※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本地震学会2007年秋季大会


日程:2007年10月24日(水)~26日(金)
場所:仙台国際センター(仙台市)
大会ウェブサイト

  • 静大アクティブメソッドメンバーの発表一覧
10/24水 9:30-12:35 B会場 沈み込み帯のダイナミクスと地震・火山活動モデルの高度化
B11-01 固着域周辺の応力蓄積をアクロスでどう検知するか? o藤井直之(静大理), 國友孝洋, 熊澤峰夫, 中島崇裕(静大理, 東濃地震科研/日本原子力機構), 里村幹夫, 増田俊明(静大理)
B11-02 弾性波アクロスによる東海地域の地殻深部常時監視の試み o國友孝洋(静大理)
B11-03 伊豆半島におけるアクロス信号送信: 観測的構造地質学+アルファ o増田俊明, 新妻信明, 里村幹夫, 海野進(静理), 小山真人(静大教育), 藤井直之, 熊澤峰夫, 國友孝洋, 中島崇裕(静大理客員)
B11-04 アレイから分かるアクロス伝達関数の周波数依存性の空間変動 o伊藤広和(静大院理), 藤井直之(静大理), 羽佐田葉子, 渡辺俊樹(名大環境), 熊澤峰夫, 國友孝洋(静大理)
10/25木 ポスター
P2-084 電磁波アクロスによる地殻深部のH2Oの状態(比抵抗)変動検出 o中島崇裕(静大理), 佐柳敬造(東海大海洋研), 藤井直之(静大理), 長尾年恭(東海大予知研), 國友孝洋, 熊澤峰夫, 里村幹夫, 増田俊明(静大理)
P2-085 海域監視アクロス計画海上曳航型弾性波アクロス送信機の開発に向けて 笠原順三(静大理, 大陸棚調査), o藤井直之(静大理), 渡辺俊樹(名大院地震火山セ), 熊澤峰夫, 國友孝洋, 中島崇裕(静大理)