人様のために生きてきた自分が可哀想

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分のために生きてみよう。 2008.04.19 UP

いいお天気!
久しぶりに遠くの山々が見えます。織田信長な気分!

私はこの二十年、人様のために生きてきました。

元夫や周りの方々、友人、少ない出会いですが、それこそ自分の身を削って付き合ってきました。

それは嫁ぐ時に、母に言われた一言がきっかけでした。
『泰葉ははじめて人のために生きるのね』
それまでの私は自分の事で精一杯。人のために何かするなんて考える余裕なし。
『人様のため人生まっしぐら』に方向転換して二十年。

たくさんのかけがえのない経験になりました。 でも、私がして差し上げた分の方がいつも多くなってしまう…。
見返りなんて欲しくないけど、どんどん消耗している自分が可哀想に思えてきたのです。

昨日、ラジオの番組で中島啓江さんにお会いしました。

大きな器!で私にアドバイスしてくれて…。
歌を再開したらまた、沢山のお客様に喜んで頂く、それにはには自分が幸せでなくちゃ!と温かいお言葉を頂きました。

自分へのいたわりが足りなかったと思うのです。
かなり消耗していました。
自分勝手という意味でなく、自分を大切にしてあげようと思いました。 みなさんは自分を大切にしてあげてますか?

最後にテリー伊東さんからのメールの言葉です。
『自分を信じて頑張れ』


total view count : -
today's view count : -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。