ダンバイン感想

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この作品を見て、これほどまでキャラクターを殺していいものなのだろうか?

と思った作品は今までになかったと思う。

主人公ザマショウにほど近い、マーベルフローズンやギブン達はストーリーの

架橋まで殺さずいたが、他のサブキャラはためらわず切り捨てていった。

後になって、この作品の監督の特徴であることが判ったのだが、この作品

は20年前に放映されず、今放映されていたら、画風もよりリアルになることか

ら必ず教育上の問題で放送ストップになるか、深夜アニメとして放送されてい

たと思われる。特に、ルーザが愛娘リムルを殺すシーンは間違いなく問題視

されるだろう。このシーンは私がこの先記憶に残るシーンであったことは間違

いない。ただ逆に、戦場ではこういった仲間をすぐに失ってしまうことが当たり

前な世界であるが故に、このようなストレートな展開になっていたのかとも感じた。

それにしても、今思い返しても、全キャラが非業な最期を遂げていったなぁと思う。

      • ただ唯一キーンは、最後に幸せを勝ち取った感がある。
.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。