藍染惣右介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


キャラの特徴

超必が暗転後にDC可能だったり、RFが瞬歩ですり抜け可能だったり色々と不遇な部分もあるが、
優秀なJ攻撃からのごり押しや強力な起き攻め雷孔砲と攻め手には困らない。

タイマンでもタッグでも活躍出来る万能キャラ。

通常技


立小 斬魄刀の柄を当てるグラフィックで、見た目通りのリーチ。J中・大からの地上コンボの繋ぎに使う程度。
立中 上から下に振り下ろすのグラフィックで、判定・リーチは並。立小の後のコンボの繋ぎに使う程度。
立大 下から上へ切り上げるグラフィックで、エリアル始動技。コンボの際はこれに繋げてエリアルを狙おう。
屈小 斬魄刀の鍔を当てるグラフィックで、始動は早いが、リーチが短く少し使いずらい。
屈中 斬魄刀を斜め前に突くグラフィックで、愛染の通常技の中では最もリーチが長く、出の速さも中々の下段牽制の要。
屈大 斬魄刀上から下に振り下ろすグラフィックで、上方向へのカバーが広いので対空に使えるが、主に屈小・中からの地上コンボで繋ぐのがメイン。
J小 斬魄刀横から斜め前に振るうグラフィックで、出は早いものの、リーチはあまりない。エリアルの際の繋ぎに使う程度。
J中 斬魄刀を上から下に振り下ろすグラフィックで、発生も早く判定も強い愛染の空中戦の要。斜め瞬歩やなんちゃって瞬歩で屈ガード潰しには主にこれを使おう。
J大 斬魄刀を上から下に振り下ろすグラフィックで、J中よりも僅かに発生が遅いものの、J中と同じく判定が強く、リーチも空中技の中では最長なので、相手へ飛び込む時にはこちらを使うと良い。

必殺技

26
火の弾を交互にうねりながら前方に飛んで行く技。RFで出しても瞬歩ですり抜け可能だが、相手の斜め上瞬歩や低空ダッシュを読んで、放つと以外に当たる。

426
前方に雷を放つ技。小で出してもガードさせれば隙が少なく、中も放つまでの硬直が短めなので起き攻め等に使いやすい。また相手が立ち状態限定で地上コンボの締めにRFで繋げれば、2626に繋げる事が可能。
同じ状況で相手が画面端ならヒット後通常技で追撃可能。そうでなくとも状況は限定されるが、相手の当たり方次第では、屈中や昇りJ中で追撃可能。

626
前方に手を構え、手から炎を放つ技。発生・リーチ・攻撃範囲は有るものの、威力は低い。放っている間は十字キーで炎の向きを変えることが可能。
特殊移動を狩れないので基本的には忘れていい技。ただし、6426の効果がある間は相手の動きを拘束するのに役に立つ。

28
相手を麻痺させる技。
目標の相手をロックして放つので、22で固めている相手や6426の最中に打ったり、移動起きあがりを強制させるのに使える。

22
詠唱が長いので安全に出せる場面は限られているが、愛染の必殺技の中では拘束力・ゲージ回収率ではNo1の性能を誇る。
主にJ大で叩き落とした後や、2626がヒットした後に放つのがセオリー。6426の効果がある間は詠唱時間なく放てる・DC不能と凶悪な技に変わる。愛染の強さを支える技の一つ。

超必殺技

2626
黒棺
威力は高いが発生が遅いので通常コンボからは繋がらない。
立大>26RFや立ち状態限定で地上コンボからの426RFから繋がるが、26RFの場合、26RFのヒット持続が長いので、暗転見てからDCが間に合う。その為、相手に霊圧がない時でないと使えない。
タッグや四人シングル等の場合、仲間の救出や場を荒らす時に一応使える。ただし過信は禁物。
6426
鏡花水月の始解。
コンボ補正が掛らなくなり、藍染の分身に必殺技を打たせる事が可能。ただし分身に技を出させれるのは合計2回まで。
必殺技が2回目まで全部発動している状態で3発目を使うと、愛染自身が放つ事になるので、三回目の必殺技を出す際は、必ず一回目に放った必殺技の効果が消えてから出す様に心掛けよう。
また発動中限定で永久コンボも存在するが、安定させるにはかなりの腕がいる。

定番コンボ


【エリアル】
J小>J中>J小>J中>J大

【地上コンボ】
屈小>屈中>斜め瞬歩>J中>J大

地上コンボ*n>RF26>エリアル
地上コンボ*n>RF26>2626

【3ゲージ限定】
立大>22>エリアル

立ち回り

低空ダッシュや瞬歩からのJ中、J大を中心に攻める。
単発屈中からの牽制や垂直J大も楽しい。
エリアルで位置を調整し相手を遠めに叩き落して、ダウンを取ったら雷孔砲。
投げのリターンが大きいので、なんちゃって瞬歩や低空ダッシュ停止からのすかし投げ等から積極的に狙っていきたい。

vs対策

起き攻めに強力な22は、神槍やチャドウケン等の始動の早い飛び道具か小攻撃を当てて消そう。
4様に攻撃をガードさせるだけでも消せます。厨技じゃないよ!
相手が反撃に手馴れていて、対処する自信がないのであれば、多少削られるのを覚悟で空中に逃げるのが一番安全な対処法。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。