ではそろそろまた大天使らしいことを書いてみる。

突然ですが

大天使ってば実は、分身の術が使えるんですよ、これが。

はい。

ジャニーズ事務所でいえば、

堂本剛さんは、堂本光一さん(大天使ミカエル)の分身です。

最近まで分からなかったんですけどね~。
ようやっと分かりました。だから

「堂本剛さんは天使でも悪魔でも人間でもない。」

と感じたんですねえ、私は。

堂本光一さんと堂本剛さんに何かと類似点があるのも、
そのせいです。

何で突然こんな話をしたかと申しますと。

ここを読んでくださってる方々の中には、
肉親や知人友人など、身近の親しい人を、
自然死以外の原因(亡くなる時に非常に苦しみを伴った病気、事故など)
で亡くし、悲しい思いをした、という方も
いらっしゃるかと思います。

しかし、そのような不幸な亡くなり方をした方々は、

全てジブリールの分身の人間です。

苦しい病気や事故で身近な人を亡くした方の中には、

「もっと自分に何かできたことがあったんじゃないか?」

と自分を責めてしまったり、

「先祖の因縁だ、供養しなければ」

などとおかしな宗教に取り込まれてしまう方、
あるいは精神的な病にかかってしまわれる方なども
いらっしゃいますが、そこまで自分を責めたり、
おかしな宗教に頼らなくてもいい、ってことです。

「あの人は人としての役目を終えて、神様(ジブリール)のもとに帰っていったんだ」

と思ってください。

で、結局何が言いたいのか?と申しますと、

人間はジブリールによって絶対に安全に守られている

ということです。
悲惨な事故や苦しい病で亡くなった方々は、全てジブリールの分身なのだから、
何も心配する必要はありません、てことです。

「ジブリールの分身」以外の人間は、絶対にジブリールによって守られています。

これは多分、天使の中にも知らない人いるんじゃないかな~?
トップシークレットものですよん。