※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

交通費を安くageる方法


就職活動に意外と使うのが交通費、各種セミナーは無料でも交通費が意外と大きな出費になるのはよくあること





  • 交通費を安くするポイント
新幹線・特急使うところを普通・快速電車で逝く
各種「割引きっぷ」や「フリーきっぷ」を活用する
金券ショップできっぷを購入する
乗車券・航空券はクレジットカードで購入する(ポイントがもらえる。楽天カードなど高還元カードがお勧め)
Suica・PASMO・ICOCAなどICカードはクレジットカードでチャージする(ポイントがもらえる)
航空機は特定便割引や早割などを活用する。(マイレージサービスでマイルも貯めよう)
マイレージサービスの特典航空券があればそちらを利用しよう。

【オススメの交通機関】
  • 高速バス および ツアーバス
最近はリーズナブルになっていますので、おすすめです!
基本的にはリクライニングシートで、特急や新幹線よりもリーズナブル。
バスにトイレがある場合もある。渋滞の場合は遅れるなど定時性の点でやや難がある。

  • JR在来線(普通・快速列車)
都市周辺の場合は列車の本数も比較的多く、料金のいらない快速列車が運転されている場合も。
JR西日本・東海で運行されている「新快速」列車は特にオススメ
地方都市の場合は本数が少なかったり接続が悪いことも
当然だが新幹線や特急よりグレードは落ちる
青春18きっぷを使うとかなり交通費を抑えられる

【オススメのICカード乗車券】
  • Suica(JR東日本)
利用可能エリアは首都圏、仙台、新潟エリア。電子マネー対応。
相互利用可能エリアはPASMO・Kitaca・TOICA・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけんエリア。電子マネーも対応。
携帯電話で利用できるモバイルSuicaもある。
ビューカードを所持していれば、券売機・ビューアルッテ・自宅PCでチャージ可能。クレジット機能付きSuicaなどは改札機でオートチャージもできる。
モバイルSuicaはビューカードに加えて、他社カードでもチャージできる。(ビューカード以外は年会費がかかる)
ビューカードでチャージすると1000円あたり15円分のポイント還元(Suicaに交換の場合)。
他社カードはポイントの扱いが異なる。ポイントが付与されないカードがあるので注意。

  • PASMO(首都圏私鉄各社)
利用可能エリアは首都圏私鉄・バス。電子マネー対応。
相互利用可能エリアはSuicaエリア。電子マネーも対応。
クレジット一体型かクレジットと紐付けしたPASMOはオートチャージができる。
指定のカードでチャージするとポイントが付与されるがカードによって取り扱いは異なる。
ただビューカードより還元が劣る。

  • ICOCA(JR西日本)
利用可能エリアは近畿圏、岡山・広島エリア。電子マネー対応。
相互利用可能エリアはSuica・TOICA・PiTaPa・PASPYエリア。Suicaエリアでは電子マネーも対応。
SMART ICOCAではクレジットカードでチャージ可能。券売機・チャージ機でクレジットチャージができる。
J-WESTカードでチャージすると1000円あたり5円分のポイント還元(ICOCAに交換の場合)。
他社カードはポイントの扱いが異なる。ポイントが付与されないカードがあるので注意。
JR西日本の乗車では、別途200円あたり1ポイント還元となる。

【近距離でオススメの割引きっぷなど】
  • 都区内パス(JR東日本)
JR(東京23区内)の普通・快速の自由席が乗り放題になる
JR(東京23区内)以外では使えない。当日購入も可能

  • ホリデー・パス(JR東日本)
JR(首都圏)とりんかい線、東京モノレールの普通·快速の自由席が乗り放題になる
ただし、土休日などに限り利用可能
JR・りんかい線・東京モノレール以外では使えない。当日購入も可能

  • 小さな旅ホリデー・パス(JR東日本)
JR(東北地区)とIGRいわて銀河鉄道線(いわてフリーエリア用に限り一部区間)の普通・快速の自由席が乗り放題になる
南東北・いわて・あおもり各フリーエリア用の3種類を発売する
ただし、土休日などに限り利用可能
JRとIGR(いわてフリーエリア用に限り一部区間)以外では使えない。当日購入も可能

  • 青空フリーパス(JR東海)
JR線(名古屋地区)と普通・快速の普通列車等の自由席が乗り放題になる
ただし、土休日と年末年始に限り利用可能
JR・伊勢鉄道線以外では使えない。当日購入も可能

  • 休日乗り放題きっぷ(JR東海)
JR線(静岡地区)の普通・快速の自由席が乗り放題になる
ただし、土休日と年末年始に限り利用可能
JR以外では使えない。当日購入も可能

  • 関西おでかけパス(JR西日本)
JR線(関西地区)の普通・快速の自由席が乗り放題になる
ただし、土休日(年末年始除く)に限り利用可能
JR以外では使えない。乗車日の3日前に購入しないといけない

  • 昼間特割きっぷ(JR西日本)
JR線(関西地区)の一部区間で発売されている
通常の回数券より大幅な割安になっている
平日(年末年始除く)は利用できる時間帯に制限(10-17時)があるので注意
金券ショップで売られていることも多い。
発売区間外でも、通常のきっぷや他の回数券と組み合わせることで、通常より安くできるケースがある

  • 東京地下鉄1日乗車券(東京メトロ)
東京メトロ全線が1日乗り放題となるきっぷ。当日購入も可能

  • 共通1日乗車券(大阪市交通局)
大阪市営地下鉄・市バス(定期観光以外)・ニュートラム全線が1日乗り放題となるきっぷ。当日購入も可能

  • 1日乗車券・ドニチエコきっぷ(名古屋市交通局)
名古屋市営地下鉄・市バス全線が1日乗り放題となるきっぷ。1日乗車券はバス・地下鉄全線と地下鉄全線、バス全線の3種類なので注意。ドニチエコきっぷの利用は土・日・休日及び毎月8日のみ。当日購入も可能

【中・長距離でオススメの割引きっぷなど】
  • 青春18きっぷ(JR各社)
春・夏・冬に期間を限定して発売。5回使えるので少し遠いところで就職活動するのにオススメ
11500円(1回あたり2300円)で買うことができ、少し遠出する場合は特に重宝するだろう
普通列車(快速含む)とJR宮島航路(連絡船)しか使えないので注意。急行、特急列車や新幹線は特例がある場合を除いて乗車券と料金が必要。JRバスも利用できない。
普通車指定席(ムーンライトながら、ムーンライトえちご、ムーンライト九州etc)やグリーン車自由席(東海道線、湘南新宿ライン、横須賀・総武線etc)は別途料金を支払えば利用可能。
またJR線以外は利用できない。金券ショップで売られていることも多い。

  • 鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ(JR各社)
秋に期間を限定して発売。利用できる回数が3回だけで9180円(1回あたり3060円)となる。それ以外のきっぷの効力に関しては「青春18きっぷ」と同じだが、利用期間が相当短いのが難点。
こちらは「こども」用のきっぷもある。

  • 鉄道の日記念・西日本一日乗り放題きっぷ(JR西日本)
秋に期間を限定して発売。3000円でJR西日本の普通列車(快速含む)とJR宮島航路(連絡船)が1日乗り放題になる。急行、特急列車や新幹線は乗車券と料金が必要。JR西日本以外とJRバスは利用できない。
利用期間は限られているものの、西日本エリアでの就職活動の際は利用しやすいきっぷである。当日購入も可能

  • バースデイきっぷ(JR四国)
JR四国と土佐くろしお鉄道線の全線がグリーン車も含めて10000円(3日間有効)で乗り放題になる
誕生日となる月に有効開始でないと利用できない(同伴者用きっぷはある)が、かなり割安なので就活で利用する価値は大いにあるだろう

  • 2・4・20枚きっぷ(JR九州)
回数券タイプの割引きっぷ。2枚で発売の場合でも有効期間が長い(1ヶ月)
特急の指定席が利用できる(一部除く)が、通常より大幅に割安になるケースが多い
九州地区の金券ショップにおいて「バラ」で売られている率が高い。

  • スルッとKANSAI 2・3dayチケット(関西地区私鉄各社)
関西地区の私鉄・地下鉄・バスなどが乗り放題になるきっぷ。
関西地区内・関西地区以外で買えるきっぷは効力が微妙に違うので注意
関西地区で買えるものは発売期間と利用期間が限定されているが、利用日は連続していなくて良い。2日間用は発売しない
関西地区以外で買えるものはいつでも使えるが、利用日が連続していないといけない。2日間用も発売する
座席指定料金がいる列車は料金が別途必要
なおJRでは使えない。当日購入も可能

  • 特定便割引(航空各社)
事前に利用する便を指定することで普通運賃よりも大幅に割引となる
JALグループの「特便割引」、ANAグループの「特割」だと前日の購入でも割引になる。(7日前に購入しないといけない場合もある)
JALグループの「先得割引」、ANAグループの「旅割」だと更に割引率が上がるものの、28日前に購入する必要がある
特定便割引は変更が利かない点が大きな難点

他にも色々あるので交通機関のサイトなどで確認してみよう

【交通関連リンク】
(JR各社)

(その他)
※青春18きっぷの使い方について詳しく解説。JRグループ非公式サイト