※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Reliquary of Souls



「勝たしてやんねーwwwww」
まさに外道


Raid Setup


 2 Tanks (Phase 2でWarが一人必要になる。後は自由だ)
 7 Healers
 16 DPS


Buffs, Potions and Gear


 Phase3の為に、戦闘毎にCauldron of Major Nature Protectionが必要になる。
 Phase1と2はかなり難しく、最初にここを訪れた時は、恐らく不要だろう。

 ElixirとFlask、Sta Foodを織り交ぜて使用することで、それぞれのPhaseの助けになるだろう。

 Healerは+Healing ElixirをMP5 Flaskの代わりに飲むことを推奨する。
 この戦闘に必要なのはHeal Powerであり、Manaはそれほど問題にはならないだろう。

Boss Abilities


 Reliquary of Souls(以降RoS)は3つの異なるPhaseをもち、それぞれがとても難しい、異なる戦い方をしなければならない。
 各Phaseでは、そのPhase中ずっと、「Aura」の影響を受けながら戦う事になる。

 HP:各Phase毎に230万
 Melee:1000-1500。Critしない。

 Melee DamageはPhase 1を除けばそんなに重要ではない。
 下に記した様々な能力に備えるべきだ。


Essence Of Suffering ("EoS") - Phase One


Aura of Suffering


 Heal効果、Regene量、Armorを全て0にし、Defenceを500下げる。
 Raid全体に効果があり、Phase2まで続く。

Fixate


 Debuffを受けたプレイヤーがAggroを得る。
 5秒毎に最も近くにいるプレイヤーに使用される。

Enrage


 毎分使用する。EoSの通常攻撃が3000-4000ダメージに上がる。
 Enrageはタイマー性で、Boss Modで何時使われるかを確認することができる。15秒続く。

Soul Drain


 ランダムターゲットから2500~3400のHP/Manaを3秒毎に吸収する。30秒続き、Dispel/Resist可能。


Essence Of Desire ("EoD") - Phase Two


Aura of Desire


 Phase2から3開始まで続く。
 与えたダメージの半分のダメージを食らうようになり、Heal効果が100%上昇する。
 また、最大Manaが段々減っていく。160秒でRaidのManaは完全に消滅する。

Deaden


 10秒間、対象の受けるダメージが2倍になる。
 30-35秒毎にAggroをとっているプレイヤーに使用する。
 Spell ReflectやInterrupt可能。

Spirit Shock


 Aggroをとっているプレイヤーに9200~11000のダメージを与え、Desorient状態にする。
 成功する度に詠唱速度が上がり(?)、喰らったプレイヤーは5秒のDesorientを受け、Tankが切り替わるだろう。
 毎回Interruptしなければならない。
 Cast1秒。Recast5秒。

Rune Shield


 EoDは自分にシールドを張る(光り輝いているのですぐにわかるだろう)。
 これはFelhunterが吸い取ったり、Spellstealで消去できる。
 即座に取り除かなければ40000のダメージを吸収し、Melee攻撃を無効化してしまう。
 効果時間は無い。取り除かれるまで続く。

Essence Of Anger ("EoA") - Phase Three


Aura of Anger


 103のShadowダメージを与える。このダメージはTick毎に103ずつ増えていく。

Spite


 ランダムターゲットに6秒間の無敵を与える。
 その後7444-7556のNatureダメージを受ける。
 Cauldronから汲んだMajor Nature Protection potionを飲まなければ、
 Natureダメージ+Aura of Angerで死んでしまうだろう。

Soul Scream


 前方に2500-3400のShadowダメージを与え、4000-6000のManaもしくはRageを燃やす。
 Rageは1燃える毎に100の追加ダメージを与える(Rage100で10000追加)。

Seethe


 10秒間Threat生成量を2倍にする。
 これはBossがターゲットを変更した時に使用され、Aggro PullやTauntで引き起こされる。
 よって回避する事が可能だ。

Path To The Boss


 RoSに辿り着く為には、部屋の中を掃除していかなければならない。
 この部屋はBWLのBloodlord Gauntletと同様の仕様だ。
 どれ位かはわからないが、通常この部屋のRepop Timerは極めて短い。
 だから素早く侵攻しなければならない。


 最良の方法として、次の3手順を踏むやり方がある。
 メンバー全員が右側を、同じペースで進む。
 基本的なMob Packの構成は、Red Wispが二匹、Purple Soulが2匹とBlue Soulが1匹だ。
 (Detect Invisiを用いることで、Red Wispの視認が容易になるだろう)


 これら各Packは画像に示した3つのStepで倒していく。
 最後のPackは部屋の奥の壁際、坂の下にRoSが見えている場所で倒す。


 重要:最後のPackを倒したら、即座に全員が坂を降りなければならない。
    さもなくばRoS Event開始時にGhostがきてしまうだろう。
 重要:もし何らかの理由で最後のPackを倒すのが遅れてしまったら、
    そのPackのRepop Mobを倒そうとしてはならない。
    完全にRepopするまでTank Keepし、その後AEにて同時に倒すこと。

Positioning


 この戦闘における鍵は、P1を完璧にこなすこと、P2で上手くInterruptすることだ。
 P3は敵のShadowダメージと競争する、単純なDPSレースである。

 以下の図に従って、Phase毎に位置取りする。

Phase 1



 このPhaseにおける位置取りと、その再変更はシビアに行われなければならない。
 図には、EoSのセレクションリングが示されている。このリングは、戦闘中にEoSをターゲットした時に、
 彼の真下に現れるターゲットリングの大きさをそのまま写したものである。
 ポイントAはリングの中央つまりボスの中心を、PointBはリングの縁を表す。

 完璧な戦い方なら、ボスはこのPhaseの間一切動かない。
 実際には少し動いてしまうだろうが、それでも十分良くできていると言えるだろう。
 外側にいるレイドメンバーの位置はそれ程重要ではない。

Phases 2 & 3



 これらのPhaseでは、特に位置取りに関する問題は出ないだろう。
 Bossの周囲とそこから離れた場所の二箇所に固まっていればいいだろう。
 Tank/Melee/Casterの3つにバランス良くHealerを割り振らなければならない。
 グループヒールを行わなければならない場面なので、ShamanのChain Healが役に立つだろう。

The Fight


 この戦闘は"Path to the boss"の項目で書いたスロープに立ち入る事で始まる。
 Ghost達を倒したら、即座にスロープに入り、RoSイベントを開始する事。

Essence of Suffering - Phase 1


 Phase 1が始まると同時に、ボスのAuraによって一切のHealが無力化される。

 開始時に、Hunter達はPoint Aに走りこむ。EoSは彼らのうちの誰かにFixateを使用するだろう。
 Fixateを受けたHunterはPoint Bまで移動する。これで同じHunterに二度Aggroする事を防ぐことができるだろう。
 なぜなら、他のHunter達はPoint Aの地点におり、EoSにより近いからだ。
 Point Bの地点なら、ボスの攻撃範囲なので、ボスが動くことはないはずだ。
 最初のHunterがFixateを受けたら、即座にDPSを開始する。しかし、Hunter以外のプレイヤーはリングの中に入ってはならない。

 5秒後、EoSは次のHunterに襲い掛かる。
 最初のHunterはリングの外に出て、彼にDPSを行う。

 Phase 1ではAggroを取ることがないので、全力でDPSを行うことができる。

 以上を全HunterがFixateを受けるまで続ける。
 最後のHunterがFixateを受けたら、そのHunterは今までどおりPoint Bまで移動し、他のRaidメンバーがPoint Aまで移動する。

 以降はFixateを受けたプレイヤーがPoint Bまで移動し、次々にFixateを引き継いでいく戦法を取る。
 どのClassも、最低1回のFixate、つまり攻撃5回に耐えられるだけのHP/スキルを持っていなくてはならない。
 重要なことは、Fixateを食らった時絶対に離れすぎないことだ。

 Point AからBに移動する時は少しずつ移動すること。
 サークルの外に出て、ボスが移動してしまうのを避けるためだ。

 Enrageを使われた場合、Raidメンバーは以下のプレイヤーを除いてサークルの外に逃げる。
 例外1:今Fixateを食らっているプレイヤー。彼はPoint Bに向かう。彼も一緒に逃げ出して、ボスを動かしてしまうのは非常に陥りやすいミスである。
 例外2:Prot WarとFeral Druid。もしくは他のEnrage Fixateに耐え切れるプレイヤー。

 Enrage中も手順は今までと同じだが、リングの中に居残るプレイヤーは絞らなければならない。
 1回のEnrageにつき3回のFixateがくる(15秒)。
 TankもHeal無しではあまり長くもたない。耐久力を過大評価しないようにすることだ。

 Enrageが終わったら他のRaidメンバーは即座にPoint Aに戻り、今までどおりの戦闘を再開する。
 必要なら、Enrage TankにEvasion Rogueを起用したり、Enrage中にFixateを食らっているプレイヤーにPW:Shieldをキープすること。

 もしMelee ClassがFixateを食らいたくない時(耐え切れない時や、次のEnrageの為にHPを温存したい時)は、
 リングの外に出つつMelee Rangeから攻撃を仕掛ける事ができる。

 Blessing of Protectionを使う事は賭けになる。使うなら最後の手段にするべきで、できる限り使わない方がいいだろう。
 他の似たようなMob(Darkenerとか)と同じく、EoSはちゃんとThreat Listを持っており、Fixateがそれを上書きしているだけである。
 もしBoPを使うと、EoSは即座に(Threat Topの)MageかWarlockに向かって飛んでいき、彼らを殺した後にまたFixateを行うだろう。
 これら一連の動きでWipeを引き起こしかねないので、BoPは今Fixateを食らっているプレイヤーが死んでしまう時にのみ使うべきだ。

 高いDPSを出せているのなら、2回のEnrageで済むだろう。しかし、3回Enrageを使われてしまうのが普通だ。
 Bossを1%まで削った後、彼はSpawn Pointへ戻っていき、僅かに休憩することができる。


Ghost Time


 Phase1と2の間に、数体のGhostが部屋の縁の3箇所から出現する。
 全部かき集めてAEする事。Ghostを倒す度に、全員HPとManaを全快にしておく。

Essence Of Desire - Phase 2


 P2が始まったらすぐにTankは出現位置に走りこみ、Threatを稼ぐ。
 このTankはWarriorでなくてはならない。Main TankにはSpell ReflectでDeadenを弾き返さなければならないからだ。

 また、新しいAuraの影響を受ける。
 このAuraはManaを減らしていき、Heal効果を上げる。
 そして、EoDに与えたダメージの50%をあなたに反射する。

  例:
   EoDに4600のダメージを与える。
   →Aura効果で2300のダメージを食らう。

 この能力は"Deaden"と組み合わせることで、どのCasterも2発攻撃したら死んでしまうようになる。
 彼らのCritical Hitには十分注意することだ。

 戦闘中、できる限り行い続けなければならない事はシンプルで、以下の通りだ。

 1:
  EoDのRune Shieldを即座に剥がす事。さもなければ、彼のSpellを妨害する事ができなくなってしまう(これは速やかにWipeを引き起こすだろう)。
  MageがSpellStealするか、WlkのFelhunterがDevourすれば十分だ。

 2:
  同時に、DeadenとSpirit Shockを受けることになる。
  DeadenをReflectをすればRaidの攻撃力を上げることができ、Spirit Shockを止める事でDisorientによるWipeを回避することができる。

 詠唱妨害を行う為に、Rogue/Mage/Warのローテーションが必要になるだろう。
 Off TankをThreat Listの二番目に置く事は実質不可能で、ローテーションを組まなければWipeしてしまうだろう。
 KickのCooldownは短く、Rogue3人でローテーションを組み、他のプレイヤーがバックアップに回るのがいいだろう。
 DeadenはDPSを上げる為にBossにReflectしなければならないので、これを妨害してはならない(勿論EoDがDeadenをResistしてしまう事もある)。
 Deadenは貴重なDPS源で、Spirit Shockは致命的な存在だ。そしてこれらの詠唱時間は短い。
 集中して詠唱妨害をしていかなければならないだろう。

 Healerは、MTを回復しなければならないのは勿論のこと、反射ダメージを喰らい続けるDPS陣も回復しなければならない。
 ShamanのChain Healは本当に役に立つだろう。

 そして、ご想像の通りこれはDPSレースでもある。
 時間が経つにつれ、AuraはManaの最大値を減少させていく。
 Deadenを上手く利用し、Healerを正しく割り当てること(Tank/Melee DPSに2~3人、Rangedに残り全員)で、
 上手く戦うことができるだろう。

 最後の5%あたりになると、Manaが尽きてしまうかも知れない。
 PriestはRune ShieldをDispelできるようにInner Focusを温存しておくこと。
 PaladinはTankを生かす為にLoHを温存しておく。
 最重要能力であるKickやSpellReflectは、Manaに影響されることは無い。

 EoDのHPが1%になったら、彼は出現位置に戻り、Ghost Phaseが再び始まる。


Essence Of Anger - Phase 3


 Ghost Phaseが終わったら、すぐにPhase3が始まる。Main Tankは再び出現位置に走りこまなければならない。

 MTは即座にEoAをレイドの逆側に向け、Soul Screamを喰らわせないようにすること。
 もちろんMTはこれを喰らってしまうので、大きな追加ダメージを受け、更にRageが燃えてしまうだろう。

 Aura of Angerは、TankがSunder ArmorやShield Slamを使えないような状況では、CasterのThreatが
 TankのThreatを上回ってしまう状況を生み出しやすくなるだろう(?)

 SpiteはMNPPを使えば対処できる。
 SeetheはEoAのターゲットが変わらなければ使われることはない。MT以外の誰かにかかってしまった場合は、
 効果が切れるまで、高いThreatを生み出すような攻撃をしてはならない。

 これは難易度の高いDPS Testとなるだろう。Blood Lust/Heroismを使い、Haste Pot/Destruction Postionを飲む。
 CD SkillやTrinket等、あらゆるものを使って最大のダメージを与えられるようにする。
 これには、Auraに対してHealing Potionを飲むことでもう1tick生き残る事も含まれている。
 現実的に考えて、大体100秒以内に倒さなければならないだろう。100秒が経過する頃には、Raidの半分が死んでいるはずだ。

 Auraのダメージはとても早く上昇していく。
 最終的には3000~4000dmg/tickまで上昇してしまうだろう。
 この時点でEoAを倒していなければ、倒しきることはできないだろう。

 HealerはまずMain Tankを最優先で回復させ(Soul Screamで大ダメージを受け、Auraによる被害もあるからだ)、
 次にAuraで削られている他のメンバーを回復させていく。
 Healer陣はこのPhaseにおいて最も効率的なHealのやり方を確立させる為に、何度か挑戦を必要とするだろう。
 また、Auraのダメージが深刻に(2k~3k)なりはじめた時の為に、HSやPotionを全員が持っておく必要がある。

 重要:
  Auraのダメージはあなたが死んだ時に完全にリセットされる。
  これはSoul StoneやAnkh、Battle Rezで蘇生した時、Auraのダメージが103にリセットされることを意味している。
  Auraのダメージが増えてきたら、HPの低いプレイヤーにSoul Stoneをいれ、(結果的に)DPSを上昇させることができるだろう。
  しかし、このやり方に依存して勝利するべきでは無い。

Class Assignments


Tanks

Phase 1: Strategyの通りに動けば良い。Enrage時の為に、HPを温存しておくこと。後は常にDPSを出せばいい。
Phase 2: もしMTなら、Deadenを確実に弾き、できる限りのThreatを与えること。
Phase 3: EoAのTankは、彼にRaidの逆側を向かせること。そして常にRageを0に近づけておかなければならない。

Rogues

Phase 1: Evasion Tankをしなければならないなら、EnrageまでEvasionとHpを温存すること。
Phase 2: Spirit Shockを妨害すること。Deadenは妨害してはならない。
Phase 3: DPS。

Warlocks

Phase 1: Enrage時の攻撃に耐え切れるだけのStaminaがあるのなら、EnrageまでHPを温存すること。
Phase 2: もしFelHunterを使ってRune Shieldを剥がす事になったら、犬を出しておくこと。
Phase 3: DPS。

Mages

Phase 1: 無し
Phase 2: もしSpell Stealを使ってRune Shieldを剥がす事になったならそうすること。
Phase 3: DPS。

Hunters

Phase 1: 無し
Phase 2/3: DPS。Phase2も3も、MDをMain Tankに入れて追加のThreat(これは追加のDPSをも意味する)を与えること。

Healers

Phase 1: Soul DrainをDispelすること。
Phase 2: Main Tank+Melee DPSのHealerと、RangedのHealerに分散すること。ShamanのChain Healはここで役に立つだろう。
Phase 3: 同上。このPhaseはHealに極めて依存する戦いになるだろう。