コンパイルオプション

[input.c/input.o]
入力ファイル
書いた順でリンクされる
で、いちばん最初に書かれているファイルの最初に書かれている関数が main() になってしまう
なんかやれば回避できると思うけど調べるのめんどくせ

-o [output.ihx]
出力ファイル名
出力する ihx ファイルを指定

-mz80
Z80 のコードを吐く

--no-std-crt0
標準の crt0 (要は main() に来る前に動かすコード)を使用しない
sdcc の crt0 使ったところで MSX 用じゃないので動かない

--nostdinc
標準インクルードファイルを無視
これも意味ないので無視

--nostdlib
標準ライブラリを無視
これも意味ないので無視

--code-loc 0x4020
コードの格納開始位置を指定する
0x4020 にしてるのは ROM 化して crt0.s で 0x4020 にジャンプするコードを書くのを想定しているため

--data-loc 0xc000
データ格納位置を指定
データというか、変数格納開始位置の指定
0xC000 を指定すれば、要 RAM 16k の ROM
0xE000 を指定すれば、要 RAM 8k の ROM になる

--opt-code-speed
速度最適化
お好みで指定
最適化すると稀に動かないコードができることがある

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。