※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Gurtogg Bloodboil


流し読みした段階で既に鬱


Raid Setup


 恐らく3人のTankが必要になる。
 最低8人のHealerが必要。9人でもおk
 大量のHealが必要になる。Shadow Priestはとても大きな助けになるだろう。
 可能なら2人か3人のShadow Priestを連れてきて、Healer Grpにいれるといいだろう。
 常にVampric Touchを入れ続けること。

Buffs, Potions and Gear


 全部。
 HealerはあらゆるMP5 Buffを使う事。
 この戦闘ではAmp Magicも非常に強力なBuffとなるだろう。

Fight Overview


 Phase1では、Gurtoggは3人のTankによってTankされ、Bloodboilを5回使用する。
 このPhaseは60秒続き、最初のBloodboilは開始から10秒後、以降10秒毎に使用される。
 Phase2では"Fel Rage"をランダムターゲットに使用し、そのプレイヤーが30秒間Tankとなる。
 その後、Aggro Listの最上位にいるプレイヤーにAggroが戻り、再びPhase1がはじまる。
 つまり、この戦闘は90秒間隔でループする事になる。

Boss Abilities


 Melee : Plateに5-6k。Crushing Blowで8-9k。
     Phase2ではClothに対して20000のダメージを与えてくる。
 HP : 400万以上


Acidic Wound


 2秒毎にMTに使用してくる。
 Debuff1つにつきArmorが500減り、tick毎に250のダメージを受ける。
 このDebuffは99個までスタックし、BoP以外で取り除く事はできない。Phase1で使用される。

Disorient


 MTに5秒間Disorientを与える。Phase1で使用される。

Knockback


 MTをKnockbackさせ、Threatを下げる。Phase1で(ry

Arcing Smash


 正面に強力なCleave。
 これはPhase1では5000、Phase2では12000のダメージを与えてくる。
 また、Mortal Strikeと同様の効果を持つDebuffが6秒つく。
 そして、食らったプレイヤー全員にAcidic WoundのDebuffが1つずつつく。
 この能力はかなり頻繁に使用される。長くても約10秒毎には使って来るだろう。

Fel Acid


 正面にNature Debuffをかける。射程約10y。
 8000のダメージを10秒かけて与える。Resist可能。
 Phase1/2共に使用される。

Bloodboil


 10秒毎に使用してくる。彼から最も遠い所にいるプレイヤー5人に毎秒600ダメージを与えるBuffをつける。
 これはスタックする。

Geyser


 Fel Rageを受けたプレイヤーに使用。5kのダメージを対象と周囲5yにいるプレイヤーに使用。
 Phase2で使用してくる。

Fel Rage


 Phase2の能力。
 90秒毎にランダムで一人と、彼自身に使用。以下の効果を与える。

 Armorを15000上昇させる(Gurtoggにはこの効果は無し)
 HPを30000上昇させる(同上)
 被Heal効果を100%上昇
 与ダメージを300%上昇
 能力を使うのに必要なコストが50%減少
 2倍に巨大化

 Gurtogg自身もこの効果を同時に得て、彼の攻撃力も上昇する。
 効果中、もしくは対象が死ぬまで、彼はFel Rageを受けたプレイヤーにのみ(通常)攻撃を行う。

Insignificance


 このDebuffがかかっている間、全ての能力は一切Threatを発生させなくなる。これはPhase2開始時に使用される。
 Fel Rageを受けたプレイヤーにはこのDebuffはかからないが、それでもThreatはPhase1の状態のまま保持されるだろう。

Enrage


 10分でEnrage。


Strategy


Positioning


 戦闘前に、Mageは全員にAmplify Magicをかけておくこと。
 Fel AcidとGeyserはMagic Damageだが、Amplify Magicによる恩恵の方が大きい。

 下の画像は、Bloodboilに対処する為の目印だ。
 Ranged DPSとHealerはこの線を意識して戦うこと。


 3人のTankは図の位置につき、壁を背にして戦う。
 OfftankはArching Smashを回避できる位置に立つこと。
 HunterはMisdirectを戦闘開始後数秒してからOfftankに使い、彼らのThreat生成を助ける。

 GurtoggはRaidの逆を向いてTankされるので、Melee DPSは彼の能力を受けずに戦うことができる。

Phase 1


 戦闘開始から10秒が経過すると、最もボスから遠い位置にいる5人にBloodboilのDebuffがつく。
 これは非常に大きな(合計14400)ダメージを与えるので、回復を必要とする。
 そして、死を回避する為にきっちりと以下の対処を行うことも必要だ。

 まず、Bloodboilを受ける為のグループを3つ作成する。これらのグループが順番にBloodboilを受けて、
 Debuffがスタックしてしまう事態を防ぐ。

 例えば、グループ3/4/5がDebuffグループになったとする。
 Pull時にはグループ3がボスから離れておき、Bloodboilを食らう。
 その後即座にグループ3はボスに近づき、グループ4がボスから離れて次のBloodboilを食らう。
 グループ4が食らったら次はグループ5が食らい、これを繰り返す。
 上の図を使ってDebuffを受けにいくこと。
 (一人動かないプレイヤーの頭にRaid Markerをつけて、それを目印にするのもいいだろう。
  しかしこれは大抵そのプレイヤーの所に人を密集させてしまう事に繋がり、Phase2開始時にGeyserで大ダメージを受ける結果に繋がる)

 GurtoggはPhase1の間にDebuffを5回使用する。
 Healerをグループ毎に割り当てて回復していかなければならない。
 ShamanのChain Healはとても効率がいい。DruidのHoTも同様だ。
 この一連のDebuff Workはとても重要である。


 DPS ClassはThreatを常に確認しなければならない。
 ボスはTaunt不可で、かつMTにDisorientを入れてAggroを失わせ、更にKnockbackでThreatを失わせる。
 つまり、DPSはOffTanksのThreatを超えてはならない。
 最初の60秒はとても緩やかにDPSを行い、OfftankにThreatを稼がせる。
 また、Melee DPSはPhase2開始時に高い確率でボスが振り向く事を意識しなければならない。
 Arcing Smashを回避する為、Phaseが切り替わる5秒前にボスから離れる事はいい考えだろう。

 Healerはダメージに対してとても注意深くなる必要があり、そして誰が誰を回復するかをしっかり決めなければならない。
 Tankはとても大きいダメージを受ける。MT Healに4人、Offtank Healに1人ずつの計6HealerをTankに割り当てることを推奨する。
 BloodboilのHealは2人いれば十分だろう。
 当然ながら戦闘中にMain Tankが切り替わる事を意識しなければならない。

 Gurtoggが5つ目のBloodboilを使ってきたら、全方向に散開する。ただし、Healの射程外に出てはならない。
 散開する事でGeyserの被害を最小限にとどめることができる。

Tanking Strategy, Phase 1


 Tankはこの戦闘中、とても大変な動きを要求される。
 GurtoggはTaunt不可能で、3人のTankは稼げるだけのThreatを稼がなければならない。
 ボスはたくさんのAEを持っているので、これはとても簡単だ。
 戦闘が始まったら即座に高い攻撃力を持つスキルを使用し、Shield Blockをできる限り使う。

 Main TankはAcidic WoundというスタックするDebuffを2秒毎に食らう。
 このDebuffは彼のArmorを下げ、Tick毎にダメージを与える。
 そしてある段階でMTはTankをする事ができなくなってしまうだろう(例えば、20スタックもすれば毎Tick5000のダメージを受けてしまう)。
 ボスはTauntする事ができないので、3人のTankがAggro Listの最上位にいなければならない。

 遅かれ早かれ、ボスはDisorientをTankに使用して5秒間行動を封じる。
 この段階でボスは次にThreatの高いプレイヤーにターゲットを移す。この対象はTankでなければならない。
 もしRaidの方に向かっていった場合、Wipeとなる。
 Phase1のストラテジーとしては、DisorientとKnockbackによるTank変更に対処するというものになる。
 しかし、Disorientは(恐らく)ランダムで使用される。
 10秒間に2回使ってくることもあれば、そのPhase 1の間ずっと使ってこないこともある。
 また、良いGearを着けているTankはDisorientを何回も回避するだろう。
 このことから、Tank3人はThreatリストの上位3人についていなければならないだけではなく、
 お互いのThreatにも気を配らなければならない。
 もし一人のTankが突出したThreatを持っていれば、Gurtoggの能力を食らってもAggroを失わないだろう。
 なので、一人のThreatが突出してしまった場合、そのTankは攻撃を完全にストップしてThreatを相対的に引き下げなければならない。
 (#3人が均等に高いThreatを稼がなければならない為?)
 Gurtoggは大体15秒毎にKnockbackを使用するが、これは毎回Aggroを失わせるというわけではない。

 Paladinはもし必要ならBlessing of ProtectionをかけてAggroを切らせることもできる。
 だが、これは必要ではないだろう。Gurtoggの能力はTankのAggroを失わせるのに十分なはずだ。

 一旦このStrategyをマスターしてしまえば、Gurtoggは二人のTankで戦うことができる。
 しかしこれはとてもリスクの高い戦い方だ。彼のDisorientによって、DPSがTankのThreatに追いついてしまうまでの時間が
 非常に短くなってしまう。

Phase 2


 GurtoggがGeyserを使用したらすぐにPhase 2が始まる。
 Geyserはランダムターゲットに命中し、そしてそのプレイヤーはFel Rageを受ける。

 もしRaidが分散していれば、Geyserの効果は最小限に抑えられる。
 ここで極めて重要なポイントは、Healer全員が「誰がFel Rageを喰らったか」を完璧に把握する事である。
 Rageを得たプレイヤーは30秒間、もしくは彼が死ぬまでGurtoggの集中攻撃を受け続けるからだ。

 Gurtoggの移動速度はとても速く、Epic Mount並だ。
 ここで、Phase 2の注意点を幾つか挙げる。

 ・2 GroupがBloodboilによるダメージを受け続けている。
 ・TankはAcidic Woundによるダメージを受け続けている。
 ・Fel Ragedを喰らったプレイヤーはArcing Smash/Fel Acid、そして彼の通常攻撃により莫大なダメージを受ける。

 つまるところ、Healerは懸命にHealし続けなければならないと言うことだ。

 Fel Rageを喰らったプレイヤーにHealを集中させる。どのクラスが狙われたとしても、極めて強力なHealを必要とする。
 各Healerは即座にFel Rageを喰らっているプレイヤーにつき、できる限りのHealをしなければならない。

 Bloodboilを受けているグループのHealerは、自分のグループメンバーの回復も必要になる。
 しかし、Tankが受けるダメージもとてつもなく大きい事を忘れてはならない(Critで20000ダメージとか)。

 最重要項目はFel Rageを受けたプレイヤーを、何をもってしても生かし続けることだ。
 彼へのHeal効果は2倍になっており、これにはHealth StoneやHealing Potionの効果も含まれる。
 どのクラスもダメージを吸収したり、Gurtoggの攻撃を遅くさせたり、自らへのHealをする事ができるはずだ。
 Fel Rageを受けた時の各クラス毎の対策は、このガイドの終わりに示す。

 もしFel Rageを受けたプレイヤーが死んでしまった場合、GurtoggはもっともThreatの高いプレイヤーに戻る(Tankのうちの誰かだろう)。
 この時Grutoggの攻撃力はFel Rageで2倍になっているので、そのTankはShield Wallを使わなければならないだろう。
 Fel Rageを受けたプレイヤーはHPが30000増え、Armorも増加して、Gurtoggの攻撃を受けるのに最も適した状態となる。
 彼を死なせないことはRaidにとって最も大きい利益となるだろう。
 Fel Rageを受けたプレイヤーがIce BlockやDivine Shieldを使った場合、Grutoggは最もThreatの高いプレイヤーに襲い掛かる。

 最後の注意点として、Fel Rage Tankから離れること。彼の近くにいるとArcing SmashやFel Acidを喰らってしまう。
 Phase 1終了時に散開するといいだろう。

 Phase 2時は全力でDPSを行うことができる。
 Raid全体に"Insignificance"のDebuffがかかり、どの能力を使ってもThreatを発生させる事がなくなるからだ。
 この時全CDを使用し、できる限りダメージを与える。
 しかし、Insignificanceをレジストしてしまうこともある。攻撃を開始する前にチェックすべきだ。

 30秒が経過すると、Fel Rageが切れてPhase 2が終了し、Phase 1に戻る。
 もし彼がPhase 2の間に移動していた場合、彼とTankの間にいてはならない。
 彼はTankの所に戻りつつArcing Smashを撃つことができるからだ。


 以上を彼が倒れるまで繰り返す。彼は10分のEnrage Timerを持ち、倒せなかった場合はWipeとなる。
 Gurtoggは戦法を学ぶのがとても難しいエンカウンターだ。そしてその実行もまた難しい。
 マスターするまでの時間はあなたのRaid構成に依存するだろう。


Class Instructions For Fel Rage


Druid


 もしRest DruならBarkskinを使い、自分にHealをする。
 全てのHoTを使い、Swiftmend/NS Healをいつでも使えるように準備すること。

 もしFeralなら直ちに熊に変身する。Frenzied Regenerationは2倍の効果をもたらす。使うのが賢明だろう。
 Demoralizing Roarを使い、そしてできる限りのDPSをするのだ。

Hunter


 即座にAspect of the Monkeyを使い、Melee攻撃で彼にダメージを与える。

Mage


 即座にIce Armorを張る。彼に25% Slowをかけることで、生き延びる事に繋がるだろう。
 もし習得しているならIce Barrierを張り続け、HPが下がりすぎたらMana Shieldも使う。
 Manaに余裕があるならFire BlastやIce LanceなどのInsta Castの攻撃を行う。
 Ice Blockは使ってはならない。

Paladin


 自分にできる限りのHealを行う。DSは使ってはならない。

Priest


 PW:Sを張り、RenewとFlash Healを自身に使い続ける。
 Desperate Prayer(Human/Dwarf PriestのRacial Spell)を持っているなら、いつでも使えるように構えておくこと。

Rogue


 Evasionを使い、全力で攻撃する。Fel AcidはCoSで消去する。
 Vanishをしてはいけない。

Shaman


 もしRestならEarth Shieldを張り、自分を回復し続ける。

 Enh/Eleでも、Manaの許す限り自分を回復するべきだろう。
 他のHealerが優秀なら、幾らかの攻撃を行う事もできるはずだ。

Warlock


 Drain LifeをChain Castし、Interruptされても使い続ける。
 Siphon Lifeを持っているならそれを張り、DeathCoilも使う(HP Drainのため)。

Warrior


 直ちに盾を装備し、Defensive Stanceを使う。
 Commanding Shoutを切らさないようにし、できる限り攻撃して彼にダメージを与える。
 Death Wishを使ってはならない。