アクエリオンの感想

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この創生のアクエリオンはOPやEDの歌詞やメロディー調でも

分かるように、”戦い”・”友情”・”愛”

(”戦い”は堕天使族とアポロニアスとの一万と2000年に渡る戦い。)

(”友情”は一つの目的に突き進むアクエリオンを中心とした仲間。)

(”愛”はアポロ二アスとセリアンの一万と2000年にわたる愛。)

の三つのテーマから作られたstoryだと感じた。そして、途中にコスプレ

やドラキュラの話といったネタ的な話もあり彼らの目的外での日々の生

活に着目した話もあった。残念だったのは、OPの人気のある創生の

アクエリオンに相応した興味深い内容ではなかった事だ。

しかし、最近の作品ということもあったので、とても戦闘シーン等にCG

が使われていてとても目を引くものがあり良かったと思う。


~全体感想~

創聖のアクエリオンをみた感想について。最初はハラハラドキドキ展開でこれは面白くなりそうだなと思ったけど・・・。
突然とぶが最終回は意味不明だった。敵は全員倒してないじゃないか。ラスボスって結局だれだったんだ・・・。
不動のとこ説明不足。1万2千年前のところももっと深くいってほしかった。とにかく複線が回収してない。
最後までちゃんとやってほしい(製作側はちゃんとやったのかもしれないけど)。でも、中盤で作画がいきなりかわ
ったのは驚いたな、ここまでやると逆にすごいですよ。ここはすごいと思った。あと音楽もけっこう良かった。
ゲーム用音楽のようなアップテンポの曲が多く感じた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。