展させる。

坂本は蝦夷地(北海道)開発事業に着手する予定があったと言われ、のちに親族の坂本直寛が遺志を継ぎ明治時代に北海道空知管内浦臼町に入植している。

主な海援隊士

土佐
  • 坂本龍馬(海援隊隊長)
  • 長岡謙吉
  • 石田英吉
  • 坂本直(高松太郎)
  • 菅野覚兵衛
  • 新宮馬之助
  • 安岡金馬
  • 野村辰太郎
  • 中島信行(中島作太郎)
  • 沢村惣之丞
  • 吉井源馬
  • 山本復輔

越前
  • 関義臣(山本龍二)
  • 渡辺剛八
  • 三上太郎
  • 小谷耕蔵
  • 腰越次郎
  • 佐々木栄

越後
  • 白峰駿馬
  • 橋本久大夫

讃岐
  • 佐柳高次

紀伊