※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは人物紹介や、昔のエピソードなど。
ただの私怨による晒し、中傷行為があった場合は即消します。
ページの大半を削除するといった事をする場合、きちんと理由を明記してください。


-BRにおける重要人物-
GM_ASA(ASA鯖のGM) [閉鎖]
この世にBRという新しいシステムを作り上げた、いわばBRの創造主。
死んだら1から、装備品にスキルをつけるなど、全く違うROに当時の人(今の古参)が熱中した。


GM_O-nany [閉鎖]
下にある歴史のなかで登場した[O-nanyBR鯖]のGM。
ASA仕様のBRがここしかなかったので、人はあつまったが、GMによる不正な俺TUEEEなどがあり、
たくさんの反感をかった。しかし、ステMAX.120 MAXLv.130の考えは彼によって作られた。
今ではHPが残骸として残るだけで、[神仕様]と呼ばれたASABRのデータは、現在存在不明である。

GM_犬 [閉鎖]
[White Rabbit server]のGM。
通称[白兎仕様]と呼ばれるBRを作った。
しかし、ASA仕様と違い、神器は出ない、ステも99が限界など本鯖に近い感覚があり、人をあまり集めなかった。
1月ごろ、少しの間だけ復帰していて[ランダム職業転職]という面白いシステムを考えるが、
時代の流れの中に消えていった。

GM_CIAO [閉鎖]
現存する唯一のBRを管理して[いただいていた]GM。
ASAとは、細かい内容は異なるがとてもいい仕様である。
鯖が常時開放ではないのが少し残念だが、仕方ない。今後もがんばって言ってほしい限りだったが…

■GM_不明[閉鎖]
[バトロワ鯖]の管理人。独自の仕様を考え出すも、早くも休止になった。

■GM_不明[閉鎖]
[BRserver]の管理人。こちらも独自の仕様だったが、すぐに閉鎖してしまった。

GM_nise [閉鎖]
[Ex-BR]の管理人。以前からBR鯖を計画しており、それを実現した。
Ex-BRの存在がCIAO-BRの終わりとも言えた。
この仕様はASAともCIAOとも違い、後の流星BRに繋がる新仕様だった
当時は仕様に関して賛否両論が絶えなかった


GM_村人 [閉鎖]
[CIAO-BR]を受け継いだ人。CIAO-BRに変なシステムを付けたりして、人を呼ぼうとするが失敗。
その後、流星街BRが開いた事により、結局閉鎖してしまった・・・。
最近、また何かを始めようとしているらしいが、期待値はゼロだろう。

GM_Ymil [2008/9/16][ひっそり活動中]
[Ex-BR]を受け継いだ[流星街BR(バトルラグナロク)]の管理人
長い長い運営を経て、とうとう閉鎖になった。
GMとしての腕は素晴らしく、とても気合の入った運営であった。
だが、意外とめんどくさがりである

GM_ギルガメッシュ [現 在 稼 働 中]
2009年、ついに始まったBRのGM
現存するのはここだけ、これからどうなるか期待である

-BRの歴史-(著:こっそりさん +α)

(2005年の某月)一番初めは、[ASAserver]というPK鯖を管理していた [GM_ASA] によって、
[暇つぶし]として作られたのが歴史の始まり。(このときの仕様は[ASA仕様]と呼ばれる)
そこに、今の[古参]と呼ばれる人たちが集まり、遊んだ。
しかし、時は経てASABRは閉鎖。行き所をなくした人たちは、ほかのPv鯖やPK鯖に散ったが、
BRの面白さを忘れることは無かった。
しばらくして、[ASA仕様]を引き継いだ[O-nany-BR鯖]が現れた。
[GM.O-nany] によって受け継がれた。
ASA仕様のBRと聞きつけ、旧ASA鯖が閉鎖して1~2ヶ月たったにも関わらず、
今の古参、それに新規も引き連れて、賑わいを見せた。
[O-nanyBR鯖]が始まる2週間ほど前に[White Rabbit Server]を管理する [GM_犬] によって、
新しいBRが作られた。
が、本鯖に近い感覚のBRに、人は大して集まらず、人は[O-nany-BR鯖]のほうに集まった。
これで平穏な暮らしが・・・と思われたが、目まぐるしい展開を見せるROエミュ界に平穏という言葉は無い。
[GM_O-nany] による俺TUEEE行為が氾濫し、鯖も不定期・不安定になる。
名前もころころと変わり、最後の最後には放置となり、消えた。
それにより、せめてもの暇つぶしとして[白兎BR]が一時的に盛り上がった。
しかし、最後の綱だった[白兎鯖]は休止。
この時点でBRが全て閉鎖してしまった


もうBRは消えたかと思われたが・・・
ずっと音沙汰が無かった、[O-nanyBR鯖(この時はWEED鯖という名前)]のBBSに書き込みがあった。
それは新しいBR鯖のURLがあった。それが、[CIAO-BRserver]である。
同時期、BRが乱立した。
復帰した[白兎BR]、[バトロワBR]、[BRbr]、[CIAO-BR]・・・。
そのうちの[BRbr]は、盛り上がりを見せるもいきなりの閉鎖。
そのまま相次いで[白兎BR]、[バトロワBR]と閉鎖していった。
そして、唯一、[CIAO-BR鯖]が残った。
しかし、鯖の起動時間が不安定で、ある日繋げなくなった。
「ここも閉鎖・・・か。」住民は思った。そこにはASABR時代からの姿もあった。
「馴れ合い組みが消えなかったからだ」「早めにGMが対処しないからだ」・・後悔だけが残った。
しかし、二週間後に復帰します、というGMからの書き込みがあった。
実際開くかどうかは不安だったが・・・。

2006年2月23日、鯖は開いた。

今まで多くのBRが現れ、消えました。
これからどうなるかは分かりません。
ただ、現存するのがここだけ。これは事実です。
ここが、長く運営できるよう、みなさん、協力して頑張って行きましょう。


3月28日に本家ASA鯖が復活した。
現在BR2となっており、以前のBRとは別なものとなっている。
→5月8日の時点で、HPに繋がらなくなった。


4月になり、GMが多忙となった為、中々BRが開かなくなった。
一部の住人が、BBSで鯖を開けろと文句を言い続けた。
その結果…

『開けろ。開けろ。正直萎えました。』
この言葉を残し、5月4日を最後にCIAO-BRは閉鎖となった。

(そしてBRがなくなる。3ヶ月後・・・)

8月16日、突然的にCIAO-BRは再開を迎えた。
半24時間営業となったが、長期間閉鎖し過ぎたため
人があまり集まらない現状であった。

しかし、そのCIAO-BRもいつの間にか閉鎖と言う形で
終焉 の時を迎えたのであった・・・。

その頃、[Ex-BR]と言う [GM.nise] によって新手のBRができた。
ASA.CIAOとは全くの異なる仕様で、冷めかけていたBR界が息を吹き返したのである。
それが後に受け継がれる[流星街BR]の基盤となるのだった。

そして時代が[Ex-BR]になりかけていた時・・・ [GM.nice] はまさかの閉鎖宣言をした。

それにより急遽OPENした、CIAO-BR
今後もCIAO-BRに期待が寄せられる・・・と思われたが、BR界の熱は冷め切っており、盛り上がらなかった。

もはや過去の名作だったCIAO-BRに、人を集める魅力はなかった


それからしばらくしてのことである。

[流星街BR]という[Ex-BR]を受け継いだ鯖が誕生した。
[GM_Ymil] により2008年8月現在も運営されている。
もはや数多くのBRer達は消え、BR界も寂しくなっている。
このBRこそ、 最後のBR であろう。
今もなお過疎化進んでいるのである・・・。


-2008/09/27(金) 某刻-


そしてそれは突然訪れた


前触れがあったか無かったか・・・予想していたことかしていなかった事か

BR界最後の砦といわれていた[流星街BR]はその長い歴史にとうとう幕を下ろした
それは同時に、 RO-BR鯖というジャンル が幕を下ろしたと同じ事である

衰退していくROエミュ。その時代の流れに、[RO-BR鯖]も過去のことになってしまうのだろうか・・・。

  • そして2009年...

歴史はまた動きだそうとしている。
新しい戦場・・・桜BRの登場である

このBRが果たしてこの後、どのような形になるかは・・・[GM_ギルガメッシュ]次第である




  • これ以降はページが破れていて読めない






■BR-古参リスト-
BRをプレイしてる時間が長くアイテム集めなどの知識が豊富で早く強くなる人物。
各職業の特徴、戦い方、弱点、BRでは有用な装備の組み合わせや、
アイテムに付いているスキル等を熟知しているため装備が整わなくても戦える人物等の紹介。
初心者は彼らに出会ったら注意しなければならない。
またほとんどのプレイヤーが頻繁に名前を変えてプレイしているため注意。

●CIAO-BR以前からの猛者

※要注意
飛鳥[主使用職業:拡張一次]
DJエサ,Angela aki(?)[全職業]
新参,古参[ガンス]
こっそりさん[ALL]

ぴあの[不明]
Exile[sノビ]
~村人A[不明]
みの,mino[ガンス,スナ]
七森[パラ,クリエ,ガンス]
ザリガニ[不明]
最弱[新世界の神]
こう[WS]




●CIAO-BR以降(申告順)

ヒカリ,幻夢[AX]
こぎつね,みるくてぃ、古木の枝[スナ]
kira,綺羅,[プリ] 
地天海邪神魑魅[全職]※GM?
ぬこ[不明]



永遠の古参
エサ

果てしなくどうでもいい話*

その1.
こっそりさんが初めて裏切られたのは モクソン と呼ばれる人物
ASA初期にいた彼だったが、以来彼を見たものはいない。