ダンバインレビュー初版


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公であるショウ・ザマ(設定はイケメン?)がバイクに
乗っている時に突如、何らかの力によって異世界(バイスト
ンウェル)へと通じる道が開かれ、その世界にタイムスリップ
するという話。そしてその世界でショウ・ザマは悪と激しい戦
いを繰り広げ、出会いや別れを経験し、聖戦士として成長し
ていく物語。
(H.O談から一部抜粋)

<物語の主人公>
  • ショウ・ザマ・・・・・ 異世界バイストンウェルにきて、いきなり”戦え”
             と命じられ、はじめは戸惑ったが割りきりが早い
             性格なのかすぐに戦いに慣れてしまう生粋の日
             本人。そして戦いが激しくなり自分の仲間が死ぬ
             につれ自分で自分を責めるようになる。
             だが、自分で自分を鼓舞し戦いに挑み続け聖戦士
             としての意味を理解し,目覚めていく。


  • マーベル・フローズン・・・絶体絶命になり、どれだけ心身ともに傷つい
                も、不屈の精神で耐え抜く(米)女。しかし、シ
                ョウ・ザマとの出会いによって、自分の弱さを
                仲間たちに打ち明けるようになる。マーベルの
                考えをショウが理解し、互いに惹かれあっていく。


  • チャム・ファウ・・・ショウがダンバインに乗っているときに必ずと言ってい
            いほど同乗している妖精(ミ・フェラリオ)。かなりの働き
            者でショウ達の戦いの手助けをしている。だが時々,行
            き過ぎた行動に出ることがありショウ達を困らせることが
            多々ある。


  • ニー・ギブン・・・・ドレイクの野望に真っ向タ立ち向かう、ゼラーナ艦長。仲
            間をまとめる能力に長け信望は厚い。ただリムル・ルフト
            のことになると艦長としての責務を忘れ、「リムル~リム
            ル!」となってしまい、仲間達から非難されている。


  • トッド・ギネス・・・ショウとともにバイストンウェルにきたアメリカボーイ。最初
            はショウとともに戦ってたが、トッドはドレイク側、ショウは
            ニー側と分かれて、激しい戦いを繰り広げることになる。
            とてもプライドが高く、典型的なアメリカ人。


  • ドレイク・ルフト・・阿の国の王。軍人としては国を繁栄させるために冷酷であ
            るが。娘(リムル)に対しては親としてのやさしさを持ち合わ
            せている。


  • ルーザ・ルフト・・リムルの母親であり、ドレイクの妻。ものすごい野心を持って
            おり、ドレイクを陰で操ってた存在。ときには自分の娘をこの
            手で殺めようとも、自分の野心を達成しようとするほどの執
            着心がある。まさに魔性の女だ。


  • バーン・バニングス・・ドレイク・ルフトの家来でこの物語で最もかわいそうな奴。
              主人公の宿敵ではあるが、敵ながら同情してしまう。> 。
              。< 度重なるショウとの敗北にドレイクの信用はがた落ち。
              ついには誇り高いバーンが涙を見せるシーンもある。見る
              方にはこの男に注目 してもらいたい。


  • キーン・キッス・・・・まだ子供で何もできない年齢でありそうなのだが、父をドレイ
             クに殺され、自立するのが早くドレイクの野望を阻止しようと
             ゼラーナのクルーになる。当初はかなりの足手まといではあ
             ったが、オーラバトラーが改良されたコモンに乗るようになる
             と活躍するようになる。


  • ガラリア・ニャムヒー・・・ドレイク・ルフトの女家来。最初はバーンよりも位が下であ
                ったが,ショウとの戦いが認められドレイクの信頼を得てい
                く。しかし、ショウのオーラ力が増大するにつれてショウとの
                力の差が出てくる。するとトッドに地位を脅かされるように
                なる。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。