アルゼ・大花火 まとめサイト Tips


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【Tips】


1. BR確率/各小役確率
  1. 取得乱数の総数(=分母)は32768。
    つまり、設定1なら76個のビジフラグが存在するという事。
  2. 機械割については、「全ての役をこぼさず取得し、かつボーナスを全て成立Pで揃えた」場合の数値。
    大花火のDDTではビジ/レジを成立Pで両方ともカバーする事が不可能なため、
    期待獲得枚数は表の数値-(レジ成立P以降、レジを確認して揃えるまでのP数×3枚)となる。
  3. 小役カウンタが存在しないため、一般的な減算値を利用した設定判別は不可能。
    ただし設定変更時には内部的なリール停止箇所が(1,1,1)=七揃いに戻るため、
    最初のプレイ時にそのズレを修正するための一瞬のリールのブレが発生する。
    これを利用した設定「変更」判別は可能。(但し、当然の事ながら1→1等の打ち直し時も
    同様にリールはブレる)



2. DDT&フラッシュ
  1. チェリーは、中段ビタで押した場合のみ2チェに化ける。(成立後は滑って2チェが出たり、
    2チェをビタで押しても4チェに化けたりと非常に曖昧)
  2. 通常Pの山成立時には必ず予告音が発生するため、DDTの簡略化が可能。
    (つまり通常スタート音のプレイでは、チェリーを引き込める範囲を狙えばOK)
  3. ブヌス成立G否定(1順赤、2順青)、ビジ否定(1順一尺)、ブヌス成立完全否定(予告付きチェリー)は
    最低限覚えておくと楽。
    また山否定(2順赤)、三尺・リプ否定(2順三尺)も覚えると通常Pの幅が広がる。
  4. 期待獲得枚数が最大となるDDT箇所はHANABI枠上(1順一尺時のみHANABIを狙い、それ以外は
    七を狙う)。

各予告時におけるボーナスの期待値は、以下の様に考えればok。

《ex:1順三尺出現時のボーナス期待度》

①各役成立時の、1順三尺の選択率
  • ビジ成立時の1780/32768
  • レジ成立時の1400/32768
  • 山時の1/256
  • 玉時の1680/32768
  • リプ時の1270/32768

②設定1だとして、各役の確率の分子(分母32768)は
リプ ビジ レジ
4490 384 2930 76 50

③これに上記の選択率を掛け、
リプ ビジ レジ
174.02 1.5 150.22 4.13 2.14
(総数332.01)

④総数332.01に対する割合を求める。
リプ ビジ レジ
52.41% 0.45% 45.25% 1.24% 0.64%

《ex2:間延び時のビッグ期待度》

同様に、設定1なら
チェ:42.1%   ビジ:57.9%

  • 各DDT箇所でのtips
    それぞれの特性上、
    • HANABI下段
      • デメリット
        予告音時、中/右リールを押す箇所が山に縛られる為、
        停止形が非常に単調。
        スベリの絡まない、出目のみでのBR判別がやや難しい。
      • メリット
        山と4thの絡みで、唯一4thが生きる箇所。
    • 山七落とし
      • デメリット
        七が枠下に落ちた時点で捨てゲーム。一周押しが不可能。
      • メリット
        右上がり七テンパイ。出目でのBR判別がわりと容易。
    • HANABI枠上・上段
      • デメリット
        山が出現した時点、中段に七がビタ停止の時点で捨てゲーム。
      • メリット
        チャンス目主体のため、第3停止まで期待を持続できる。
    • 長男下段
      • デメリット
        山が出現した時点で捨てゲーム。 リーチ目の分かり易さゆえに4thが死ぬ。
      • メリット
        リーチ目が法則化し易く、変則目が少ない。一周押しが楽。



3. ボーナス成立時・成立後の挙動、リーチ目
  1. 4thとフラッシュの挙動でBRを判別できるのは成立Pのみ(成立後は全てBR共通)。
  2. ブヌス成立P・成立後それぞれにおいて、「全てのリールを止めた後」形成される
    出目は同一だが、「成立P時の左リールのみ」ハズレ時のテーブルを参照する。
    1. 成立Pで見られる出目
      左リール  → ハズレ時と同じスベリ・停止箇所
      中/右リール→ 左リールの停止箇所に応じたブヌス成立中の停止テーブル
    2. 成立後ハズレで見られる出目
      左リール  → ブヌス成立後のスベリ・停止箇所
      中/右リール→ 左リールの停止箇所に応じたブヌス成立中の停止テーブル

つまり、
  • ex1. 左下段HANABI (成立P・成立後ともに停止する)
    → 形成される出目は成立P・成立後とも同一
  • ex2. 左山七 (成立P・成立後ともに停止する)
    → 形成される出目は成立P・成立後とも同一
  • ex3. 左山玉リ (成立後ハズレでは停止しない)
    → 成立後以降はここからのリーチ目は見る事ができない
となり、よってよく見かける「左下HANABI・右枠上七のリーチ目は成立Pのみではないか?」
といった疑問に対する回答も、「左がそこなら、成立Pに出る出目は成立後にも必ず出る」となる。
逆に言えば、成立Pのみ見られるリーチ目 = 左リールが成立後ハズレでは止まらない位置からの
リーチ目 である。


具体的には、ブヌス成立後のハズレ時に
  1. ビジ成立後 → 左・玉リ山~玉山玉
  2. レジ成立後 → 左・山玉リ~玉山玉
は停止せず、また以下の停止位置は
  1. 左中段七  → ビジ成立後チェリーの取りこぼし
  2. 左中段HANABI→ レジ成立後チェリーの取りこぼし
の際のみ停止し、その際(チェリーこぼし時)に停止する出目も成立P時と同一。

さらに、
  1. 左バリ七  → 成立後のみビタで停止(成立後ハズレor成立後リプ)
  2. 左玉リ七  → 成立後のみHANABI下段から4コマ滑って玉が揃う
  3. 左山玉リ  → 成立後のみ玉が揃う
  4. 左玉山玉  → 成立後のみ斜めに玉が揃う
  5. 左リ㌧㌧  → ビタ停止リプで非成立確定、ビタ停止ハズレでビジ成立後確定
  6. 左七玉山  → 玉揃いで非成立確定
なども覚えておくと便利。

  • ビジ成立後のみ、左を リ七チェ~玉リ七 (2コマ) で押すと玉をこぼす(3連が停止)。
    左3連→中下㌧→右中㌧ は、この玉こぼし時のみ見られるビジ確目の代表。



4. ボーナス中
  1. 4th赤 → 15枚・玉  4th青 → JACIN  4thハズレ → チェリー・山
    なお小役ゲーム中に純粋なハズレは存在しない。
  2. ハズシ時、アシストがかかる範囲は㌧玉リ ~ 玉山玉 の12コマ。
    JACIN成立時に左をこの範囲内で押した際、25%でリプが揃い、75%でリプが外れる。
    3連の上のリプを中段にビタ押ししても、75%が選択されていれば滑ってリプが外れる)
    押す位置による選択率の変動は無い。
  3. 小役ゲーム中のチェリー/山は同一フラグ。山を取るには要変則押し。
  4. JACハズレの確率は 18/16384
  5. 純粋0パンの確率はおよそ1/248(リプ以外を引く確率 13634/16384の30乗)。
  6. MAX711枚の確率はおよそ1/78.3
【30回の小役ゲームのうち、15枚×27回とJACIN×3回を引く組合せ】
(3回目のJACINは30G目に引くものとする)
1~27G 15枚 (13608/16384)
28G JACIN ( 2750/16384)
29G JACIN ( 2750/16384)
30G JACIN ( 2750/16384) 選択率 (13608^27)*(2750^3) / 16384^30

1~26G 15枚 (13608/16384)
27G JACIN ( 2750/16384)
28G 15枚 (13608/16384)
29G JACIN ( 2750/16384)
30G JACIN ( 2750/16384) 選択率 同上

1~26G 15枚 (13608/16384)
27G JACIN ( 2750/16384)
28G JACIN ( 2750/16384)
29G 15枚 (13608/16384)
30G JACIN ( 2750/16384) 選択率 同上

‥‥‥‥‥ 以下同様、406通り×選択率 ≒ 1/78.2759