通称リスポケ。
ポケモンhgssの発売日に投稿される。
ポケモンクリスタルを縛りプレイで実況する。
              以下縛り内容

  • ジムリーダーを1人倒すごとにランダムでポケモンを1匹逃がす。
  • ジムリーダーを倒したら、次のジムリーダーを倒すまでポケモンを2匹までしか捕獲できない。
  • 所持ポケモンが6匹を超えるように捕獲することはできない。
  • 一度捕まえたのと同じ種族(進化系など)のポケモンは捕獲できない。
  • イベントでもらえるポケモンは上の捕獲数に含まない。
※ここから先はネタバレになる記事が多々あります













ニコニコ大百科 の方も参考にしてください。



ブラック企業やまもと

ブラック企業やまもととは、主にカントー・ジョウト地方において活動している企業の通称である。


企業やまもとでは、ポケモン達は基本的に重労働を強いられ、常に瀕死またはそれに近い状態での勤務を余儀なくされる。また定期的に、コスト削減等の理由からリストラが行われ、リストラされる社員は瀕死の状態であってもなんら鑑みられることなく野に放たれる。このため、企業やまもとに入社する際には、『毒状態での徒歩により力尽きる』という予定を組まれてでも、企業に貢献する。という、強い覚悟が必要となる。

基本的に激務・薄給であり、古参・新参・実力・経歴に関係なく、リストラ対象社員をろくに見る事もせず、ルーレットによって選択するという異常な社風である。ジョウト編では時給が設定されたが、「捕獲にかかった費用がそのまま時給になる」という常軌を逸した人事査定がまかり通っている。

新入社員は入社直後、他の社員らのすさまじい疲労困憊ぶりを目にし、早々に企業やまもとのブラックさを察知するという。

リストラの際には、やまもと取締役社長が、これからリストラを行う瀕死の社員に向かって「声くらい出るだろ馬鹿」等の辛辣な言葉をぶつける姿に、企業のブラックぶりが垣間見える。


社員(+派遣社員)紹介

名前 入社時期 自給
わにのり(ワニノコ) Part1 0
エース(イシツブテ) Part1 400
ブルブル(イワーク) Part1 200
おにぽん(ゴース) Part2 200
ピカチュン(コラッタ) Part2 400円(但し技マシン代2000円は天引き)
ダメタマゴ(トゲピー) Part3 0
きんにく(ワンリキー) part3 1200
ゴージャス(ソーナンス) Part4 1000+α
とぶきかい(ヨルノズク) Part5 600
ピカチョン(ランターン) Part6 400
パシリ(ギャラドス) Part7 1800
ガービィ(ハネッコ) part8 800
ヒードラン(ヤドラン) Part8 3600
くさいどん(サイドン) Part10 1200


その他の紹介

いわーきゅ(マダツボミ♀)
ブルブルの交換相手。捕獲時は幼女(5才)だった。
ぜいにく(ケーシィ♂)
きんにくの交換相手。ひきこもり生活でたまった贅肉を筋肉とトレードした。