※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M I S S I O N 1 9

SOLDIER OF FORTUNE

「新しい場所」

作戦場所 : WAIAPOLO MTS.

ミッション開始前

ムービー

  我がゼネラルグループへの入社を心から歓迎する。
  これからの君には、この地球で最も巨大な
  多国籍複合企業体ゼネラルグループの一員としての
  誇りを胸に刻み、これまで以上の活躍をしてほしい。
  我々のグループは……。


GBS [UPEO隊員移籍]

  キャスター  こんばんは。
 ゼネラルニュース・トゥデイの時間
 ──カール・ラーソンです。
  キャスター  こんばんは。
 セリース・クリスティです。
  キャスター  まず最初は、
 フォート・グレイス空港に緊急着陸した
 戦闘機についての話題から……。
  キャスター  はい、お伝えします。
 昨日未明、ゼネラルリソースの
 フォート・グレイス空港上空に
 一機の戦闘機が突然あらわれ、
 数分後、第三滑走路に緊急着陸しました。
 当初は所属不明とも伝えられていた同機は、
 ゼネラルリソース航空警備保障による
 取り調べの結果、
 UPEO治安維持部隊所属の戦闘機と判明。
 この着陸の目的は、
 同機搭乗員のゼネラルリソースへの
 移籍と見られており、
 ゼネラルリソース航空警備保障では
 現在も搭乗員から
 詳しい事情を聞いています。
  キャスター  さて、皆さんの中にはこのニュースを聞き、
 何故この戦闘機は
 フォート・グレイス空港上空に現れるまで、
 一度もゼネラルリソース側の
 警戒システムに発見されずに
 飛行出来たのか……と、疑問に思う方も
 おられるのではないでしょうか。
  キャスター  もしも、このようにして
 戦闘機が簡単に警戒システムを潜り抜け、
 ゼネラルリソース側の空港に
 着陸する事が出来るならば、
 我々は知らず知らずのうちに
 大変な危険と隣り合わせで暮らしている、
 とも考えられますよね?
  キャスター  はい。まさに、その通りですね。
 そこで我々としては、
 ゼネラルリソース本社に
 特別な取材許可を申請しました。
 その結果、今回は、
 なんとゼネラルリソース防衛部隊隊長
 アビサル・ディジョン氏が、
 先程、ビデオフォンを通じて
 我々の疑問に直接答えてくれました。
  キャスター  それでは早速、
 その模様をVTRでご覧ください。
  ディジョン  今回、我々の警戒システムが
 作動しなかったのは、
 我々と着陸した戦闘機の
 パイロットとの間で、
 事前に連絡を取った上での、
 あくまで計画的な着陸だったからであり、
 ゼネラルの防空には
 報道されているような問題は
 何も生じていませんので
 安心して下さい。
 今回のゴタゴタは、
 空港に設置されたカメラの捉えた映像が
 一部の報道機関に流出してしまったのが
 発端と言えるでしょう。
 我々としては、
 このような映像が流出していた事こそ
 大きな問題であると考えており、
 現在この原因を調査しています。
  キャスター  ──という事は、この移籍劇は
 最初から計画的なものだったんですか?
  キャスター  ゼネラルリソースとしては、
 UPEOとの協力関係もあるワケですから、
 この移籍劇は極秘のうちに
 終わらせたかったのでしょう。
  キャスター  関係者からの話によると、
 着陸した戦闘機の搭乗員は
 とても優秀な人材のようですね?
  キャスター  しかし、同じゼネラルリソースの
 エース・パイロットであり、
 ディジョン氏とは長年チームを組んでいる
 キース・ブライアン氏の意見を聞くと、
 どうやら微妙なズレがあるようです。
  キース  あ? 例の戦闘機──?
 いいか、大体がな……
 UPEOの腰抜けん中で
 出来るってだけのヤツが、
 我らがゼネラルのメンバーとして
 通用するか!
 ま、とりあえず……
 お手なみ拝見ってトコだな。
 ──で、
 お前らちゃんと取材許可とってんのか?

DISION[今後の君の処遇について]メ

  ディジョン  まず、私の言葉を信じ、
 強引な誘いに応じてくれた事を
 心から感謝している。
 キミが見せたこれまでの活躍は、
 堕落したUPEOの駒にしておくには、
 あまりに惜しい腕だ。
 我々は、今こそ変革の時を
 迎えようとしている。
 胸に大いなる理想を秘めて
 戦うべき時である。
 世界は、時に血を持って
 変えなくては動かないものだ。
 ──私を信じてほしい。
 さて、今後、君は
 私の直属部隊に配属される。
 キミには『イーグルプラス』と
 『セイカーファルコン』を用意してある。
 その腕を存分に生かしてもらおう。
 期待している。


ブリーフィング

  戦況が我々ゼネラルリソース優位に
  傾いているこの機に乗じ、
  ニューコムの航空基地を強襲する。
  停戦下での作戦行動となるため、
  攻撃開始後は、ニューコムはもとより
  UPEOとも交戦状態に入る事は
  まぬがれ得ない。
  各員そのつもりで作戦に臨んでもらいたい。


ミッション開始

  DISION  さぁ、ニューコムの力とやらを
 見に行こうか!
     ENGAGE

敵機と接近

  DISION  UPEOの雑魚など気にするな。
 ……もう、キミはゼネラルだろう!

地形に機体が接触

  KEITH  ったく、パイロットなんかやめちまえ!


2分59秒以内に一次ターゲットを全滅

     MISSION ACCOMPLISHED


2分59秒以内に一次ターゲットを全滅できない

  COMMANDER  ニューコム戦闘部隊の離陸を確認!
 施設を含め、これら全てを破壊せよ。
     UPDATE TARGET
 ※二次ターゲット出現


二次ターゲット全滅

     MISSION OVER


デブリーフィング

  ニューコム航空基地を強襲する事に成功した。


ミッション終了後

MISSION ACCOMPLISHEDの時

DISION [初陣、見事だった]メ

  ディジョン  また見せてくれたな。
 強引に上を説得し、
 キミを配属した私も嬉しい。
 しかし、まだゼネラルの中には、
 UPEOから来たキミを
 心良く思っていない輩もいる事は確かだ。
 ただ、この調子であれば、
 やがて誰もがキミを認めざるを得ない時が
 来るだろう。
 この紛争はますます激化する。
 我々の出番は、またすぐやってくる。
 それまでは翼を休めておいてくれ。
 ……では。


MISSION OVERの時

DISION [今後に期待している]メ

  ディジョン  ご苦労だった。
 まだ不慣れな環境の中で、
 あそこまでやってくれた事を
 私は認めている。
 しかし、内部にはキミと、
 キミを強引に誘った私を批判する声が
 くすぶっている。
 この状態は、
 キミや私にとってベストな環境とは
 言えないだろう。
 この声を静めるには、
 キミが自らの力で認めさせるしかない。
 紛争はますます激化する。
 チャンスはある。
 今後の活躍に期待している。


  MEGAFLOATへ