※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Teron Gorefiend



戦う前から若干鬱


Raid Setup


 20000以上のHPを持ったTankを一人。
 この戦闘に慣れてくるまでは、これ以上のTankを連れてくる事はDPSの無駄となる。
 8Healer。恐らくPalとPriが最低二人ずつは必要になるだろう。
 後は他のDPS ClassでRaidを埋める事。

Buffs, Potions and Gear


 Shadow Resist Buffが必要となる。
 Shadow/Fire Resi Potは必要ではないが、ダメージ軽減には役立つ。

Boss Abilities


 Melee : Plateに5-6k。
 HP: 4,100,000

Doom Blossom


 彼の頭上に暗雲を呼び寄せ、ランダムでShadow Boltを撃ちだす。約1500ダメージ。

Shadow of Death


 30秒毎にランダムで一人に55秒のDebuff。
 55秒後、ターゲットは死亡し、60秒間ゴースト状態になる(後述)。
 これはMTには使用されない。

Crushing Shadows


 ランダムで5人のプレイヤーに被Shadowダメージが50%上がるDebuffを15秒間与える。
 無敵系能力で消去する事ができる(が、Incinerateを食らった時の為にとっておく方が良いだろう)。

Incinerate


 ランダムターゲットに毎秒2775-3225のダメージを3秒間与える。
 これは即座にDispelしなければならない。
 彼はこの能力をおよそ20秒毎に使用する。

Shadowy Construct Abilities



 Melee hit: Plateに800 Clothに2000+
 HP: 60,000
 ゴーストによる攻撃からしかダメージを受けない。

Atrophy


 Constructが攻撃する度に、攻撃/詠唱速度が5%ずつ下がるDebuffをつける。
 これは10個までスタックし、Dispelできない。


Strategy


The Pull


 MTが普通に走りこんで戦闘を開始する。

 Raidは戦闘開始前にできるだけ前に出る。
 そして、MTが走りこんだら即座にそれについていって下図の戦闘位置に着く。
 MTは階段の下でボスをRaidの反対側に向けてTankする。
 HealerはCrushing BlowでTankが死んでしまわないよう、Pull前にHoTをかけておくこと。 

The Fight



 この戦闘に複数のPhaseは無い。
 まず注意する事としては、彼の強力なMelee攻撃がある。
 MTを生かし続ける為に、きちんとHealerを割り当てなくてはならない。

 10秒が経過すると、ランダムで一人が選ばれて"Shadow of Death"のDebuffがつけられる。
 このDebuffの効果が切れた時、そのキャラはゴーストに変わるだろう。
 そしてそのプレイヤーは4体のShadowy Constructsと戦う事になる。

 Debuffを受けたプレイヤーは、ConstructsがRaidに到達してHealerを殺してしまう前に彼らを倒す事が仕事になる。
 これは素早く、効率的に行う必要がある。Constructを逃す事はそのままWipeに繋がる。
 ゴーストの操作についてはこれから更に議論を重ねる必要があるだろう。

 Gorefiendは30秒毎に他のプレイヤーにDebuffをつけていく。
 WlkはDebuffを受けたプレイヤーにSoulstoneを使う事で、ゴーストになれる1分が切れた後、そのプレイヤーを戦闘に戻すことができる。
 DruidのRezも同様だ。

 Doom BlossomsはGorefiendの上空からShadowboltを撃ってくる。
 更に、ランダムでShadowダメージが増加するDebuffも使ってくる。
 この効果でShadow Boltは約2500のダメージを与えてくるようになるだろう。
 戦闘中blossomは増えていき、より多くの回復が必要になる。

 また、GorefiendはランダムでIncinerateのDebuffをつける。
 このdebuffは強烈なFireダメージを与えてくる(毎秒約3000)。

 Raidの全員が、これらの能力への対策を完璧にマスターしなければならない。
 また、Doom Blossomsを大量に生み出されたり、ゴーストが増えすぎる前に殺さねばならない。
 彼のHPはそう多くはない(410万)が、彼の能力はプレイヤーを削り取っていく。


Ghost Strategy



 Shadow of Deathを受けたプレイヤーは、ゴーストになるまで55秒間Gorefiendと戦い続ける事ができる。
 しかしRaidの真っ只中で死んでしまうと、そこにConstructsが沸いてしまうのでそれは避けなければならない。
 もしDebuffを受けたら、残り20秒の辺りで入り口まで走って戻るべきだろう。
 Constructは生きているプレイヤーからはダメージを受けない。速やかに彼らを殺すことはとても重要だ。

 もし1匹でもConstructがRaidのところに辿り着いてしまったら、彼らはCloth Classに3000ずつダメージを与えていき、
 更に60秒間行動速度が5%遅くなるDebuffを重ねていく。

 あなたはDebuffによって死亡してから60秒の間、ゴーストに変化する。
 Karazのチェスイベントと同様、ペットバーを利用して5つの能力を使うことができる。

Spirit Strike


 対象に700のダメージを与え、5秒間攻撃力を10%下げる。目の前にしか使えない。

Spirit Lance


 対象に6000のダメージを与え、移動速度を30%下げる。3つまでスタックする。

Spirit Volley


 近くの敵に10000のダメージを与える。15秒CD、12y Range。

Spirit Chains


 付近の敵の行動を5秒間止める。15秒CD、12y Range。

Spirit Shield


 味方一人に12000のShadow Damage吸収シールドを張る。90秒CD。

 注:ゴーストはConstructの攻撃を受けないし、彼らのAggroを取ることもない。
   また、GorefiendはSpirit Strikeを除いた他の能力の影響を受けない。


 ゴーストに変化したら、即座にConstructsを倒しにかからなければならない。
 彼らの正面に立ちはだかり、如何にRaidに向かう彼らの動きを止めて、彼らを倒していくかが鍵だ。
 最低でも10秒毎に全ConstructsにSpirit Lanceを入れるべきだ。
 これで彼らの動きは遅くなり、倒す為の時間が生まれる。
 可能な限りAEを使っていくべきだが、これはChainを壊してしまう。Spirit Chainを使うすぐ前にSpirit Volleyを使うといい。

 完璧ならConstructsは約40秒で倒しきる事ができ、20秒間他の事をする余裕ができる。

 この時間は、GorefiendにSpirit Strikeを撃ったり、HealerにSpirit Shieldをかけたりするといいだろう。
 もし更に時間があるようなら、味方のゴーストを手伝う。

 Shadow of Deathの能力はAggroに関係無く、完璧にランダムに使われる事に注意しなければならない。
 これはメンバー全員が完璧にゴーストの戦い方について熟知していなければならないということだ。
 唯一Main Tankだけは例外となる。


Class Roles


Tank


 単純にRaidの逆を向かせた状態でTeronをキープしていればいい。
 Threat Listのトップにいる限りShadow of Deathのターゲットにはならないからだ。
 また、HunterのDeadzoneに入れないように、少しだけ遠くに引くことを忘れてはならない。

Melee


 背後からAggroをとらないように攻撃。Debuff注意。

Ranged


 同上

 この戦闘においてペットは一切のDebuffを受けないので、使う事ができるだろう。
 また、Healerより大きなThreatを稼がない限り、Constructにも狙われない。
 WlkはImpを使ってHPを上げ、Hunterは彼らのペットを使ってDPSを最大限に上げるべきだ。

Warlocks


 戦闘が上手く進んでいると思ったら、Shadow of DeathをもらったプレイヤーにSoulstoneを使うといいだろう。
 Druidと相談して必要に応じて使うこと。

Healers


 Healerを役割毎に割り当てていくこと。MTは常に4人か5人のHealerを必要とする。
 一人のPalもしくはPriはIncinerateのDispelに割り当て、他のHealerはRaidを回復する。
 Raid HealerにはDruかShmが向いているだろう。
 Debuffを良く見て、Crushing Shadowを食らっているプレイヤーを優先的に回復するといい。

Druids


 Wlkと同様。