リアルでエロゲみたいなことが起きたんだが@wiki SSというかゲームのシナリオ風

SS職人はどこへ行ったんだ・・・



SS人 ◆127JcV3Pqg先生の作品


―「生きろ、光秀…。」
…信長様…俺は…って
??「俺、光秀じゃねーよ!!!!」
いかんせん、ゲームやりながらグッスリ寝てしまった。
お陰でなんか変な夢まで見た。
??「とにかく飯だな。」
俺、津上翔>>1は今絶対的な飢餓状態に置かれていた、家族…つまり姉さん、母、父、は全員外出帰りは夕方になるそうだ
つまり、昼過ぎに起きた俺の飯は…当然用意されていない。これは生活が極度にだらしない19歳男子学生にとっては耐え難い仕打ちだろう…。
もはや選択の余地はない。
翔>>1「外に食いに行くか…。」


翔>>1「さて何にすっかな?」
近所…って訳でもないがさほど離れていない位置にある
別だん美味くもないが安いのが取り得の定食屋「紅落(こうらく)」
いつもの太ったおばちゃんとメガネの主人が迎えてくれる。
特にメニューが決まってるわけじゃない…選ぶとしたらこの3つ4だが…果たしてどうするか?

→メンチカツ定食
 鯖の味噌煮定食
 アジフライ定食
 食べずに古本市場


→食べずに古本市場

まあいいや、特に何か激しく食いたいって訳でもないし。
帰るか…ん?

店員「もうお帰りですか?」

人のよさそうな髪の短い青年が行く手を阻むようにやって来た。
店員「ご注文お決まりですか?」

→メンチカツ定食
 鯖の味噌煮定食
 アジフライ定食
 バーローwwwwwwww強行突破
 お前を食べたい

これは無限ループってヤツか?


→「お前を食べたい」

…って言えるかそんな事!!!!!
阿部さんじゃねーんだぞ!!
もういい普通にどっか行こう…。

―なんとかあの定食屋からは離れられたな…といっても他に行くところといえば…。
翔>>1「古本市場かな~。」
説明しよう、古本市場とはブッ○オ○によく似た趣向の大き目の古本屋だ!!
古本屋といえどゲーム、CD、DVD、エッチな物まで取り扱う優れた店だ、当然立ち読み自由
だから高校時代はよくサボりに来た…ってのはお兄様との秘密だ!

―あしったまた会う時~笑いながらハッミング~♪
店内では軽快で明るい曲が掛かっている。
俺はお目当てのマンガコーナーの棚に向かったが。
なんか奥の様子が変だ、俺はただならぬ悪の気配を察知して奥に向かった…。
翔>>1「ペロッ…これは、ぷよぷよ大会!?」
店の奥では、今は昔の懐かしいぷよぷよの大会が開かれていた。
かつて小学生時代は『ウィッチ使いの鬼』、『魔女の龍』の異名を取った男…俺。
久々に血が騒いできた、参加しない手はない!!


俺の手には参加者番号票…この感じ…久しぶりだ。

当然の如く、俺は順調に勝ち進んだ…。
当然だ、魔女の龍はそこいらの女子供にはまだまだ負けない!!
そしてあっけなく決勝戦…相手は…。

( 0w0)「クサムカァ! クサムァガミンナウォー!!」
いい年したおっさんか…白熱して情けない、おっと俺の事は言うなよ、なんてったってまだ19だからな。
軽くひねってやるか。
俺は開始と同時にぷよを左右2つづつの列にして積み上げていった。
( 0w0)「ダリナンダアンダイッタイ…」
見た事有るまいこんな戦略、ぷよは積めば積むほど連鎖の確率は上昇しより高度な技を叩き込む事が可能だ
しかしそれは同時に自らの首を自分で絞めるも同じ諸刃の剣、素人にはお勧め出来ない。
( 0w0)「オンドゥルルラギッタンディスカー!?」
さてとどめだ!!
( 0w0)「ザヨゴー!!」
…決まった…奇跡のビックバン!!
翔>>1「さて…商品を頂こうか?」


係員「は、はい…こちらの水筒ですが…。」
ん?水筒だと??まさか大会の商品がこんな小学生向けの水筒…。
翔>>1「…い、いや、いらないんんで、ほらさっき俺に負けたあの小学生に上げてください。」
係員「そ、そうですか?それでは…。」
小学生1「ちょっと!!ちょっとちょっと!!それなら僕も欲しい!!」
小学生2「いや、俺こその水筒を持つにふさわしい…。」
( 0w0)「キミハタダタダ!」
ルイズ「平民のくせに…よこしなさいよっ!!」

いけない…ちょっとどころか凄く混乱してしまった?、信長様これは撤退でしょうか?そうしましょうか?
よし出口にゴー!!

??「見てましたよっ!凄かったですね~っ!!」


声を掛けたのは見た目小学校、高学年くらいの少女
翔>>1「…?誰??」
??「あっ、はじめましてですね!、外行くんですか?一緒に行きましょう!」
さて諸君シンキングタイムだ、この少女は何が目的で俺に話しかけてきた?
金か?金などないわ!!
翔>>1「う、ああ…って!?」
突如少女は俺の腕を掴んで歩き出した。待て、これは見る人が見たらやばいんじゃ…。
翔>>1「あ、あの…君は??」
??「私は春香…五代春香です!」


さて…何がなにやら、信長様の命に従い大会を撤退した俺を待ち受けていた小学生女子
五代春香…この娘は何者??ってか何で俺はこの娘と喫茶店にいるんだ??
このままだと俺は犯罪者…童刺社大学のあの人みたく逮捕…。嫌だ!!俺のまっとうな(?)人生狂うのは嫌だ!!
春香「…さっきは大変でしたね~、で、そろそろ…。」
翔>>1「ああそろそろかえr」
春香「そろそろお名前教えてもらえませんか?」
翔>>1「ああ、俺の名前は津上翔>>1だけど…。」
春香「そうですか…。じゃあお兄様って呼んでいいですか??」
翔>>1「ああ…っておかしいだろ!!何で名前聞いたの!?ってかあったばっかの男にお兄様は不味いでしょ!!いろんな意味で!!どっかのゲームの酢飯じゃあるまいし!!」
春香「ダメ…ですか…?」
翔>>1「い、いや別にいいけどさ、じゃあそろそろ…。」
春香「はい!そろそろ別の場所に行きましょう!カラオケとかいいな~。」
ちょっと待て!!なんだこの娘!?さっきから俺はこの娘のペースに乗せられっぱなし…。
春香「早くっ!お兄様♪」
どうなっちゃうんだろう?俺の人生…。


成り行きで来てしまった…。流されやすいのかな俺?しかもカラオケ対決って…。
こんなこと大学の皆にはいえないよな…言ったら確実にドン引かれる…。
だったらもうなすがまま、自慢の曲をおもっきり!!
翔>>1「こなああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!」
春香「お兄様上手いですね~!!でも私も負けませんよ~。」
ふ、どんな曲歌おうが…俺の自慢「こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい」は…。
春香「ファースッキッスから~はじまる~僕らの恋のヒストリー、この運命に導かれ~君がと~つ~ぜんっ!現れた~…。」
あら、うまいじゃないこの娘…。

結果だ…来い!!カラオケの神様!!今日もありがとう!!

惨敗…神よおおおおおおおおお!!!!我をお見捨てになられたかああああ!!!!
春香「さぁ~てお兄様~、罰ゲームですよぉ~」
待て!?罰ゲーム????聞いてないぞ!!まさか千年前の魔法の道具とかで精神崩壊させられるとか!?
辞めてくれ頼む!!命だけは!!一生俺のターンとかいやだああああ!!!!
春香「お兄様の携帯の番号教えてください♪」
翔>>1「…!?へっ??」

携帯の番号何に使うんだ??
まさか!?これが世に言う美人局!?たしかミナミの帝王に書いてあったぞ!!
そうするとこの後龍が如くもビックリの強面のお兄さん達がなだれ込んで来る訳で…。
春香「お兄様??番号…。」
どうするよ?どうするよ俺??


→いいよ!教えてあげる!
 だ が 断 る !! 


→いいよ!教えてあげる!

まあいっか、このぐらい教えても問題ない…と思う。
春香「本当に~!!お兄様ありがとう!!」
この笑顔に弱いんだな俺…い、いや違うぞ!!
俺はロリコンなんかじゃ断じてないんだからね!!
俺「えっとー…何か書く物ない?」
春香「ここでいいですよ!」
といって春香が出したのは自分の手…そういえば俺も小学生時代よくやったな…。
でもあれあんま気付かずに忘れちまったり、風呂入っても取れなかったり、いろいろメンドクサイんだよな。
とりあえず、マジックで…080-[禁則事項です]っとよし書けた。
春香「はぁ~ん!!ありがとうございます!!お兄様!!」
翔>>1「あ、そ、そうそんなに喜んでもらえるなんて…あ、ちょっと俺トイレに…。」


まいったな~、悪気はなさそうだけど正体不明な小学生の少女…どうみても犯罪です、本当にどうもありがとうございましたってとこか?
??「おっとすまない、ティッシュを貸してくれないか?」
トイレの個室から声がした。
翔>>1「スイマセン!持ってないです…紙やすりならありますけど…。」
??「このさいなんでもいい!クレ!!」
翔>>1「はい…でもどうなっても知りませんよ…。」
??「すまない助かっ…ぎゃあああああああああああ!!!!」
??「どうしたい!?トイレからスネークの悲鳴が!!」
??「どうした応答するんだスネエエエエク!!スネエエエエク!!!!」
ヤバイ…仲間らしき人達がやってくる…俺はさっさと退散するか。


―世の中ってのは、まったく平穏無事に過ごしてきた奴もいれば、そうじゃない奴もいる
昔はクリスマスの夜に出没する赤服の盗賊やその他宇宙人、未来人、異世界人、超能力者を本気で信じてた時もあった
しかしそれら子供の非日常は時期が過ぎれば誰も信じなくなる。
しかし俺は今大人の非日常を信じている、俺の尊敬する信長様、あなたはこの状況をどう判断しますか?
信長「知らぬ!うぬで勝手にせい!」
はあ…そうですか…。
春香「お兄様~!!嬉しいですよ~♪」
そう、一昨日カラオケで分かれその晩、さっそく俺に電話が掛かってきた。
そして今日ボーリングに行く約束をしてしまった。
全く…正体もわからない少女の呼び出しにのこのこ着いて行くなんて…フロイト先生も爆笑だっぜ!
春香「お兄様!!がんばりましょう!ぶい!!」
翔>>1「ははは…がんばろうね…。」


例の如く春香は俺の腕を抱いて歩いている…こっちとしては凄く歩きにくいけど何故か悪い気はしない…。
こうしていると本当の兄妹のような気分になってくるから不思議だ。
しかし世の中そう甘くはない…。

警察「ちょっとそこと二人、待ちなさい。」
どうみても警察なお人がそこに…怖れていた事態が…俺臭い飯食わされるのかな…。
警察「二人はどういう関係だね?そこの男身分の解る物見せて。全くこんな昼間からこんな幼い娘を川平○太かお前は!!」
翔>>1「い、いえ兄妹です!」
やっぱ人間こういうときにはありきたりな事しか言えない訳で…。
警察「嘘をつくんじゃない、犯人は皆そう言うんだ。」
そしてありがちなことに信じてくれないわけで…。
しかし春香は強かった…。
春香「隙ありです!!お兄様行きますよっ!!」
翔>>1「ちょ、ってええ~!!??」
警察「ちょっと!!待て!!待てルパン!!!!!」
俺と春香はなんとか隙を付いて逃げ出し追っ手を振り切って逃げた。


翔>>1「俺、確実にブラックリスト載ったよ…あの警察ルパンとか言ってたぜ…。」
春香「まあいいじゃないですか!逃げ切れたんですし!、折角来たんですから、ボーリング楽しみましょうよ、ね、お兄様♪」
それもそうだな…さっきの警察だっていくら顔見られたとは言え前科も無い俺を特定するのは無理だろう。
こうなりゃ銭型警部も胡椒警部も大石さんも怖くない!…気がする…。
翔>>1「じゃ、靴履いて準備しよっか。」
春香「はぁ~い!」

春香「履きましたよ~!!」
翔>>1「そっかじゃあ先に投げて。」
春香「お兄様、お兄様!」
翔>>1「ん??」
春香「デカパイ!!」
見ればボーリングの玉を二つ抱えた春香…大人がやるならまだしも小学生がそれをやるのはちょっと…。
春香「男の人はこういう女の人が好みなんですよね?…ってお兄様おもしろくありませんか?」
翔>>1「いや、そんなことは…ほらっ早く投げな!」
春香「…はぁ~い」


―おばあちゃんが言っていた…女は部屋に連れ込んだらピーーーおkだってな…しかしこの場合どうなのだろう?
別にしたくはないが…もしここでピーーーしたら俺は間違いなくスポーツ新聞一面にその名を刻む犯罪者となるだろう。
きっと鳥越俊太郎あたりが家にやってくるに違いない。
何故こんな事を考えているかって?それはお前…。
春香「お兄様~♪」
春香が俺の部屋にいるからさ…。
翔>>1「ちょっと待ってて、いま何か飲むのも持ってくるから…。」
そういえば何で俺意識してるんだ?相手は小学生だし第一俺に性欲は…。
―プルルルル…。
電話か…俺は春香の飲み物出す手を中断し電話に出た。
スネーク「こちらスネーク、オタコンか!?今敵兵s…。」
翔>>1「間違いです。」
俺はそれだけ言って切った…なんかさっきの声どっかで聞いたような…?


春香「お兄様ありがとっ!」
俺はさっきの間違い電話の事などすっかり忘れ春香のジュースを注いでいた。
ちなみにグレープとカルピスがあったがカルピスは避けた…なんとなく…。
ベッドの上に寝転がり、俺のゲームをやる春香…ゲームが珍しいのか?なんか物凄く真剣にやっている…。
しかし俺の目は…春香のスカートから伸びる足ひいてはふとももに行っていた…。
翔>>1「(いかん!!いかん!!これ以上は!!俺は春香をそんな風に見ていたのか!?違うだろ!!これ以上はいかん!!)」
ゲームの中の人「イケルイケル!!」
翔>>1「(いけません!!タイミングのいい時にいい台詞言うな!!)」
しかし神と信長様は時にちょっとしたいたずらをする物だ…。
春香「あ~あ!負けちゃいました~。」
仰向けに転がる春香…そして位置を変え持ち上がるスカート…。
翔>>1「(白に青の縞々…。)」
俺の下半身の再装填(リロード)は革命(レボリューション)のようです…。


春香「お兄様…何また今度も遊べますか??」
翔>>1「え、いいよ!俺も時間空いてれば。」
ゲームも終わり、二人で話中…。
かといって何か共通の話題もないが…なんだか無言の時間も楽しいのは何でだろう?
しかし…またもや脳内信長様は無茶な命を下しにやってこられた…。
脳内信長「うぬの本能の赴くまま…擽り撫でまわすのじゃ!!」
いや…信長様!!それは犯罪直撃、打ち首獄門物では!?
しかし一度下された命、いわゆる欲求にはなかなか逆らえないのが人間です。
翔>>1「春香…ちょっといい?」
春香「うにゃっ?何ですか~??お兄様??…ってちょっお兄様!!??」
コチョコチョコチョ…。
春香「きゃっ…ちょっとくすぐったいですよ~!!…きゃふっ!や~…お兄様~!!」
面白い…いやこれはいい…言葉には言い表せないよさがある…信長様、やはり貴方は正しかった!


春香「ハアハア…お兄様、擽りすぎですよ~…疲れちゃいましたよ~。」
翔>>1「そ、そうだな…流石にちょっと…。」
疲れた…でも信長様、俺はやりましたよ!
―ブルルルr
メールのようだ。さて誰からか?
秋山士郎『今、剣崎といるんだけど、今日夜合コンしようぜ!!な、お前も当然!来るよな!』
さて、説明がやっぱ必要か?必要だな…秋山士郎と剣崎真一俺の高校の時からの友達だ男友達少ない俺にとっては珍しくよくつるむ。
ついでに大学も一緒だ。
春香「めーるですか~??誰からなんですか~??」
翔>>1「ああ大学の友達から、合コンの誘いだけど…。」
春香「…行くんですか?」
え~っとどうしよっかな?


→行く
 だ が 断 る !!
 どうしようかな


→どうしようかな
(春香の様子見)
翔>>1「そうしようかな~、最近行ってないし…。」
と、言いつつメールでは『だが断る!』と送っておこう、ま、あんま興味もないしね。
ん?もう一通来てた…誰からだ?
剣崎「大学に…WAWA忘れ物~♪」
これは無視しよう。
春香「あ、あの…合コンって女の人とお酒飲んだりいろいろするんですよね!!??お兄様は行きたいんですか!!??」
翔>>1「んな困惑しなくても…いや行かないけど…。」
春香「そうですか!!やった!!」
なんで喜ぶんだろう?
春香「お兄様明日も遊べませんか??、またボーリングしたいですっ!」
翔>>1「え1?明日はちょっと…お金ないし…。」

春香「行きたいです~!!行きたいですよ~…。」
翔>>1「だ~か~ら~お金ないんだって!」
春香「そんな~…お願いですよ~っ!…お兄様って案外けちくさい性格なんですね」
俺の中で何かが切れた…信長様…いいですよね?
脳内信長「ん?ああ…いいんじゃね?」
翔>>1「ふう…自分が行きたいって言えばなんでも通ると思ってるんだね。どうしても無理な時は無理なんだ、それでケチだとか言われるぐらいなら
もう遊ぶのやめようか。まだ日は浅いし、別になんとも思わないでしょ?」
春香「…!?」
―パサリ、俺が春香に買ってやった「ナルト」の鉢巻が落ちた…。春香はもう泣き顔だ…。
春香「ち、違い…うっ…。」
泣きながら春香が俯いた…何だ?
翔>>1「おい!?一体何g…!?」
春香はなんと鼻血を出していた、それも泣きながら。
って冷静に解説してるってレベルじゃねーぞ!!誰かー!!信長様あああーーー!!
脳内信長「zzz…。」
ええい!!とりあえずティッシュ!!出来ればスコッティーが望ましい!!
あった!!これで止血を…。

春香「グスッ…ふいまへんでした~(スイマセンでした)」
翔>>1「もういいよ、さっきのは別に春香を嫌いだからしかったわけじゃないんだ。俺のトラウマってかまあ気にしないでよ…。」
春香「大丈夫ですよ~その、私こそ…わがままいってゴメンなさい、今日はもう帰りますね!」
翔>>1「玄関まで送ってくよ!」
俺は玄関まで行く事にした…そういえばメール来てたな?秋山あたりからの返信か?
秋山「一人でやってて楽しいか?」
…無論無視!!
春香「それじゃ!お邪魔しました!また来てもいいですか??」
翔>>1「ああいつでもどーぞ!じゃーねっ!」
春香「ああそれと、顔いいですか?せ、接吻してみたいんで…ちゅっ…。」
翔>>1「!!!??○×△□!!??な、何を!?」
春香がしたことそれはチュー…頭の中ではコロ助ボイスがフルコーラスです…。
春香「してみたかったんで…えへへ…でも兄妹なんだからいいじゃないですか」
翔>>1「いや、普通兄妹でもしないだろっ!」
春香「えへへ…じゃ~また今度ですね~!!それじゃあ!」
翔>>1「あ、ああ…。」
春香が外に出たのを見送ったが…頭はその後30分はフリーズしたまんまだった…。

その後フリーズ状態だった俺をたたき起こしたのは春香でも脳内信長様でもなく
一つの電話だった。
??「ちょっと~!!お~そ~い~!!」
耳に響く過激な高音…全く起こっている時のこいつの声はナイトのラスピーベントを髣髴とさせるぜ。
って…誰なんだあんた一体!?…そう思ったディスプレイの前の良い子たちも多かろう…紹介しよう
こいつは俺の家庭教師のバイトの教え子で天道佳奈恵…お互いふざけ好き、ドS性格が災いしてとても教師と生徒には見えないだろう…。
佳奈恵「ちょっと、なんで黙ってるの?」
そういえば…いかん!!今日は5:00からバイトの日だ!!
時間は…5:15…姉さん事件です!!!!
翔>>1「ゴメン!!直ぐ行く!!いい子にしてまってな!!」
佳奈恵「な、何を偉そうに…さっさときなさいよねー!!!!」

佳奈恵「ちょっと~!!何やってたのよ~!?」
翔>>1「ゴメンな、キールゴメンな…。」
佳奈恵「メルディーの真似したってダメ!!ってか謝るんならこういう時くらい普通に謝んなさいよ!!」
翔>>1「うん、そうだねかなちゃん、じゃあきょうはなにしてあそぼうか?」
佳奈恵「遊ぶんじゃなくて…授業でしょうがーーーーーーー!!!!!!!!!」
そんないつもどおりのおふざけから今日の授業も始まった。
佳奈恵「…で、なんで今日は遅れたの?」
翔>>1「…!?」
さてどう言った物か…


→正直に今日あった事を話す。
 「実は俺…仮面ライダーでライダー同士の戦いに巻き込まれてて…。」
 無難に嘘をつく。 

→「実は俺…仮面ライダーでライダー同士の戦いに巻き込まれてて…。」

翔>>1「実は俺…仮面ライダーでライダー同士の戦いに巻き込まれてて…。」
翔>>1「ライダーは全部で13人…そいつらは衛宮士郎の作ったカードデッキを持ち召喚されたサーバントと契約して戦いあい最後に勝ち残った者だけが望みを叶える事が出来るんだ…。」
佳奈恵「そう…だったの…。」
翔>>1「ああ、俺もいつ死ぬか解らない…。」
佳奈恵「何で、何でそんな戦いに!?衛宮士郎は何を!?…ってんなわけあるかああああああああああああああ!!!!」
翔>>1「え!?、やっぱバレた?」
佳奈恵「当然でしょ!第一衛宮士郎って誰?神崎士郎でしょ。」
何でだろう?佳奈恵といると俺はついつい虐めたくなってくる。ドS根性かな?
佳奈恵はどっかの病院の院長の娘だ、普通に絵に描いたような典型的なお嬢様で勿論二人の走り屋の兄弟もいる…ってことはない…多分。

翔>>1「さて…聞きたいんだけど?」
佳奈恵「…?」
勉強もひと段落終わり俺は佳奈恵に聞いた。
これは前から疑問に思っていた事だったし、脳内信長様もさぞ気にかけていらした内容である。
佳奈恵「なんなのよ?はっきり言いなさい?」
翔>>1「(いけない、聞きたい事があるのにおふざけ根性が…。)」


     →ふざける
      真面目に聞きたい事だけ聞く
      真面目にふざけた内容を聞く

→真面目にふざけた内容を聞く

翔>>1「なあ、佳奈恵…3サイズ幾つだ?教えてくれ!」
佳奈恵「…ちょ、はあ!?」
翔>>1「いや、教えてくれ!画面の前の良い子たちと信長様もご所望だ!!さあ、さあさあ!!」
佳奈恵「え!?、いやそれは…上からは(小声)…。」
翔>>1「冗談だよ冗談!ま、どうせいつも通り信じてなかったんだろうけどね!」
佳奈恵「と、当然でしょ!!馬鹿なこと言わないでよねっ!(な~んだ冗談なんだ…。)」
翔>>1「いやホントはこの家、メイドさんっているのか?」
佳奈恵「メイド??家政婦さんならいるわよ。市原さん!!」
悦子「はぁ~い、おかめじゃありません!!乙女です!!」
翔>>1「ああ~やっぱそういうのなんだ…。」
正直期待はずれだ。
佳奈恵「?どんなのがよかったの?」
翔>>1「ほらもっとこう…若くて、綺麗で!!、フリルのメイド服の似合う…。」
佳奈恵「メイド服…あの服が好きなの?」
はっきり言って俺はメイドさんが大好きだ!!
そう、それは高校の時写真部の友人で部長だったkと言う男子がいた。
そいつがある日おれに2枚のDVDを渡してきた
その中身は「アニメ、まほろまてぃっく」勿論全話
俺はそのディスクの中身を速攻でパソコンに写し一晩かけて鑑賞、それからというもの俺はメイドさんが好きになった…おしまいおしまい
翔>>1「ああ好きなんだけど…この家じゃ見れそうにないな…。」
佳奈恵「もし私が着たら見たい?」
翔>>1「う~ん…見てみたい…かな?」
佳奈恵「じゃあ今度着てみるわね!お楽しみに~。」
翔>>1「ま、期待しないで待ってるさ。」
おっともう時間かな?そろそろ授業終って帰らんと…。




名前:
コメント: