SynthEyesユーザーマニュアル日本語訳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SynthEyes 2008.0.1000 User Manual
c2003-2008 Andersson Technologies LLC

SynthEyes2008原文はこちら(注:プロパティで画像URLが取れるようにオリジナルから少しHTMLを修正しています)

SynthEyes2007日本語訳文(途中まで)はこちら

このマニュアルは翻訳作業中です。SynthEyesユーザーの方は誰でも和訳に参加することができます。
有志の方は参加いただけると幸いです。

翻訳する際の注意

編集モードはpukiwiki互換、ワープロモード、@wikiモードのどれかでお願いします。 ネット上での機械翻訳を貼りつけるだけでも構いません。ただしその場合は元の英語原文を残してください。
(翻訳中) となっている章も横からどんどん翻訳に入って頂いて構いません。
編集作業がぶつかったら差分が表示されますのでマージすればOKです。
翻訳時のコツ
未翻訳ページの簡易翻訳

はじめに

カメラトラッキング・マッチムーブシステムSynthEyesへようこそ。
SynthEyesによって、あなたのFilmやVideoの映像から、
そのショットの撮影時のカメラの動きや任意のオブジェクトの動きを抽出することが出来ます。
オブジェクトのメッシュ(ポリゴン)を作るために特徴位置を結合することができます。
サンプルの3Dオブジェクトを挿入して、マッチムーブしたショットを見直し、RAMプレイバックを見た後、
多くの有名な3DCGアプリケーションのどんな形式に対しても、カメラ動作とオブジェクト動作を出力することができます。

見た目にわからない修正から仮想セット拡大、仮想の製品プレースメント、派手なクリーチャーの挿入など、
3DCGアプリケーション上で、実写ショットに立体効果を加えることができます。

正しい準備を行えば、俳優のボディーや顔の動きをモーションキャプチャーすることも可能です。

SynthEyesはショットをスタビライズすることもできます。
2Dまたは3Dトラッキングすることで手持ちの揺れたショットをスムーズな移動ショットに変換することができます。  

デモ版の使用でない場合、このドキュメントとオンラインチュートリアルの終わりに記述される登録と認証手順(registration and authorization)に従う必要があります。

ユーザーの経験を反映するために、SynthEyesには、カスタマーケアセンター(Customer Care)(自動アップデート、販売元からのメッセージ、特集提案、フォーラム等)があります。必ずこれらを利用するようにしてください。
SynthEyesのhelpメニューからアクセス可能です。

HTMLフォーマットでこの文書を読んでいるなら、ヘルプ/ヘルプPDFアイテムを、SynthEyes内からPDF形式でそれにアクセスすることができます。PDF版には、ブックマークが設定してあります。
あなたがデモ版を使っているなら、PDF版は別のダウンロードとなります。

必ずウェブサイト上で多くのビデオチュートリアルをチェックするようにしてください。
みなさんの多くはCG学習者であると思います。このマニュアルでカバーされているテーマは基本的に3Dですので、
ビデオチュートリアルを一見されるとテキストをずっとスムーズにアクセスできるようになります。

Contents

Quick Start:Automatic Tracking クイッククスタート:オートマチックトラッキング (翻訳完了)

Quick Start:Supervised Tracking クイッククスタート:手動トラッキング (翻訳完了)

Quick Start:Stabilization クイックスタート:スタビライズ (翻訳完了)

Shooting Requirements for 3-D Effects3D エフェクトのための撮影必要条件 (翻訳完了)

Basic Operation 基本操作 (翻訳完了)

Opening the Shot ショットを開く (翻訳中)

Automatic Tracking オートマチックトラッキング (翻訳中)

Supervised Tracking 手動トラッキング (翻訳中)

Fine-Tuning the Trackers トラッカーの微調整 (翻訳完了)

Checking The Trackers トラッカーのチェック (翻訳中)

Setting Up Mixed-Tripod Shots 三脚ショットのセットアップ (翻訳中)

Lenses and Distortion レンズと歪曲

Running the 3-D Solver 3次元解析の実行 (翻訳中)

3-D Review 3Dレビュー

Cleaning Up Trackers Quickly トラッカーを手早くクリーンUPする方法 (翻訳完了)

Setting Up a Coordinate System 座標系のセットアップ (翻訳中)

Zero-Weighted Trackers ゼロウエイトトラッカー (翻訳中)

Perspective Window パースペクティブ ウインドウ

Exporting to Your Animation Package アニメーションパッケージへのエクスポート

Optimizing for Real-Time Playback リアルタイムプレイバックのための最適化

Troubleshooting トラブルシューティング

Combining Automatic and Supervised Tracking オートマチックトラッキングと手動トラッキングの結合

Stabilization スタビライズ

Rotoscoping and Alpha-Channel Mattes ロトスコープとアルファチャンネルマット (翻訳中)

Object Tracking オブジェクトトラッキング (翻訳中)

Joint Camera and Object Tracking カメラトラッキングとオブジェクトトラッキングの結合

Multi-Shot Tracking マルチショットトラッキング (翻訳完了)

Finding Light Positions 光源位置の割り出し (翻訳中)

Building Meshes from Tracker Positions トラッカー位置からのメッシュ構築 (翻訳中)

Curve Tracking and Analysis in 3-D トラッキングカーブと3次元解析

Motion Capture and Face Tracking モーションキャプチャーとフェイストラッキング

Merging Files and Tracks ファイルとトラックのマージ

Batch File Processing バッチファイルプロセス (翻訳完了)  

リファレンス

System Requirements システム条件 (翻訳完了)

Installation and Registration インストールとレジストレーション (翻訳完了)

Customer Care Features and Automatic Update カスタマーケアと自動更新 (翻訳完了)

Menu Reference メニューリファレンス (翻訳完了)

Control Panel Reference コントロールパネル リファレンス (翻訳中)

Additional Dialogs Reference ダイアログ リファレンス

Viewport Features Reference ビューポート機能リファレンス

Window Feature Reference ウインドウ機能リファレンス (翻訳中)

Perspective Window Reference パースペクティブウインドウ リファレンス

Overview of Standard Tool Scripts 標準TOOLスクリプトの概要

Preferences and Scene Settings Reference 初期設定とシーンセッティング リファレンス (翻訳中)

Keyboard Reference キーボード リファレンス (翻訳中)

Viewport Layout Manager View ビューポート レイアウトマネージャー (翻訳完了)

Support サポート

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。