リンクフリー!

目次


右メニュー(関連リンク集)へ

何が問題なの?



三民族って?

   ウルムチ事件


何ができるの?




このサイトについて
コメント、雑談もこちらで


  右上 青  内モンゴル
  左上 水色 ウイグル
  左下 赤  チベット
            wikipediaへ

三民族リンク

チベット



ウイグル


モンゴル



【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

更新履歴


更新後、約一日は
目次にNew!表示

取得中です。


QRコード



編集&情報管理に

ウェブ魚拓
ウェブ上のデータを
まるごと保存できます。
翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に



ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖地チベット展の欺瞞

この項の目次


「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-」展の欺瞞


A3サイズプラカード用PNGファイル

チベット展に抗議相次ぐ 「動乱や亡命に触れず」

 「上野の森美術館」(東京)で開催中の「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展(中華文物交流協会、朝日新聞社など主催)が、展示説明や図録でチベット動乱やダライ・ラマ14世のインド亡命など歴史的事実に触れていないとして、チベットの人権状況改善を訴える支援団体や有識者などから抗議を受けていることが19日、分かった。

 同展は、世界遺産のポタラ宮やチベット博物館(いずれも中国チベット自治区)などが所蔵する仏像や仏具など約120点を展示し、日本の国宝に当たる「国家一級文物」も含まれる。しかし、チベットの近現代史や現状の説明は、会場や図録にはない。

 これに対し支援団体などは9月の開会以来、毎週末に美術館付近でデモを行ったり、チベット史やチベット問題を解説する講演を開催するなど抗議活動を展開。国際的な支援団体も美術館や主催者側に公開要請状などを送った。美術館には中立的な展示を求める文書などが、これまでに約300通届いたという。
2009/12/19 06:27 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121901000065.html
http://megalodon.jp/2009-1220-0420-25/www.47news.jp/CN/200912/CN2009121901000065.html
twitter
http://twitter.com/47news/status/6809120628

共同通信はNHKや民放TV局や読売新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、産経新聞社等ともニュース提供契約していますが今のところ全国紙やキー局での報道は未確認です。
しかしこの報道は共同通信から47NEWS(よんななニュース)その他へ提供され以下の47NEWS参加社ニュースサイト等で次々と取り扱われています。
↓クリック
+...
北海道新聞 | 室蘭民報 | 河北新報 | 東奥日報 | デーリー東北 | 秋田魁新報 | 山形新聞 | 岩手日報 | 福島民報 | 福島民友新聞 | 産業経済新聞 | 日本経済新聞 | ジャパンタイムズ | 下野新聞 | 茨城新聞 | 上毛新聞 | 千葉日報 | 神奈川新聞 | 埼玉新聞 | 山梨日日新聞 | 信濃毎日新聞 | 新潟日報 | 中日新聞 | 中部経済新聞 | 伊勢新聞 | 静岡新聞 | 岐阜新聞 | 北日本新聞 | 北國新聞 | 福井新聞 | 京都新聞 | 神戸新聞 | 奈良新聞 | 紀伊民報 | 山陽新聞 | 中国新聞 | 日本海新聞 | 山陰中央新報 | 四国新聞 | 愛媛新聞 | 徳島新聞 | 高知新聞 | 西日本新聞 | 大分合同新聞 | 宮崎日日新聞 | 長崎新聞 | 佐賀新聞 | 熊本日日新聞 | 南日本新聞 | 沖縄タイムス | 琉球新報 | 共同通信

確認できている各社の配信
※上の47NEWS参加社のニュースサイトには自動配信されているようなので特別な事情がなければ未確認の社も扱っていると思われます。


北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/culture/206221.html
中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/PN2009121901000175_Culture.html
高知新聞
http://203.139.202.230/?&nwSrl=179882&nwVt=npd
山陽新聞
http://svr.sanyo.oni.co.jp/news_k/news/d/2009121901000065/
福島民報
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4161&blockId=4816334&newsMode=article
福島民友新聞
http://www.minyu-net.com/newspack/2009121901000065.html
佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/news/global/corenews.0.1501608.article.html
茨城新聞
http://www.ibaraki-np.co.jp/zenkoku/detaile.php?f_page=main&f_key=7&f_file=CN2009121901000065.1.N.20091219T062733.xml
大分合同新聞
http://www.oita-press.co.jp/worldCulture/2009/12/2009121901000065.html
北日本新聞
http://www.kitanippon.co.jp/contents/kyodonews/20091219/527963.html
山梨日日新聞
http://www.sannichi.co.jp/kyodo/news2.php?genre=Culture/Entertainment&newsitemid=2009121901000065
福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news4/article.php?topicsid=9800&pack=CN&storyid=285817
静岡新聞
http://www.shizushin.com/news/culture/national/2009121901000065
岩手日報
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_s.cgi?s_culture_l+CN2009121901000065_1
山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/newspack/modules/news/article.php?storyid=1016915014
デイリースポーツオンライン
http://www.daily.co.jp/society/culture/2009/12/19/0002591113.shtml




「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-」展公式HP
http://www.seichi-tibet.jp/index.html

主催

財団法人日本美術協会・上野の森美術館、朝日新聞社TBS
、大広、
中華文物交流協会、中国チベット文化保護発展協会

後援

文化庁、中国国家文物局、中国大使館

出品協力

中国チベット自治区文物局、中国文物交流中心

協 力

JAL日本航空 日本通運

NHK関連会社も関わっています

[NHK学園]
  • 講座タイトル: NHK学園 第9回 仏教特別講座『聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-』展
http://megalodon.jp/2009-1220-0716-49/www.seichi-tibet.jp/news/cat13/
大阪展ではNHK大阪がチベット展の後援に参加します。
http://www.mus-his.city.osaka.jp/


上野の森美術館では2010年1月11日まで(日本での展示巡回は2010年5月30日まで)

2009年4月11日(土)-6月14日(日)
九州国立博物館 (福岡県太宰府市)
http://megalodon.jp/2009-1220-0750-11/www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s15.html

2009年7月11日(土)-8月23日(日)
北海道立近代美術館 (北海道札幌市)
http://megalodon.jp/2009-1220-0748-30/www.aurora-net.or.jp/art/dokinbi/exhi/special/09/tibet.html

2009年9月19日(土)-2010年1月11日(月)      ←今ココ
上野の森美術館 (東京都台東区)
http://megalodon.jp/2009-1220-0751-04/www.seichi-tibet.jp/outline/index.html

2010年1月23日(土)-3月31日(水)
大阪歴史博物館 (大阪府大阪市)
http://megalodon.jp/2009-1220-0752-33/www.city.osaka.lg.jp/yutoritomidori/page/0000058344.html

2010年4月20日(火)-5月30日(日)
仙台市博物館 (宮城県仙台市)

「チベット人は存在しない」主催者が暴言=東京・上野「聖地チベット」展開幕

2009年09月21日 pjnews
http://www.pjnews.net/news/533/20090919_2

会場前で主催者である大広の担当者に在日チベット人を伴ってインタビューしたところ、担当者は「チベット人というものは存在しない。チベット族がいる」と発言。中国国民としてのチベット「族」以外は存在していないとの認識を示した(抜粋)

2009年9月18日聖地チベット展プレス内覧会「チベット人は存在しない」

http://www.youtube.com/watch?v=bQN1ykiJo4I



ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 「聖地チベット ~ポタラ宮と天空の至宝~」展に関して 日本の皆様へのお願い

+...
ご承知の通り、日本で「聖地チベット ~ポタラ宮と天空の至宝~」と題したチベット展が巡回され、現在、東京・上野で開催中です。チベットに関するいかなる展覧会も歓迎すべきなのですが、残念ながら今回の展覧会は、チベットとその歴史の真の姿を伝えてはいないということをお伝えせねばなりません。

世界中でよく知られているように、1949年に中国共産党軍がチベットに侵攻して以来、平和的で信仰心厚いチベット人たちは、はなはだしい苦しみや虐待にさらされています。その結果、約120万人のチベット人が亡くなり、6千以上の僧院が破壊されました。

この展覧会の展示や文書は、日本国民を欺き、中国政府がチベット文化の善意の保護者であると信じさせるよう、意図的に作られています。実は、真実は逆なのです。チベットでは、今でもチベット人の信教と文化の自由は弾圧され続けています。昨年のチベット動乱がその証拠です。チベットが今日も封鎖されているという事実が、何よりも声高に物語っています。

もし主催者の方々が、この展覧会がチベット人のために行われていると信じるなら、チベットの真の歴史的背景と、ダライ・ラマ法王の亡命の理由、そして世界的問題となっているチベット問題について正しく展示し、呼びかけることで、関心を持つ人々に誤解を与えないようにすべきです。それどころか、中国政府に、チベットの封鎖を解いて本物のチベットを世界に見せるよう促すべきです。

チベットの状況は深刻です。残念なことに、この自由の国で、あるエリートや知識人の方々が、正義のために立ち上がる代わりに、チベットの悲惨な状況に投資を行っているのが見受けられます。

多くの日本のチベット支援グループや個人の方々が、展覧会と主催者に対し様々なデモを行っていることを知りました。皆様の純粋な関心や支援には感謝いたしますが、平和的に活動し、一切の暴力を行わないようお願いいたします。重要なことは、企画者と来場者の方々に、チベットの実情は異なっていることを知っていただき、世界が中国のプロパガンダである展覧会にだまされないようにすべきです。

この自由の国の皆様と報道関係者の皆様には、両者の意見を聞いていただき、真実と正義と人間性を支持していただくよう、お願いいたします。

ありがとうございました。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
代表:ラクパ・ツォコ


「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-」展に抗議する国際連盟


「聖地チベット ~ポタラ宮と天空の至宝~」展は、2004年よりアメリカとヨーロッパを巡り、現在、日本各地を巡回しています。
この展覧会に展示される仏像、書物、経典は、中国政府が不法な侵略で手に入れた中国共産党の戦利品です。展覧会では「チベット文化を総合的に紹介する」と謳いながら、中国がチベットを侵略した歴史や、ポタラ宮の主であったダライ・ラマ14世については全く触れていません。

協賛企業各社宛の公開質問状(7/31)

http://seichi-tibet.com/news/2009/07/corporate_openlette/

チベット展実行委員会(大広)からの返信きたる!
http://seichi-tibet.com/news/2009/08/27/



椎名誠氏、九州会場で中国のチベット侵略の悪行、同化政策批判!



マスコミも中国のプロパガンダに参加

主催



イベントにはNHKも参加

NHK学園 第9回 仏教特別講座『聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-』展
http://www.n-gaku.jp/life/event/2009/08/nhk.htm

一方市民ニュースのPJニュースは展覧会の問題を報道


中国政府の不当な政治的宣伝だ」=「聖地チベット」展にチベット関連団体が抗議書(上)
2009年08月08日06時13分 / 提供:PJニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4289390/

「純粋な美術展」としては好評=「聖地チベット」展にチベット関連団体が抗議書(中)
2009年08月09日06時59分 / 提供:PJニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4290293/

会場で偽グッズを売る中国美術商=「聖地チベット」展にチベット関連団体が抗議書(下)
2009年08月11日09時00分 / 提供:PJニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4292993/






対抗イベント

※今後の最新情報はトップページで確認願います。

世界平和巡礼 in 上野の森(終了)


上野の森は、「私」を捨てて「公」に尽くした西郷南洲公の銅像や、彰義隊の慰霊碑のある日本の聖地とも言うべき場所です。

期間中はチベット至宝の仏像や仏画が、日本の聖地・上野の森に展示されている訳ですから、世界平和を祈念する絶好の機会です。

この機会を逃さず、世界の屋根チベットを通じて世界平和を祈念する平和の使徒たちは、「世界平和巡礼in上野の森」に挙ってご参集下さい。

期日:平成21年9月19日(土)~平成22年1月11日(月・祝)までの毎週土曜日と日曜日
時刻:午後3時~4時
集合場所:上野恩賜公園内、西郷さんの銅像前。
巡礼コース:西郷さんの銅像前 → 彰義隊慰霊碑 → 上野の森美術館(外部から拝礼)→ 清水観音堂 → 上野東照宮 → 寛永寺開山堂

主催:世界平和巡礼 in 上野の森 実行委員会
http://www.supersamgha.jp/2009/09/-in.html



『チベットの真実を訴えるピースウォーク』(終了)

09 9/19上野

展覧会が隠すチベットの歴史の真実を、広く訴えかけるピースウォークが行われました。
主 催
 IAATE(「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝」展に抗議する国際連盟) 日本有志の会
http://seichi-tibet.com/news/2009/09/919_peace_walk/

10 1/23大阪




【ハガキ作戦】抗議文ハガキを、上野の森美術館に郵送しよう! (終了)


+...
1. ここ(http://www.seichi-tibet.com/pdf/hagaki_jp.pdf)からハガキ文(PDF)をダウンロード
2. プリントアウトして署名をする。
3. 50円切手を貼って、ハガキを投函!
宛先:〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
上野の森美術館 館長  水野政一様

【FAX作戦】上野の森美術館に抗議文をファックスしよう!

1. 抗議文(PDF:http://www.seichi-tibet.com/pdf/letter_jp.pdf)をダウンロード
2. プリントアウトして署名をする
3. FAX : 03-3836-0066 上野の森美術館宛に送信する

【電話作戦】上野の森美術館に電話しよう!

TEL 03-3833-4191 に電話して、想いを伝えよう!
~*~*~*~*~*~*~*~


■Students for a Free TIBET Japan でも声明が出ました。
http://www.sftjapan.org/nihongo:uenomuseum

(声明の内容については上記のリンク先をご参照下さい)



■海外からもメッセージが届いています。





■入場者に対して チベットを悟ってもらう運動 (終了)

期間中、上野の森美術館入り口にある 上野・天台宗寛永寺の開祖である天海僧正の毛髪塔前をお借りして、仏像とチベットの精霊にたいして 弔いのチベット経の「般若心経」を供え、「至宝展」入場者・関係者に展示物が抱えている大きなチベットの叫びを伝えたいと思います。
詳細は↓こちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshi2_99/21235186.html



1月11日(月)会場に飛び込んでー「チベット至宝展の仏様を見送る、上野送別式」の開催 (終了)

先日 大広鶴巻委員長とお話をした折、上野の森美術館では 閉幕に関して、閉所式、仏式行事、パーティー、等一切 予定していないとのお話でありました。  

3ケ月の間ここ上野に折られた 仏様、精霊達を 大阪に送るためにも、毎週美術館前で
抗議活動を続けてきた 我々も 実際にお会いして、是非ともお別れの 気持ちを仏様たちにお渡し
したいと思っております。 もちろん入館する事で 「中国の実行支配を肯定する人数にカウントされる」ことは明らかですが、関東在住のチベット支援者としては お別れの挨拶をせずに送るわけに逝かぬ感がいたします。 1月11日夕方より 個人の資格で 入館して それぞれの仏様にお別れを送りましょう。 そして 「チベット人の人権回復 とチベットの開放」をそれぞれの仏様に託して、
次の開催地の 「大阪」にお見送りいたしましょう。
+...
日時:平成22年 1月11日(月)休日
   時間 午後から~ 閉幕時間まで 
   入館は各自において切符を購入し、入館する 

持参するもの: 中国共産党政権に負けない心構えと、チベット人が自国を取り戻すための支援 そして
     ポタラ宮は「ダライ・ラマ法王のお寺」であり、中国人民政府の建物ではないと言える声

着衣、ならびに荷物: チベット国旗を身につけたり、チベットタオルを首に巻いたりすると
           大広が文句を言うそうですが、あくる日は終了するものに何が文句を
           いえるでしょう。もちろん 献花や 数珠や 鐘やらという 仏具で
           仏さまを送る事に誰が文句をいえるでしょう。
           みなさんいろんな事を考えてください。

ある人は 五体投地を 続ける事を考えているようですが、100回もするとつらいですよ!!
とにかく スタートさせましょう。 皆さんに拡散をお願いいたします。

会場に飛び込んでー「チベット至宝展の仏様を見送る、上野送別式」報告


各自の自己判断、自己責任での館内展覧で、
意思表示をし、かつ仏様を見送るという送別式でした。

ダライ・ラマの写真やフリチベタオル・Tシャツ等思い思いのものを
身につけ館内を巡る中、美術館から退館させられたケースもありました。
しかし送別式参加者とは全く無縁の一般客の方達に次々と、
退館処置へ抗議していただき、
図らずも展覧客の中にあった疑問や日本人の良識を示していただける結果となりました。
大手マスコミの報道では抗議情報は今後も扱われる事は期待薄ですが
そうした多くの方達にも出館後にチラシやプラカードを見回っていただけました。

最後は閉館と同時に始まった展示品搬出作業の前でフリーチベットコールで〆
(やはり美術館側では最終日の供養的処置は皆無)

2010年1月11日 聖地チベット展 上野最終日の抗議の様子。美術館内の騒動。


最終日、退館させられたケース概要

+...
2階で上着を脱ぎ、ビニール紐で首にぶら下げたA3のプリンター用紙を表に出す。
(素材は紙とビニールで見るからに危険ではない)
その状態で2階の展示を展覧。
しばらくして気が付いた美術館側から
「外すか出て行って欲しい」と要請される。
「出て行くべき根拠を示して欲しい」旨を問うと引き下がる。

しかし、しばらくして主催、大広の鶴巻氏が現れ
同じような問答の末、
鶴巻氏から「ぶら下げた物を手に持ち安全にしてもらわないと困る」
との要請があり、首にぶら下げた紙に手を添える事で
なぜか安全問題が解決した事となり鶴巻氏も引き下がる。

さらにしばらく展示を見ていると、一般客の方に展示への疑問などを質問していただいたので
展示から離れた邪魔にならない位置で美術館内の常識の範囲での音量で立ち話しする。

話すうちプリンター用紙に添えた手が離れる。

美術館側が即、捕まえにくる。
プリンター用紙を無理やり引っ張り外そうとする。首にひっかかり外れず。

用紙から手を離した事を理由に退館を命令。
人だかりの中、再び問答
警察を呼ばれる。
警察が来るまで展覧を続けようとするが連行されそうになる。館側の複数人に引きずられる。

階段で引きずられ、見るからに危ない状態。
(特に大使館派遣と思われる中国人が強硬に引っ張り、他の日本人館員が制止する場面も)

偶然階段を上がってきた一般客の方が見かねて美術館側の行為を非難、(動画ここらへん)
一連の連行を目撃していた一般客も集まり踊り場で美術館側を非難、

警察来たので、一緒に階段降り一階の控え室的な部屋へ


鶴巻氏、警官との三者で事情徴収されるも
「これ以上、館内にそのままとどまろうとするなら署で話を聞く事になる」
との話と、閉館時間が目前に迫ってきた事とで、出館が現実的と判断。
鶴巻氏は入場料を返そうとするが受け取らず外まで警察に付き添ってもらい出館。
以後、外の抗議隊と合流しビラまきに。

しかし館内では居合わせた一般客の方達がその後も、美術館側へ処置を疑問とし追及し続けていただいたとの事。



上記 実行委員長 鶴巻泰介氏に関して

在日チベット人の方の面前で「チベット人は存在しない。チベット族がいる。」との発言
2009年9月18日聖地チベット展プレス内覧会「チベット人は存在しない」
http://www.youtube.com/watch?v=bQN1ykiJo4I

チベット展実行委員会(大広)からの返信きたる!
http://seichi-tibet.com/news/2009/08/27/

参考 上野展の場合

抗議ツール


館内では

(※大阪・仙台では主催や会場が上野展と異なります)

五体投地等、通常の展覧行為外の行動は当然注意される。
とにかく「他のお客様の迷惑」という口実に触れないように注意。
一定時間、同じ場所にいるだけでも口実にされる。
理不尽な要請には「法的強制力の根拠を示して欲しい」とはっきり問い直すべき。
理不尽な要請に対し録音の用意があると望ましかった。

フリーチベット系の物を身につける場合

  • 基本的に入り口で見つかると入館お断りになる。
  • 上着の下に身につけ館内で表に出した場合は以下
  • アイロンプリント等衣服として成立してれば退館を強制されはしない。「御願い」される可能性はある。
  • 極端なケースとしては紅衛兵の格好で背中に「この美術館は中国大使館に監視されています」という紙を張ったケースも黙認された。
  • 衣服以外のものは「ぶつかり怪我をするおそれがある」との事で手での保持を要請される。
 ※ダライラマの写真、額入り(A4大くらい)の持参もそれで認められた。

思考実験

  • なぜか「FREE TIBET」の「F」など1文字づつが印刷された衣服を着た無関係の個人がたまたま美術館内で邂逅。
  • チベット人、人民解放軍それぞれの衣装をまとった個人がたまたま美術館内で邂逅。許容範囲内の小さな身振りのパントマイムを。
  • 実際に危険そうなへヴィメタ・パンクファッション等と、たまたま同時にフリチベTシャツやプラカード紙持参の普通の格好の人が館内にいたらどっちが危険扱いになるのか。
  • まず何日か展示を褒め称える内容のプラカの持込をする人がいて容認されたとする。後日抗議のプラカを持参する人があらわれたら?あるいは同時なら?

関連リンク


mixi【FREE TIBET】チベットコミュ
「【侵略された】聖地チベット – ポタラ宮と天空の【盗まれた】至宝 – 」展に抗議を!
http://mixi.jp/view_event.pl?id=44591586&comm_id=7228



gnewプラグインエラー「ポタラ宮と天空の至宝」は見つからないか、接続エラーです。

  • 「ポタラ宮と天空の至宝」を含む口コミが見つかりません。
  • 「チベット上野」を含む口コミが見つかりません。



※以下広告



| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー