ルートガルト国

S1

勢力解説
~簒奪者の新王朝~
レオーム王朝に仕えていた宮廷魔術師ムクガイヤは魔王ルーゼルを召喚して戦乱を引き起こし、主君トライドが倒れた混乱に乗じてルートガルトの支配権を奪い取った。
しかし、国内の諸郡市はムクガイヤに従わず反乱勢力の鎮定に追われる事となる。
更にルーゼルの魔界送還にも失敗した為に魔軍との対決を余儀なくされた。


初期メンバー
名前 種族 クラス 身分 Lv 移動型 HP MP 攻撃 防御 魔力 魔抵抗 素早さ 技術 HP回復 MP回復 移動力 召喚数 備考
ムクガイヤ 人間 ソーサラー マスター 15 普通 500 100 10 50 130 120 60 80 0 20 100 4=33% 魔力全一。文字通り全人材中最も魔力が高く、訓練Lv4を含めLSも非常に優秀。後衛キャラにも関わらず前衛を自己調達できる。それだけでも十分に強力な人材であるにも関わらず雇用範囲も広く各国を見渡しても有能な君主の一人であると言える
サルステーネ 人間 ブラックナイト 宿将 13 普通 1000 0 100 100 80 80 80 80 0 0 180 1 多くの人材が弱点とする闇属性攻撃を高倍率にて繰り出す。必殺技、LSも優秀。弱点らしい弱点はないが敢えて挙げるならばHP回復が無い点か。VTを代表する強人材の一人
ヨネア 人間 メイガス 上士 5 飛行 300 150 10 10 120 100 80 60 0 25 140 10=40% 戦場ではCPU操作ですら一定の存在感を示す強人材の一角。イリュージョンの性能も然ることながら、優秀な人材がひしめく悪魔雇用へのパスポートすら担っている
ニースルー 人間 マギステルテムプリ 一般 8 普通 300 125 10 10 90 90 60 60 0 25 100 1 あらゆる勢力において優秀な支援部隊となるモンク系雇用を持つ
ゾーマ 人間 ソーサラー 一般 10 荒地 800 100 60 80 80 80 80 80 5 20 130 1 ブレッドドレインはある程度ならばたとえリザードマンに包囲されようとも持ちこたえることが可能な程に優秀なスキルである。自動操作では前に出ないのでスキル指定を忘れずに行いたい。LSは前衛向きのためソルジャーを指揮するべきか
ハイトローム 人間 ナイト 一般 7 平原 800 100 80 80 90 90 90 60 0 20 180 1 手動操作では闇魔法にて、HP吸収や状態異常を巻きつつ突撃することが出来る非常に強力な人材の一人。主要4属性に耐性を持ちナイトの弱点である魔法を克服している。対魔王軍では主力となり得るなどただの前線部隊に留まらない活躍を見せるだろう
ヒューマック 人間 ソルジャー 一般 9 強脚 800 0 60 80 30 50 90 100 0 0 150 1 兵種そのものの弱点を克服させることを可能にする非常に優秀なLSの持ち主。これにより、ルートガルト国ではレベルの上がり損ねたソルジャー、ローグ人材の雇用が難色なく可能となっている
ダイナイム 人間 ボウマン 一般 8 普通 700 0 90 70 40 40 60 80 0 0 120 1 貫通弓の性能や本人のステータスの高さからボウマン最強人材にたびたび挙げられる一人ではあるが、その貫通弓は経験値効率が悪いため勝利が確定しているような戦いでは長弓を用いたい




初期情勢
 難易度:低
 領地:1
 総収入:1200
 軍資金:3000
 ユニット数:57
 外交:

「この勢力でリーダーに出来るユニット」
マジシャン

備考

勢力考察(この部分は試作です)
『シナリオ7への経緯』はいう。トライトV世による規律と道徳を重んじた文民政治は、諸豪族の反発を買っていた。
『S1ヨネアOP』はいう。このままではいずれレオーム家へ反旗が翻り、それにより戦乱の世が引き起こされるとムクガイヤは考えていた。彼はそれならば自らが速やかにそれを覆し強権を持って治めよう、と志した。
さらに『S1ヨネアOP』はいう。ムクガイヤはトライトを名君であると評していた。ただしそれは諸侯が聖人君子であれば、と彼は加える。
勿論そのようなものは御伽噺にしか在らず、現実では魑魅魍魎の諸侯を治めるために必要なものは確固たる権威と規律であると彼はさらに述べる。
それは武人の統治に非ず、知識人たる魔術師による先進的かつ合理的な賢人統治の始まりであるとも――。
また、『S1ニースルーOP』はいう。諸侯の一人バルニア公は城壁の補修工事への着手を渋っていたようにムクガイヤの目には映っていたと。
それに対し、同じく宮廷魔術師であるドルスは財政難を指摘する。だがムクガイヤにはそうではなく、諸侯の王家へ対する忠誠心の欠落だと感じられていた。
『S1ゾーマOP』にはこう述べられている、ゾーマはトライト王の命により処刑を待つ身であった。
さらに、『S1ハイトロームOP』はいう。闇の法をもちて魔軍に対しようと説く、各地を渡り歩く彼の拡めに耳を貸すものは誰もいなかった。ムクガイヤがその彼を他の者と同様に駆集めた。
ハイトロームは答える、レオームの治世は既に崩壊した。新しき時代には旧王朝においては冷遇されてきた知識層の力が不可欠であると。
『S1サーザイトOP』はいう。ムクガイヤは王朝を父と喩えた。またサーザイトの彼の父に対する見解はまさに斜陽という一点で一致していた、と。
ムクガイヤは言う、トライトは強く我が一派では討ち取ることは出来ない。魔王の召喚は不本意であったと。
『ムクガイヤOP』は示唆する。ムクガイヤは幼少の頃より死霊の闇に魅せられていたことを――

考察
広い雇用範囲、とりあえず各クラス代表だけを集めてみました感満載の優秀な人材たち、そしてルートガルト地区の高い経済に象徴される上士以上の陪臣雇用などが大きな特徴。
君主のムクガイヤはランダムに決まる魔法テーブルによって明らかに強さが変わることに注意。勢力プレイ時には貫通性能を持つ水属性は抑えておきたい。
そのほか敢えて難点を挙げるならばビーストテイマーの雇用を持っていないことのみか。しかしそれは南下し(多くの場合海域に出現する)ナシュカを得るかファルシス騎士団を滅ぼしユネーファを手に入れれば解決してしまう。ダイナイム以外の全ての初期人材が闇耐性を持つため、本来人間勢力が苦手としがちな魔王軍とも五分で戦うことが出来る点も魅力的だ。
MAP中央からのスタートも見方を変えれば多面的で戦略の選択肢が広いといえる。
序盤のファルシス騎士団(と、言うよりもラムソン)以外に苦戦するであろう場面はないと思われるので強人材たちで俺TUEEEEを楽しもう。


コメント欄

  • 豊富な人材と雇用可能な兵種の多さから、もっとも簡単な勢力と思われる。
    シナリオ1では、序盤ファルシス騎士団に攻められて苦しいが、それを乗り切ってしまえば、苦戦する場所は無くなる。
    シナリオ5は、もはや別ゲー。ひたすら虐殺を行う。しかしながら、レクイエム持ちのキャラが他勢力で誕生した瞬間にすべてが終わる。
    イオナ「バルス」 -- 名無しさん (2009-08-27 05:24:56)
  • 最初にルーガルト地区を獲得しているため序盤の資金には困らないが、その場に固執しているとラムソン、アルテナ、ルーゼル、ブレッドら複数勢力と同時に戦わなければならない。マジシャンとナイト、ドラゴンナイトの相性は最悪なので、思い切ってルーガルトを捨て、トカゲ狩りに出てみるのもいいだろう。 -- 名無しさん (2009-09-09 10:25:22)
  • シナリオ5では、大量の土地を手に入れるとナイアーラトテップを大量に召還してくる。
    定期的に土地を奪い、ディープワンズを倒して、ナイアーラトテップを召還されないようにする必要がある。
    またはレクイエムを使える人材を確保しておくこと。 -- 名無しさん (2009-09-27 15:51:04)
  • シナリオ5を観戦モードで見てるとすぐに滅ぶんだけどホントにラスボス勢力…? -- 名無しさん (2009-09-28 21:07:20)
  • 最終シナリオはもはや国としての態を成していないためか
    勢力名もルートガルトになっている。 -- 名無しさん (2009-09-28 22:37:48)
  • s1では大体ルートガルト三区あたりでファルシス騎士団と戦闘になる -- 名無しさん (2009-10-16 19:52:51)
  • 前衛はサルステーネとゾーマとムクガイヤの召還で担当する事になるが、
    やはり早い時期に最前線を張れる人材をキープして育てておきたい。
    騎士団と魔王軍を倒しさえしてしまえば、怖いものはないはず。 -- 名無しさん (2009-10-17 21:57:20)
  • 魔王軍を倒せば悪魔が吸収でき、騎士団を倒せばナイト達が吸収できる
    どちらか片方を倒して人材を吸収すれば、もう恐れる物は無くなる -- 名無しさん (2009-10-17 23:57:35)
  • シナリオ5でルナティックだと難易度がかなり落ちる -- 名無しさん (2009-10-23 14:50:12)
  • 謀反によって興された国にもかかわらず、ルーガルト地区在住の多くの人材が集まる。よほどレオーム王家に人望がなかったのか、それともムクガイヤにカリスマ性があるのか。 -- 名無しさん (2009-11-09 00:18:58)
  • 高収入の中立拠点が多いため人材に金が入りやすく、よく陪臣部隊を抱えている
    大抵の場合、多くの人材を拾って最強国になるが、ヨネア辺りがよく裏切って危機に陥ることもある -- 名無しさん (2009-12-27 03:50:15)
  • 地味に強化され続けているが、周りはもっと強化されているので以前のような無双っぷりは見られなくなってきた。 -- 名無しさん (2009-12-27 15:13:52)
  • もっとも脅威となるのがヨネア、サルステーネ率いる陪臣部隊。ヨネアはときどき裏切るが、サルステーネは宿将のため謀反待ちも通用しない。戦力値をはるかに超える戦闘力を持つため、こちらも人材部隊をぶつけるなどの対策を練ろう。 -- 名無しさん (2010-01-01 10:17:44)
  • 最近では魔王軍やゲルド、ファルシス騎士団に戦力を割かれ滅亡するケースが多い。強力な人材を速めに確保すべき。 -- 名無しさん (2010-03-07 13:11:24)
  • 魔王軍のパルスザンには序盤はどうやっても勝てない。
    トカゲは早期に砦を落とさないと防げない。
    ファルシスの無双をなんとかとめないと、人材と領地を取られ悲惨な事になる。
    ただ人材は強いので、山岳地帯や雪国で細々と生き残っているケースが多い。 -- 名無しさん (2010-08-27 08:47:50)
  • 実はs1では、ゾーマのソルジャー以外に、野菜王国に対抗する手段を持ってない。 -- 名無しさん (2010-08-27 12:14:30)
  • なんか、欠点あげられすぎですが(笑
    確かに、前衛は少ないが、サルステーネがとても優秀。
    ファルシスは、サルステーネ1部隊で撃破可能。
    ただ、黒竜剣の使い方を間違えないこと。
    魔王軍のパルスザン。
    ダークナイト部隊の突撃でがんばればどうにかなる。
    とにかく、サルステーネ(黒竜剣)を上手く使おう。 -- 名無しさん (2010-08-27 21:38:55)
  • 人材プレイでいくら建国してもこいつのせいで人材が流れてこない。
    人間はもちろん、悪魔やビーストテイマーを介して他の種族もポンポン奪っていく。 -- 名無しさん (2013-08-10 15:39:31)
  • 基本的に真っ先に潰さないと困ったことになる勢力。lunatic以外だと人材を奪われてジリ貧確定。特にパーサのような人材不足勢力の天敵
    正直ルートガルドが最大のバランスブレイカーだと思う -- 名無しさん (2013-09-15 05:05:25)
  • そりゃラスボス勢力ですしおすし -- 名無しさん (2013-09-16 17:26:31)
  • 魔王軍ェ・・・ -- 名無しさん (2013-09-17 02:01:26)
  • 序盤は一箇所に人材が集中しているから倒しきれない。終盤になると人材を吸収しまくっているのでやっぱり倒せない。
    戦線が伸びきり、ムクガイヤが孤立している時に退路を断って壊滅させられれば、膨大な人材と経済値が手に入るため残りは消化試合になる。
    -- 名無しさん (2013-09-29 13:21:04)
  • つうかムクの召喚ずるくね
    お前ら前衛不足だったはずだろ -- 名無しさん (2013-09-29 14:48:41)
  • 敵だとやたら厄介なんだが自分が使うと敵人材がもりもり育ってやばい -- 名無しさん (2013-09-29 18:46:44)
  • s1ではルートガルトをつぶせればクリア同然。ただし悪魔とフェリル以外に限る -- 名無しさん (2013-09-30 09:04:33)
  • S1二回やったけどEDに相違があった。記憶違いだったら恥ずかしいんだけど、
    サルステーネが太守辞するくだりで真相が語られてた気がする。あとゾーマも出てた気がするけどでてこなかった。
    EDって特殊な条件があるのかも? -- 名無しさん (2013-12-10 06:32:48)
  • S1ではおそらく最強国家。
    ヨネア、サルスティーネ、ゾーマと無双キャラが揃い、S1で唯一、最初から部隊で回復ができるニースルーまで在籍。入れたり突いたり…失礼、至れり尽くせりである。
    唯一欠点を挙げれば、他の国家と違って宿将クラスがビーストテイマーを雇用できないくらいか。
    しかしその欠点もファルシスを滅ぼしてユネーファを獲得すれば解決。
    じっくり行くなら自軍領地に引き込んでカウンター、強引に行くならサル、ゾーマ部隊で一気に強襲をかければ行けてしまう。運良くモンク人材を見つけていれば、その部隊も同行させれば盤石。
    東は敢えて攻め込まずヨネアを軸に砦で防衛。ゲルドだけなら一人で防衛可能。リューネやパーサが加わったら、育てたい人材を配備すればモリモリ育っていく。 -- 名無しさん (2014-07-11 00:11:35)
  • S1は2ターン目で砦を含むルートガルト東部を制圧。
    北イオナは敢えて取らず魔軍と無闇に隣接しないようにする。リューネに特攻して勝手に壊滅してくれてたら御の字。
    海賊とは向こうから侵攻されない程度に仲良くする
    次ターンあたりに2区か3区でファルシスと激突。適当に追い返そう。
    魔軍が南下してきた場合は猿とハイトロームとニースルーで撃退。そのまま追撃してさっさと潰してしまおう。


    オステア、ムレア山地までたどり着く頃には人材のレベルも収入も安定するはず
    その後は仲良くしやすい大陸東側の勢力と同盟組みつつ西側諸国を撃破していく。


    ↑の方も言ってるようにヨネアは単騎で砦の防衛線を張れるほか、一人で海賊狩りをすることもできるのでかなり便利。 -- 名無しさん (2014-08-08 21:02:19)
  • ひさびさにS1ED見たら歴史書、新旧合計3つも書き足されてワロたw
    ヤヌークと違って学があるやつ書いたら、真実はどうあれ間違いなく史実になるだろ。
    (おまけに不自然さ無し) -- 名無しさん (2014-08-12 02:07:54)
  • お、勢力考察とかいう面白そうな項目が追加されてる。実装されているイベントから、勢力の作中での実態を明らかにしてくのは面白そうでイイネ。
    ただ、ちょっと今のままだと文体が装飾過多かな?歴史書風と言うより歴史小説風になっちゃってる感がある。
    歴史小説風なのもダメじゃないけど、それを目指すなら全体的にもうちょっと内容が整理されている文章の方がいいかもね。今のままじゃ各エピソードからわかる内容列挙しているだけだし、それならもう少し倒置法とか慣用的比喩表現とか抑えて、事実の列挙やセリフの引用に留めておいた方が無難なような気がする。
    でも、試み自体はすごく面白い。まだ試作段階らしいし、これからどう完成度高められていくのか楽しみ。 -- 名無しさん (2014-09-02 07:10:48)
  • 最近編集に力入ってるね。ちょいちょい懲りすぎて見難い気もする。
    初期メンバーの備考は無理して表に入れなくて良いんじゃないだろか -- 名無しさん (2014-09-03 00:33:46)
  • 縦長で変な表だと思ったけど、見慣れたらそんな気にもならんね
    上の意見はなかったことに。勢力考察はよく意味がわからんです。 -- 名無しさん (2014-09-03 00:51:34)
  • 勢力考察ではムクガイアの理を説いてるのだが、結局は権力握るために魔王を召喚して一つの都市の住人を犠牲にするのって、かなりアレな人だと思う。 -- 名無しさん (2014-09-03 01:57:26)
  • ヨネアは戦闘力もやばいけど雇用の広さが他勢力からすると脅威
    S5以降ならわかるがS1とかで悪魔人材雇えるのは勘弁してほしい -- 名無しさん (2015-03-07 20:58:11)
  • ↑↑同意だわ。赤子すら大量虐殺したわけで
    戦争での騙し合いや殺し合いは当然だし、戦時中の狂気に駆られた虐殺などはまだ同情の余地はあるが
    ムクやムク幹部にはいかなる正当性もない -- 名無しさん (2015-03-21 21:33:52)
  • 正当性なんてどこにもないはずだが、ムクガイヤに進んで従う人材が結構いる
    王が死んだといってもまだ王子は生きてるのに、魔王を召喚したアレな奴を放置して勝手気儘に独立し出すルートガルトの諸都市
    それだけトライトの治世が嫌われてたんだろうな -- 名無しさん (2015-03-21 23:32:57)
  • 魔王召喚してクーデターは成功、でも送還には失敗。
    王都制圧は成功、でもレオーム滅亡には失敗。
    領土統治は成功、でも大陸掌握は失敗。
    奥の手の死霊も失敗。
    とことん詰めが甘いイメージ。 -- 名無しさん (2015-07-07 23:03:32)
  • シナリオ1の初期人材がだいぶ削られてしまった -- 名無しさん (2015-11-11 18:37:12)
  • なんで減ったんだろ?
    OPが変わってないから、いない人材が会話に参加しとる。 -- 名無しさん (2015-11-11 22:51:29)
  • ダイナイム不在は致命的
    ファルシスへの対抗手段が… -- 名無しさん (2015-12-22 09:24:29)
  • 序盤の壁が足らん。防衛魔術師だけって。相手ゲルドや魔王だぞっ。 -- 名無しさん (2018-05-22 04:25:36)
名前:
コメント: