※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

松下村塾とは

松下村塾(しょうかそんじゅく)は、江戸時代後期の幕末に長州藩士の吉田松陰が講義した私塾である。長州萩城下の松本村(現在の山口県萩市)に、松陰の叔父である玉木文之進が1842年(天保13年)に設立し、松陰も学んでいる。

変遷


吉田松陰は1855年(安政2年)に、実家である杉家に蟄居する事になり、杉家の母屋を増築して塾を主宰した。1858年(安政5年)に藩の許可を得るが、松陰が安政の大獄で粛清された為に、僅3年で廃止された。

藩校明倫館の塾頭を務めた松陰が主宰し、武士や町民など身分の隔てなく塾生を受け入れた。短期間しか存続しなかったが、尊皇攘夷を掲げて京都で活動した者や、明治維新で新政府に関わる人間を多く輩出した。塾生名簿は現存しないが、著名な門下生には久坂玄瑞高杉晋作吉田稔麿入江九一伊藤博文山県有朋前原一誠品川弥二郎山田顕義野村靖飯田俊徳渡辺蒿蔵(天野清三郎)、松浦松洞増野徳民有吉熊次郎らがいる。

明治維新の後に復活し、1892年(明治25年)まで存続した。萩市の松陰神社の境内には、修復された当時の建物がある。国指定史跡。

★参考:安政五年塾生一覧


双璧・四天王

松門の竜虎・双璧と呼ばれる。

三無生

四天王

五大臣・参議