adho @ ウィキ

メニュー




罰則公示集

裁定作業マニュアル集
裁定準備マニュアル集
その他
臨時裁定関係


臨時裁定 > T13裁定スケジュール

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○全体の予定
10日 裁定基準案検討(~11日)
12日 公休日
13日 裁定基準への当てはめ作業開始(~14日一杯)
14・15の夜に例外事項の検討会議予定
15日 T13裁定確定・検討会議対象外の国については裁定額をまとめる
16日 罰則額の集計等
17日 予備日


○一般向け作業
11日 分類作業残り、雑務1※
13日・14日 分類に従った裁定基準への当てはめ作業
15日・16日 確定した国から順に裁定額を集計する/裁定漏れがないかチェック結果と照らし合わせる
17日 予備日


雑務1:
  • 各国別の裁定まとめをピックアップして一つのテキストにまとめる
  • (上記作業後、国別にソートした)裁定まとめをざっと見て、同じミスを2つ以上の項目に分類してそうなものがあればピックアップする
  • (上記作業後、裁定分類ごとにソートした)裁定まとめを元に、次の作業に向けた枝切りをする

○経験者向け作業
11日 裁定基準案件等
14・15日 例外事項の罰則額の検討会議(21時~予定


 /*/

現在はミス項目について分類が終わった状態です。
この後、各分類についてどの程度の罰則額が妥当かの検討を行います。これは法官の基準や既存の裁定を基本的に流用しますが、改変が必要そうな場所やそもそも過去の事例がない部分については独自で案を作成した上で芝村さんの判断を仰ぎます。
これを11日一杯を目処に行います。
この基準案の作成は経験者向けの作業となりますので、この間手の空いている方には、裁定まとめの整理や多重裁定防止の作業をお願いします(雑務1)

13日・14日は、分類を元に各項目に罰則基準を当てはめていく作業を行います。
基本的にはテンプレどおりの処理となりますが、特殊な事情があり罰則に配慮が必要といったものがあればそれらをピックアップしていきます
(あくまで編成チェック時点で分かっている事情に対する検討です。追調査等を必要とするレベルでの救済は護民官に任せるものとします)

テンプレあてはめではなく個別での検討が必要と判断された事例に関しては、14日・15日に経験者等で検討会議を行い案を出し、最終的に芝村さんの裁可を仰ぐことになります。

その後、確定した罰則を各国ごとに集計し、公示文章を作成する作業が15~16日にかけて行われます。

更新履歴

取得中です。