①ポーズと体のライン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

顔と髪は結構うまく描けるけどポーズのつけ方がわからない!
そんな人たくさんいますよね。自分もそうです。
そんな人のためにこんな道具を用意しましょう。




ポーズドール。しかも幼女タイプ。
普通のなら大体3000円くらいで買えます。これは秋葉原のコトブキヤで購入しました。
これでまずポーズをつけてみましょう。






できましたね。そしたらそれを写真に撮ります。
出来れば高画質なデジカメが望ましいですが、携帯のカメラなんかでも構わないでしょう。
ポイントは、遠距離からズームで撮ること。パースのズレが少なくなります。
さて、写真にとったところで






ポーズドールでは手がワンパターンだから困りますよね。
しかもこの場合左手がちゃんと写ってない。
そんなときはこのツール!






”手”
これは最強ツールです。どんな手でもこれで描けます。
これも写真にとったら






人形の手に合うように”自由変形”で合成します。
”自由変形”は多用する超便利ツールです。でも”手”の便利さには適いません。






はい、これでポーズは完成です。
ここからいよいよ体のラインを描いていきます。でも一切自分では描きません。
だってめんどくさいでしょ?写真をなぞるなんて






”自動選択ツール”で人形の体を選択。
色が濃くて選択しきれないところは”クイックマスク”→”消しゴムツール”で範囲を拡張してください。






綺麗に選択できたら右クリック→”境界線を描く”






どーん
あとはこれの細かいところを直して、ポーズと体のラインは終わり。


はい、ここまでで所要時間10分。
まだ何も描いてないですね。でもこれで絵は作れるのでOKです。
これなら自分にもできそう!と思ったら是非一度やってみてはいかがだろうか


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。