※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M I S S I O N 3 0

HEART OF THE SERPENT

「ウロボロスの脅威」

作戦場所 : EUSIAN OCEAN

ミッション開始前

NVS [速報 クーデター勃発!]

  レポーター  え、何、もう映ってんの!?
 あ……マイク、マイク!
 はい、みなさん、
 今、私はメガフロートの上から
 中継をお送りしています。
 ウロボロスを名乗る
 クーデター一派の参加によって
 ゼネラルリソース、ニューコム、UPEOの
 四つ巴状態となったこの紛争は
 じわじわとその戦闘範囲を広げ、
 いよいよこのメガフロートや
 ジオフロント周辺の上空でも、
 激しい争いが始まっています。
 実は先程もニューコムのものらしき戦闘機が
 メガフロートの上に墜落したようで……
 ここからは見る事は出来なかったのですが、
 ドーンという大きな音だけは
 聞こえてきました。
 さて、われ……。

KEITH [ディジョンの動きを掴んだ]メ

  キース  どうやら奴の空母は、
 メガフロートに向かっているらしい。
 ただ、今やうちの会社も
 指揮系統はまったく機能していない。
 これからは俺の独断で
 奴らの空母に向かうつもりでいる。
 この目でしっかり、
 奴らがこれから何をする気なのか……
 そして、ケリをつける為に。
 オマエに無理に来いとは言わない。
 だが、いつの間にか
 こんなものに巻き込まれた俺たちにとっての
 ケジメだけは、しっかりつけにいこう。
 これが最後のメールになるかもしれない。
 ──だから、相棒。
 俺はあっちで待ってるからな!


ムービー

  (スフィルナから出撃したナイトレーベンがメガフロートを破壊)


ブリーフィング

  緊急事態だ!!
  ウロボロスの攻撃によってメガフロートが壊滅した。
  それも……たった一機の戦闘機によってだ。
  問題の機体ナイトレーベンは、メガフロート攻撃後、
  ウロボロスの実質的中枢である空中空母(スフィルナ)に帰還。
  おそらくは第二次攻撃に備え、
  装備を整えているものと思われる。
  もはや一刻の猶予も許されない。
  ただちに出撃し、この空中空母(スフィルナ)を撃墜せよ!


ミッション開始

離陸

  KEITH  相棒! やっぱり現れたな。
 さぁ、あのバカでかいフロートを
 一撃で沈めた化け物でも
 見物に行こうぜ。
     SCRAMBLE

  KEITH  くそっ、まず空母から沈める!
 ディジョン!
 さぁ……そこから出てこいや!
     ENGAGE

後ろにつかれる

  KEITH  後ろ!気をつけろ!


スフィルナ破壊

デモムービー

  COMMANDER  スフィルナからナイトレーベンと
 戦闘機が脱出したのを確認した。
 ただちにこれを捕捉し、追撃せよ。

  KEITH  くそっ、これがディジョンか?
 考えてるヒマねえや。
 あの黒いデカブツから墜ちやがれや!
     UPDATE TARGET
 ※二次ターゲット(ナイトレーベン)出現


ナイトレーベンの後ろにつく(注:文字表示無し、聞き取り)

  RENA  来ないで!


ナイトレーベンに一定のダメージor一定ダメージを与えられずに3分間経過

     TO BE CONTINUED


デモムービー

ナイトレーベンに一定ダメージを与えた時

  KEITH  逃げやがった! 奴はボロボロだ。
 このまま一気に追うぞ!

ナイトレーベンに一定ダメージを与えられなかった時

  KEITH  くそっ、逃げ足だけは速い。
 いいか、奴を追うからな!


デブリーフィング

  (なし)


ミッション終了後

  (なし)


ナイトレーベンに一定ダメージを与えた時

  GEOFRONT ATTACKへ

ナイトレーベンに一定ダメージを与えられなかった時

  CASUALTIES OF WARへ