|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

藩王会議資料

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


■Sランククリアのための検討報告と提言


1.戦況把握
 現在、全9ターンゲームの第8ターンです。
 ゲームをクリアするためには、残り4週間で4つの勢力と9戦して勝たないといけないと思われます。今までのケースから、戦いは偵察戦・迎撃戦・反抗戦で1セットになっているからです。
 これを整理すると、以下のような感じだと思われます。

 赤 残り1戦
 黒 残り2戦
 緑 残り3戦
 橙 残り3戦(開けてないゲートの分/推定)

 この推定はNWCの芝村さんのコメントでも裏付けられています。



2.現在の世論傾向
 平成19年6月23日(土)深夜にニューワールド・チャット(以下NWC)で話されていた内容をまとめた範囲においては、プレイヤーのかなり多くは、可能な限り戦闘を避けたく、またできれば小笠原イベント等で楽しみたいという意見が目立ちました。
 これはゲームを投げ出した嫌戦的なものではなく、各オーマと戦争以外の方法で決着をつけることについて、もっと検討してもらいたいというものと考えることが出来ます。

★NWCチャットログ
http://nyan2.amatukami.com/comchat/logview.cgi?ymd=20070623#23



3.戦況分析
 予定されている9戦をまともに対処しようとしていては、(対黄オーマ戦のように大勝利すれば2戦で済むことはありますが)クリアするのはきわめて困難と思われます。
 そこでこれをショートカットする、つまり戦わなくてはいけない数を減らす工夫をする必要があります。



4.松井案(ゲームでお見合い)
 平成19年6月23日(土)深夜に松井いつかさんより、これらの状況を踏まえて戦況を打開するための提案がNWCにてされました(正確には松井さんが芝村さんとの会話でその案を提示し、それが受け入れられるか芝村さんがNWCで問いかけた)。
 黒オーマは結婚相手を赤オーマからしか選びません。そこで赤オーマである松井さんを中心に、小笠原イベントを利用して黒オーマと集団見合いをしてみたらどうか。万が一にも成功したら黒オーマとの戦いはそれだけで回避できるのではないかというものです。
 これに関してNWCで賛否を問う緊急アンケートが採られました。明確なYES・NOを問う形ではなかったので正確な集計ではありませんが、結果は以下のようになります。

Q.松井さんが停戦のために、黒オーマと見合いをすることに賛成か?

 積極的賛成  1(停戦のために是非試みてもらいたい)
 消極的賛成  8(本人の意志なら止めない等)
 消極的反対  2(表だって反対はしないが賛成しかねる)
 積極的反対 15(実力行使で見合いを妨害してやる)



5.芝村提案
+ 芝村 > きっかけは松井さんのかわいらしいというかさすがぶっとんだアイデアだが、実際問題として9戦をまともにやると、骨が折れる。 (6/24-00:42:49)
+ 芝村 > それを縮めるアイデアを集めて、少しばかり松井さんのアイデアがただ可愛いだけのアイデアだったというところにしてやろうじゃないか。 (6/24-00:44:12)

 9連戦を避けるためのショートカットを考える。ただし松井さんの見合いは認めない。
 この方針をもとに、NWCと上級掲示板でプレイヤーらの意見交換がおこなわれました。
 方法としては、戦いを回避するためのアイデアをみんなが思いつくままに上級掲示板に記載し、それをまたみんなが読み、感想を述べあうことによってさらに詰めていくという形です。またアイデアが最終的に形となれば、小笠原資金として200マイルが提供されるということになりました。

+ 芝村 > で、私は200マイルを用意して松井の見合いをまず戦略的意味から叩き潰し、続いて緑ジャケット部隊を編成して戦術的にも叩き潰す。 (6/24-00:52:15)

★連戦を避けるためのアイデア
http://strawberry-dog.sakura.ne.jp/pro/wforum2/wforum.cgi?no=137&reno=78&oya=78&mode=msgview

★アイデアへの感想
http://cwtg.jp/bbs2/wforum.cgi?list=&no=9423&mode=allread&page=0


 この段階でのアイデアを要約すると「和平案」と「一騎打ち案(大食い・呑み比べ含む)」の2つに大別されました。
 さらに全員がアイデアへの感想を見た感想で、まあ、とりあえずこの手だなと思ったものを、一言で書かせた結果、赤に対しては交渉、黒と緑には一騎打ちに持ち込む方針が有力案としてまとめられました。

+ 芝村 > よし。一騎打ちと宴会が基本線だな。この線が大枠で守られているなら、まず、世論はとれる。 (6/24-01:50:11)
+ 芝村 > そして黒を殺すのは世論的にはない。 (6/24-01:52:28)
+ 芝村 > 財務的に見ても、一騎打ちですむなら、手間も暇も減る。 (6/24-01:53:07)
+ 芝村 > はい。では方針は確認できた。和平が結んだ後の見合いをつぶす分には、宰相としても申し訳が立つ。 (6/24-01:55:25)

 この内容をまとめると以下のようになります。
1.黒と全面戦争させずに同盟関係か少なくとも中立状態に持ち込みたい。(戦略目標)
2.具体的方法としては宴会・一騎打ちを基本ラインとして考える。
【寄せられたアイデアの具体例】
1.お見合いと称して何人か派遣。
2.おめでたいってことで酒盛り・宴会開始。
3.酔った勢いで「花嫁は俺んだ!」とそのまま一騎打ちに持ち込む。

注:宰相はお見合いをつぶす気満々でした。

 

6.プランニング開始
、NWCで検討された内容は、実行に移すには問題が山積みのはずですから、次にこの方向で進めるにあたっての問題点を列挙し、さらにこの問題点を解決するアイデアが集められることになりました。(期限6月24日23時)

★対黒アイデア 宴会・一騎打ちの問題点
http://cwtg.jp/bbs2/wforum.cgi?no=9537&reno=no&oya=9537&mode=msgview


7.この提案の位置づけについて
 このNWCを中心におこなわれた検討会は非公式な集まりではありましたが、何人かの藩王も含めて3桁にのぼるプレイヤーが参加しており、これは無視できない数字だと思われます。決して強制力のある提案ではありませんが、最後の2ターンで9戦全勝を目指す明快な道標も提示されていないのが現状ですので、是非とも藩王会議あるいは参謀本部において検討するだけの価値があるのではないかと思い、レポートとしてまとめさせていただきました。これについてのチャットログについては、下記にまとめ記事が残されています。

★20070623NWC Sランク対策イベント他ログ
http://tendice.nazo.cc/blog/archives/2007/06/24-004401.php#more

 以上、よろしくご検討下さい。

○アイデア検討以後について
+ 芝村 > その先の検討と対策は参謀や藩王会議がやるだろう。 (6/24-02:03:16)
+ 芝村 > 参謀は今疲弊しているし、専門家が最初に出てくると素人が意見をいいずらくなる。エースと同じだ。最後の難しいところを手伝ってやれ。 (6/24-02:06:45)

 

 

【最後に】
 実際には、戦略的に考えるということは、まるっと9戦戦うのではなく少しでも戦闘を少なくする方向で諸藩王の方向性統一(戦略)を決め、実際の方法(戦術)として国民から出た意見やcwtgの対黒アイデア等から、星見・藩王・参謀の長で方針にあったものかを判断することがよいのではないかと考えています。


※まとめ作成 曲直瀬りま@FVB(天戸文族2級) 依頼:さくらつかさ@FVB
◇修正・確認(敬称略・順不同)
蝶子@レンジャー連邦
七比良 鸚哥@神聖巫連盟
たけきのこ@たけきの藩国
結城由羅@世界忍者国
SOU@ビギナーズ王国
さくらつかさ@FVB

◇すぺしゃるさんくす(敬称略・順不同)
GULE@ヲチ藩国
GENZ@無名騎士藩国
サターン@ナニワアームズ商藩国
都築つらね@都築藩国