鉄道警備隊

鉄道警備隊(トレインガード=TG)

駅を守り、列車を守る。彼らは鉄道警備隊。正規部隊と雇われの臨時部隊が存在し、協力する関係にある。
正規部隊は警備隊を仕事とする者達。誇りある鉄の守護者。戦闘できる者から、サポート専門まで分かれる。
臨時部隊は貨物列車の警備や、盗賊が出る区域に配置される雇われ戦闘者の部隊。人数はまちまちである。
人数が必要なときは臨時部隊が召集される他、半ばバイトのような形でずっと臨時部隊にいる者もいる。


正規部隊

専業で鉄道警備や鉄道整備の仕事に就く者達。大きく分けて警備班、整備班、運営班に分かれる。
警備班はいわゆる戦闘部隊であり、鉄道やニコラスクエアを襲う輩を排除ないし逮捕するのが目的。
整備班は鉄道や都市の開発、修復を行う。運営班はランドール鉄道と協力し、列車の運行を担当する。

警備班

都市を守るぜ俺たちTG!都市警備と列車警備があるが、だいたい兼任したりしている。
慢性的に人手不足なせいで思想がアレなやつもいっぱい居る。忠誠心は高いのだけれど。
そのため市民や、特にフォーデンの戦闘者からは警備班のやり過ぎが指摘されている。
その結果、以下の条文が追加された。代理市長からの直々の条文の一行目である。
『横暴な警備班に文句があるならかかってこい。負けるような奴は警備班に非ず』
この下には「なお犯罪だったらそれはそれとして逮捕する」など予備項はあるが気にされていない。
つまり「やり過ぎ」な正規部隊への戒めの言葉である。もっとも、この文面があって怯む者はいないだろうが…。
実際にこれをチンピラが信じて警備班に喧嘩を売り、地下鉄牢獄行きになった事件は耳に新しい。

 (余談)
特にETは治外法権。此処で勝手に取り締まり、負けるようなら臨時部隊に格下げ間違いなし。
違法喫茶ではあるが、有事の際を考えるとEBと同様に“戦闘者の溜まり場”として設置しておいたほうがいい。
そうした判断から代理市長もETは放置。一方、駅員もなんだかんだETの愛用者が多い様子。

整備班

整備班もTGに含まれる。路線整備から列車整備、新兵器の開発まで幅広く行う。
悪名高き列車追跡用装備“棺桶”も開発班が考えた。時速600kmで列車に追いすがる死の箱である。
ニコラスクエアに本拠地を置き、列車と共に移動し整備を行う。乗務員としての仕事もある。
ある程度の戦闘力を有する者も多いためか、臨時扱いで警備班に組み込まれることが多い。

運営班

一応、TGに含まれるが戦闘者はあまりいない、いわゆる内政部署である。
ランドール鉄道と協力し列車ダイヤを管理したり、実際に各駅の一般駅員を管理したりする。

臨時部隊

給料高めのバイトのようなもの。臨時傭兵。特に警備班が慢性的に足りないため募集している。
正規部隊も此処から募集している。一緒に街と鉄道のために戦おう!



鉄道警備隊(TG)関連のキャラクター一覧