馬風師匠と電話、円朝襲名問題

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

馬風会長は優しい 2008.05.22 UP

会長にお電話をした。色々心配をかけてしまったご報告をしなければと…。

母が先代小さん師匠の法事でお会いした時、私の事気にかけて下さっていたと聞いたので。

大きくつつみ込む優しい声だった。
小朝さんと決別した事をはなす。
話していて、細かい所に落語界を想う師匠の姿勢を感じる。
『諦めの悪い女』は再度、小朝さんの円朝襲名はないのか尋ねると、今のままではない!と。
沢山お話しして、私の解釈は、芸で反対する人は誰もいない。でも閉鎖されたアーティストのような性格や器では無理であると、あくまでも私はそう解釈した。

小朝さんは人生最後の正念場だと思う。
夢や希望のスケールを小さくまとめて欲しくない。

私は『六人の会』も、使命は十二分に果たしたと思うし、それぞれの師匠がこの会で収まりきらなくなったと思う。
これを言ったら正蔵にひどく怒られた。

小朝さんはこのブログを読んでいるらしい。
なら、あえて言わせてもらう。
もっと、グローバルな視野で物事を見て欲しい。
夢を諦めないで欲しい。

芸は最高なのに…と言われないで欲しい。
優しい人なのはよくわかっている。でも、自分ワールドの中で完結しないでほしい。

『襲名』へのキーワードは必ずある。見つけて欲しい。

本当に私は諦めの悪い女だ!


total view count : -
today's view count : -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。