古威流未年

「私に、熱血を教えてください」

 『未年』 008888
名前:古威流未年(コイルひつじ)
種族:人間
年齢:16歳
性別:女
外見:ニコラスクエア学園の制服(青)。長く、僅かに青い白のふわっとした長髪。チェック柄のハンチング帽。
   特徴を表すならばこんなところです。自転車通学。可愛くないけど頑丈な白い自転車が愛馬でしょうか。冗談です。
   肩掛け学生カバンには、“ニャコラくん”マスコットをつけています。ゲーセン、でとってきました。
   眼つきの悪い、悪い、悪い猫のマスコットです。お腹を押すと有名らしい台詞を甲高い声で出してくれます。
   …この項目は外見でしたね。

交友:大食いキャラとして学校では馴染んでいる。食い意地が汚い。だって一つぐらいそういう要素、要るから。
   たくさん食べるキャラ付けをしておけば、そういうキャラとして扱ってくれるから。すこし、楽。
   でも食べ方が汚いのは、ごめんなさい。これは癖です。食べるのに夢中になってしまいます。
   もしかすると、もう私はフリで大食いキャラなのではなく、もう実際に大食いキャラなのかもしれない。
   そうだったら、嬉しいな。

性格:感情を外に出すのは苦手です。まわりには“不思議ちゃん”で通しているつもりです。
   ですが、どうも、ご飯のことしか頭にないように思われているようです。いいんですけど。
   笑うのは苦手です。内気でもないし、かといって明るくもないです。機械的反応というものです。
   何故か姉弟からは面白がられます。

仕事:学校です。学生は学業が仕事です。お父さんは、私は駅の職員にしませんでした。
   それはきっと、私には鉄道警備隊に適した能力は無かったからです。
   寂しくは無いです。学校は、それなりに楽しい。

沼知:姉です。人食い蜘蛛。肉しか食べない偏食家。ゲーム好き。人懐っこい。それで居て人食い。
   お父さんを尊敬しているので、無闇に人は食べないといいます。タイヨウを畏れてます。

太陽:弟です。学校にも通わず、鉄道警備隊の正規部隊として活動しています。
   勉強はたまに、教えてあげてます。生真面目です。

家族:他にも家族はいますから、時期が来れば紹介します。

戦闘:お父さんのように無敵の体は無いです。ヌマチのようにも、タイヨウのようにもいきません。
   ディギー人、幻獣、魔人。それらに比べて、私はただの人間ですから。

「私は、ひつじ。古威流未年。お父さんから、名前をつけてもらいました」
「ごめんなさい、うまく笑えないんです。これで、いいですか?」(にゅっと口の端を人差し指で押さえ、上に

「熱血ってなんですか?」

「あざとい?精一杯のわざとです」



薬物:なんのことです?お守りなら、ポケットに入れてますけど。