女王様と空気男と忠犬と 編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

51 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:01:25.20 ID:FzF89II0
  まず、朝11:00の話から始まる。
  まだ寝てる私の耳に飛び込んでくる「さくらんぼキッス(先輩指定着信音)」
  俺はそれをアラームにもしているから、アラームだと思って切ったんですよ。
  絶対連絡来ないと思ってた訳だから。
  そしたら二回目鳴り出すのね。あぁ、もううるさいと思って携帯の電源を落とそうとした。
  よく見たら着信とメール受信してるんじゃない?
  
  不在着信 女王様ww
  
  メール 女王様ww
  「寝てんの?放置してんの?」
  
  寝てましたけど・・・?
  あわてて電話をかけてみる。なかなか出ない。何コールか目でやっと出てくれる。
  「ちょっとまて。」
  「はい」
  ブチッ
  
  
  ………( ゚д゚)ポカーン
  
  
  な訳な。

54 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:05:17.36 ID:FzF89II0
  しばらくして着信があって、
  
  「どんな状況でも私に会いたいか?」
  
  そんな怖い質問しないでくれよ、女王様…。
  「とりあえず、話を聞こう…gkbr」
  「だから、会いたいかときいている…。」
  「wwwwwwwwwwwwあいたいですwwwwwwwwwwwwww」
  
  それ以外に何を言えと言うんだろう。このビッチに。

60 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:09:35.56 ID:FzF89II0
  「彼氏が一緒でもか…?」
  
  ( ゚Д゚)
  お前、それ俺にwwwwww言いますかwwww自重するだろ…常識的に考えて…。
  言え、自分、はっきりと言え、嫌だ!お前自重しろって叫ぶんだ、ビッチ!
  
  「…行きます」
  
  心のVIPPERが叫んだんだ…。凸しろと。

66 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:16:07.70 ID:FzF89II0
  >>50
  似顔絵…。俺の絵は多分腐ってるぞ?
  
  続き
  
  女王様「ちょww来るのかよww」
  なんか笑われる。え?何?これなんて安価?これは安価だと思いますか?>>70
  雌犬「何?行っちゃ、ダメですか?」
  女王様「いやwwどっちでもいい」
  言っておく、告白してるんだよ?俺、告白してるんだよ?
  雌犬「どっちでもいいのか・・・(´・ω・`)ショボーン」
  女王様「なんだ、会いたいとでも言って欲しかったか?」
  貴様!どうしてわかった!!wwwwていうか、この会話彼氏聞いてたんじゃね?と今更思うんだ。
  
  ビッチ「うん」(即答)
  
  たぶん意外だったんじゃないかな。ちょっと沈黙された。
  これだからたまらねぇwwwwwwww
  女王様「・・・はいはい、会いたい会いたい、ワロスワロス」
  

71 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:21:32.50 ID:FzF89II0
  雌犬「うはwwwwwwムカツクwwwwww」
  女王様「は?ムカツク?お前、誰に向かって言ってんの?」
  
  ちょっと悩んだ。でも俺はちょっと困らせてやろうって思ったんだ。
  雌犬「愛しい愛しいご主人様にですけど、何か?」
  
  勝ったと思ったね。絶対頬染めてるって!wwwwwwwwww
  でも実際は違ったんだ。
  
  女王様「・・・・・・その、ご主人様に・・・ムカツク?」
  雌犬「ごめんなさい」
  
  
  負けた。
  

77 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:28:28.53 ID:FzF89II0
  おまいらぁ、よく聞け!
  俺は弱くなどない!逆に考えるんだ、向こうが強いのだと・・・!
  
  
  
  雌犬「わかった。行くよ。(本音:邪魔してあげるよ。)」
  女王様「三分で着くから。」
  
  ち ょ っ と 待 て 。
  
  鬼畜すぎた。俺はもちろん三分で支度した。
  化粧?そんな暇がある訳がない。ちょっと余裕があったから少しはしたが・・・。
  鬼畜過ぎるよ・・・、でも愛してるwwwwwwwwwwww
  
87 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:37:08.93 ID:FzF89II0
  そしていつもの通り、家の側まで来たよとメールが届く。
  
  「ついた」
  
  せめてもう少し可愛いメールをだな・・・。いや、多くは望まない。
  
  出て行く直前、母親に引き止められる。
  母「何?どうしたの?その顔。」
  雌犬「そうだね、俺、戦争に行くんだよ。」
  母「(°Д°)ハァ?」
  
  …母には言えない、こんな雌犬だなんて。
  女王様に素敵なプレイされに行くのwwなんて言える訳がない。

97 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:44:40.71 ID:FzF89II0
  外は雨。いつも待ってくれてる場所に車があった。助手席に彼氏。シネ(・∀・)
  あまりのプレイに俺テンション上がるwwww後部座席に乗り込む俺。
  女王様、いつもとは違う声色で
  女王様「それ踏んだらダメ」
  誰だお前。それはそれで可愛いが。
  下に落ちてたケース(俺の献上品wwwwwwww)の事のようだ。
  「全くもう」と言いながら後部座席に山積みのうさぎのぬいぐるみの上に投げる。
  ちなみにこれも俺の献上品。
  俺、彼女のお陰でUFOキャッチャーがうまくなりました(20歳:ニート)
  
  女王様「今からさ、公園行こうと思うんだけど」
  
  これ、なんてプレイなんだっけ?水攻め?

105 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 19:50:10.34 ID:FzF89II0
  雌犬「・・・いいんじゃね?」
  女王様「○○公園と××公園どっちがいい?」
  雌犬「好きな方選びなよww」(本音:主導権はあなただろうww)
  女王様「じゃあ○○公園」
  
  この会話の間、彼氏一切喋らない。あえて俺も空気扱い。
  悪いな、女王様以外にはSで通ってるんだぜ!wwww

147 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 20:35:12.95 ID:FzF89II0
続きな。

公園に到着。
俺も相手も女王様も車から降りる。目は決して合わさない。
背中しか見てねぇwwwwお前は俺の親父かと。

降りた後、俺は犬ポジション、女王様よりやや後ろをついていく。
多分、沈黙が厳しかったんだと思う。女王様が紹介を始めた。
女王様「とりあえず、こちら△△(彼氏の名前)。」(後姿を指され。)
雌犬(そうですねー。)
女王様「で、こちら雌犬。」
俺を指すも彼氏さん振り返らない・・・。てめぇ、俺をなんだと思っている!

でも交友的だった方が、嫌だ。

不幸中の幸いです。

154 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 20:42:55.92 ID:FzF89II0
…皆が嬲ってくれるよ……喜んで良いのか悪いのか

雨が一段と酷くなってきたもんだから車に帰ろうという話になった。
そりゃあそうだよ、人っ子一人いないよ、この公園。
俺もこれ以上水攻めされても何も感じないなと思いながらきた道を帰ってた訳だ。
やっぱりポジションは女王様のやや後ろ。彼氏が女王様より結構前歩いてた。
ふと女王様振りかえる。
女王様「ねぇ、雌犬・・・」
ちょっと真面目そうな顔で女王様が言う。
雌犬「なぁに、女王様ww」
振りかえってくれた事自体嬉しくて、にこやかに首を傾げてみる。

      • 文章で書くとなんか卑猥だな、この会話。


156 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 20:49:03.86 ID:FzF89II0
愛しい彼女は言ったんだ。この犬に言ってのけたんだ!


女王様(悪)「今日一日大人しくしてたら、ご褒美あげる。」





雌犬(覚醒)「・・・把握した。」



俺はその時決めた。
ご褒美のためだけに今日一日を乗り切るのだと…。

161 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 20:55:19.53 ID:FzF89II0

ご褒美だけ頭にいれて車に帰ってく俺。

ごごごご褒美っていうとaあれか、いっぱい撫でてくれるだとか、褒めてくれるだとか、踏んでくれるとか・・・?
色んな妄想が頭の中でよぎっていた訳だ。あぁ、これだからこの人の犬はやめられねぇ!!!!

きっとニヤニヤしてたよ。俺、もう雌犬覚醒しすぎてたね。

168 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 21:08:12.51 ID:FzF89II0
こんなドMだけどさ、全然すごくないんだぜ?世の中のドMと比べてみろよ。まだまだだろww

車の中にて、やっぱり彼氏は喋らないから俺と女王様の会話。
今からどこにいこうかだとか話していたんだが、ふと・・・

女王様「ねぇ、今日L観に行くけど一緒に行く?」

俺( ゚Д゚)ポカーン(ちなみに俺二回観て来てるwwww)
彼氏顔は見えないし、声も出さなかったが思ってたと思う。
「お前、空気嫁?」
もちろん俺は思ったさ。彼氏の気持ちくらいよくわかってる。彼女との映画に通称、犬ww
ここはさ、一応恋人のお前に譲ってやるよ・・・。ご褒美の為にな・・・。
雌犬「いやぁ、でも金ないしさー」
こう言えば、いや、実際金もなかった訳だが、そう苦笑したら許してくれると思ったんだ。
なんて空気嫁る俺!
女王様「三度目まで金出せとは言わないよww」


雌犬「え、マジ?wwじゃあ行きたいです。」


あれ、どうした俺。空気・・・空気は?嫁どこにいった?

176 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 21:16:52.78 ID:FzF89II0
172
L change the World なww

173
それはないな。Mの俺から見て確実にMじゃないwwww



3回マジで観るつもりかと罵られながら俺はついて行く事に決めた。
そりゃあそうだよ、良い子に映画観たら問題ない。

も ち ろ ん 俺 が 真 ん 中 だ よ な ?

なんて考えながら映画館のあるショッピングセンターまで来たんだ。
でも来たらさ、なんか切なくなってきたわけな。なんか、無性に虚しくなってきたっていうかさ。
実際自分がそういう状況になっても嫌だよな。どうせこの男は本命じゃない訳で。
そこまで傷つきたいか、ドMと思ったんだよね。
というかそこまで傷つけたいか女王様でもありだよな。
だから俺、ショッピングセンターでトイレに行った女王様を追って話をした。

181 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 21:24:14.16 ID:FzF89II0
178
サーセンwwwwww


雌犬「やっぱ、やめとくよ。L」
女王様「はぁ?なんで?」
なんでってお前wwwwwwwwwwwwwwww
雌犬「だって正直空気嫁じゃないですか。」
どう考えたってそうでしょ?
普通彼氏と彼女、二人で映画観たいものじゃない。認めたくないけど。
つーか、間にいるのが辛いんだよ、と。

女王様「ただ、映画観るだけだよ?」

不思議そうな顔をして、そう言いやがった・・・。
だから俺もなんか、すげぇ素直に「ですね」とか言っちゃった訳だ。

でもさ、

世の中ではそのあなたの「ただ」の部分が重要だったりすると思うんだよねwwwwwwww俺wwwwww
彼氏涙目だろwwwwwwww

186 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 21:31:34.29 ID:FzF89II0
180
喜んでいるように見えて実はズタボロだったりするんだwwwwww

183
あぁ、泣きたかったがご褒美のためだろ・・・?wwww

185
彼氏といる隣も辛いんだぜwwなら何故ついてきたかとと言われそうだが、ドMだからさ。


時間までまだあるからとゲーセンで暇つぶし。
その間も彼氏単独行動、俺が先輩独占してみた。

音ゲーやってる女王様カッコよすぎて死んだ。
雌犬「女王様カコイイww」
女王様「うるさいっ、黙れっ」

照れwwwwwwとるwwwwwwwwww(゚∀゚)

190 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 21:39:34.70 ID:FzF89II0
女王様、一通り遊んで満足したのかベンチに座りだす。
お隣は恐れ多くてベンチの脇に体操座りのケツ浮かした感じ(?)で座ってみる。
彼氏の行方なんて俺は知ったこっちゃない。ただ女王様彼氏の上着持ってたけどな。
ただそれだけの事で切なくなった。
普段は俺持たされる身だからさ、こう、いつもと違う姿見ちゃったっていうか。
なんだろうな、うまく言えねぇや。とにかく辛かったんだ。

だけど俺はめげたりしない。すっげぇ寂しくなったから不意に

雌犬「女王様大好きー。」

言ってみた。何度目の告白だよと思うけどな。

195 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 21:47:41.72 ID:FzF89II0
193
おまwwwwそこは騙されとけよwwwwww

女王様「あぁ、そう。」
素っ気無いけど変事を返してくれただけで雌犬としては快挙な訳だ。
雌犬「女王様しかいらないー。」
と足に軽く抱きついてみる。
人に触られるの嫌いな人だから、これは大ダメージ与えたと思うよww
女王様「(°Д°)ハァ?つうかその手退けろっ!うざいっ!」
足をバタバタさせて応戦してくる女王様萌え・・・ww
つか、それで放すほどやわなドMじゃねーよ。こっちはとんだプレイさせられてんだからご褒美だぜ!

雌犬「やだ。これはたまのご褒美。」

それを言ったのがまずかった。彼女の足がぴたりとやんだんだ。


女王様「じゃあご褒美いらないんだな?」


墓 穴 掘 っ た 。

198 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 21:52:42.87 ID:FzF89II0
雌犬「いえ、あの、その、それはちょっと。」
その場に思わず正座した自分が切なかったぞ。傍からみたらもろに主従関係だ。
女王様「自分で勝手に奪っていったんだろ」
雌犬「ちょww」

奪 う な ら も っ と 別 の も の を 奪 い た い ん だ が 。

さすがに言わなかったけどね。でも良い子にしてるじゃないかww

でもこれ書いてる今もご褒美はもらえてないんだ。
ご褒美もらう為に誰か上手い言い方考えてくれ。安価出すか?

206 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:01:31.25 ID:FzF89II0
205
スマンな、もう終わると思うwwガンガレwwww


言い訳をgdgd言ってたら女王様職場から電話がかかってきた。
なんでも明日の出勤時間を1時から9時にしてほしいと言われたらしい。可哀想に。
だから「早く帰りたいな・・・」と呟いたのを犬は聞いた。
そっからは空気彼氏を探し。

見つかる。

女王様彼氏と離れたところでなんか相談。俺ポツン。そしてイラッ

相談が終わって女王様に「ポチっ!おいで!」みたいな感じで呼ばれて、駆けていく。
これでいいのだろうかと思ったのはもう、昔の話だ。

210 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:06:30.54 ID:FzF89II0
ニコニコしながら駆け寄る。
女王様「雌犬、あそこの・・・黄色い椅子で、『待て』してて。」
雌犬「はい」

雌犬は待った。ご要望通り、黄色い椅子で。
そんな間に彼女は彼氏と撮りたくもないプリクラを撮ったらしい。乱入したかったよ。

戻ってきたらそそくさとショッピングセンターを後にしてどっか行ってるんだ。
向かった先はどうやら駅で。頭の中でドナドナが流れてきた。

俺 、 売 ら れ て い く ・・・ ?



213 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:10:07.40 ID:FzF89II0
と思ったら売られていくのは彼氏だったらしい。
俺は心の中でファンファーレが聴こえるのを聞いていた。
ここの所詳しく書きたいんだが、俺もさっぱりなんだよな。とりあえず敵は去った。

で、彼氏祟り編は終わり。

あとはネカフェに行って押し倒した話だね。もうすぐ終わるぞ!ガンガレよwwwwww

219 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:15:41.88 ID:FzF89II0
215
ハレンチで何が悪い!ww

216
うあぁぁ、スマン…乙 ノシ


早く帰りたいとか言ってたくせに「仕方がないから構ってやる」と仰った彼女と共にネカフェへ。
DVD観たりだとか、パソコン適当にいじってた訳な。
何故だかCD焼いてくれたりして俺としてはすごく嬉しかった。

もうそろそろで退室時間だなぁって頃に俺は切り出してみた。
雌犬「ねぇ、ご褒美何くれんの?」

女王様、ニヤリ。嫌な予感がたっぷりな訳よ・・・これは。

223 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:18:45.49 ID:FzF89II0
女王様「ソレwwだろ?ww」

すごく楽しそうな顔だよ、これ、可愛いけど、可愛いんだけどさぁ・・・。
嫌だなぁと思いながら指を指された先を追う。
おやおや、コレはさっきの焼いてくれた・・・C・・・D・・・・・?


ま さ か ・・・ 。

227 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:23:48.81 ID:FzF89II0
今日一日、十分すぎるほどに大人しくしてた。
正直・・・胃が痛かったんだ。こんな状況、確かにおいしいよ?ネタとしてはね。
でもさ、これ、実際起きてみ?
雌犬「はは・・・は・・・それ、本気?これ一枚?」

女王様「うんww」

その微笑みが、ドMにも軽くイラッときたwwwwwwww
俺の中で何かが変わった気がした。

241 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:31:08.32 ID:FzF89II0
雌犬「コレ割に合わないんじゃないの?」
犬だってたまには反抗するんだよ・・・。あの時そんな事考えてた。
じりじりと距離を詰めてみる。
女王様「何?・・・つーか、近い。」
バシッ片手を俺の顔にはっつけて押し戻そうと頑張る女王様。

いつもの俺なら引き下がったさ・・・。いつもの俺ならな。

雌犬「ご褒美。くれ。・・・ぎゅってさせろ。」
女王様「氏ねww」
頭と片手の攻防戦。きっと笑えただろうな・・・。本人達以外は。

247 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:37:19.19 ID:FzF89II0
もちろんそのまま押し倒せる力はあったんだ。
これでも元運動部だからなww文化部に負ける気はしない。

手が顔になんて滅多にない事だから楽しんでた節がある。俺きめぇww
でも眼球押されて痛くてさ、ちょっと楽しんだ後に腕掴んでひっぺがしてみた。
腕細い・・・ww
雌犬(S版)「女王様さ、わかってるでしょ?」
女王様すごく不愉快そうにもう片方の手で応戦してくるけど、今日は攻撃に当たってあげない。
逆に掴んだ俺、頭の中で悪魔が言ったよ・・・

押 し 倒 せ ww

251 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:44:10.57 ID:FzF89II0
雌犬(S版)「ねぇ、いいじゃん。」
女王様無言の応戦。思ってみたけどそのまま引き寄せたら抱けたよね?
可愛いなぁ、コイツと思いながらちょっとずつ力入れてったのさ。
雌犬(S版)「力で敵わない事くらいわかってるでしょ?」(ニッコリ)

押し倒されときなさいwwと力入れようとした瞬間ですよ・・・



女王様「いい加減にしないと明後日遊んでやらんぞ・・・」
雌犬(S→M)「?!」

明 後 日 !!!

思わず手を放して、Sモード終了。
罵れよ!俺をヘタレだと!軽くイラッとしたって言えばいいだろぉぉ!!wwww

259 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:52:10.42 ID:FzF89II0
雌犬「あの・・・」
女王様「あ?」
雌犬「ごめ・・・・なさい・・・・。」
女王様「・・・。」
雌犬「明後日・・・。」
女王様「良い子にしてなかったよね・・・?」
雌犬「良い子だったじゃないっすか・・・」
女王様「今良い子じゃなかった。」
雌犬「明後日・・・。」(俺涙目)

267 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 22:58:23.08 ID:FzF89II0
期待するな、正直俺は絵が下手だ…。


今までのドSモードは消去されたようです。
女王様、手首痛かったのかさすってた。
頭持っていったら殴られるかな、それで許してくれるかなと思ったんだ。

恐る恐る頭を近づけてみた。殴って許してくれるなら本望じゃないか・・・。
女王様「何・・・?」
雌犬「ごめんなさい。」
ちょっとした沈黙が流れる。頭は女王様の太ももらへんな。フヒヒwwwwww

271 名前:雌犬 ◆D542bzGj1g[] 投稿日:2008/02/29(金) 23:07:10.21 ID:FzF89II0
268
サーセンwwwwwwwwwwwwww


じっとしてたら予想外だった。
女王様「あー・・・もう・・・何?」
なんか諦めたみたいな声でさ、もう明日から口聞いてくれないわと思ったよ。
雌犬「だって・・・」
そしたらさ。
女王様「はいはい。」
頭をぽんぽんと数回撫でてくれたんだ・・・。普段撫でてくれないのに!!
どうしましょう隊長、キュンがムネムネします・・・!