秋芳洞とは何じゃ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秋芳洞とは

秋吉台の地下にある日本最大の鍾乳洞。総長8790mで一般公開されている部分は約1.5kmである。

秋吉台は主に石灰岩すなわち炭酸カルシウム(CaCO³)で構成されている。石灰岩は酸にとても溶けやすく、雨水に含まれる二酸化炭素などの酸によって溶かされ内部に大きな空洞を形成した。これが秋芳洞である。

秋芳洞内部には多数の鍾乳洞が存在している。これは水に溶けた炭酸カルシウムが長い時間をかけて集まり、つらら状になったものである。

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。