グレンラガンレビュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

    感想

        カミナ(兄貴)が第1期で死んだ後も

        脚本なり監督なりシモンは、兄貴の濃いキャラクターに終始翻弄され

        常に全力で駆け抜けるストーリー展開であったように感じました。


        そういうこともあって

        ガンメンの能力設定が曖昧で

        最終形態天元突破グレンラガンでは宇宙での大戦闘

        敵の攻撃では銀河を丸めてエネルギー弾と果てしない設定。



         兄貴が死んで

        展開が少し治まるかと思いきや、まさかまさかの飛躍展開。



        「ここまでやるのか…」

        と思うことが多々ありました。



         一言で言ってしまえば

         細かい設定を無視した


         「熱いアニメ!」


         であるということがよくわかりました



         自分としては、細かい事を気にしなくてよく

         とてもとっつきやすく、見ていてとても爽快感のあるアニメでした。

          ちなみに一番highになったシーンは

         キタンがデススパイラルマシーンを破壊するため

         ギガドリルブレイカーでぶっつぶす所です。

         以上
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。