泰葉、暴言認め謝罪文を送っていた

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

泰葉、暴言認め謝罪文を送っていた

12月18日18時40分配信 オリコン

 歌手の泰葉が18日(木)、都内の道場で今月30日に参戦する『ハッスル・マニア2008』に向けた公開練習に臨んだが、ハッスルサイドが挙げた対戦相手候補名が侮辱的だとして泰葉サイドが激怒。急遽、練習を5分程度で切り上げると衣装を着替え、週刊誌報道で明らかになった京都の呉服店からの訴訟問題について説明した。暴言を浴びせた事実を認め、謝罪文を送付したことを明かした。また、今お熱をあげているイケメン関係者を初公開するなど、ドタバタ劇に報道陣およそ150人が振り回された。

 定刻より5分遅れてスタートした公開練習で気合い十分にストレッチなどを行っていた泰葉だが、そこに突如、アン・ジョー司令長官と小路二等兵が乱入。「ザ・切腹侍」「死ね死ねメールマン」などこれまでの“悪態”を蒸し返すようなネーミングが羅列されたことに泰葉自身と事務所サイドが「事前に知らされていなかった」として激怒。「こんな状況では歌唱はもちろん、対戦はさせられない」としてイラつく泰葉を退場させた。

 その後、時間を置いて黒スーツ姿の泰葉が改めて登場。京都の呉服屋の社長ら3人から名誉毀損で訴えられた件について「暴言は認める。すでに謝罪文は先方に送っており、後は弁護士の方に任せます」と現在までの対応を明らかにした。また「どうしてこっちに訴状が届いてないのに、(報道陣の)皆さん知ってるの? 本当に不思議…」と首をかしげながらこれまでの状況を振り返り、終始慎重に言葉を選んでコメントした。

 一方、18日発売の『女性セブン』(小学館)で離婚騒動などで窮地に追い込まれた泰葉を献身的に支えた女性マネージャーを解雇していたと報じられた件には「騒動に巻き込み、彼女は体調を崩しました。今は、(自分は)若いスタッフと共に仕事をしているが、今日もこうして来てくれている」と事実無根を強調した。

 公開練習、訴訟問題、解雇報道と話題に事欠かない泰葉だが、この日はさらに今、お熱をあげている噂のカレをお披露目。現在の泰葉の高いモチベーションの一つとされるエージェント契約を結んだ事務所のプロモーターに報道陣が殺到。本人は「尊敬はしていますが(恋愛への発展は)あり得ないです」とあくまでビジネスとしてのパートナーを強調。会見後、ORICON STYLEの取材には「仕事でお返しして、命をかけて守り抜きます!」と宣言していた。

泰葉、暴言認め謝罪文を送っていた(Yahoo!ヘッドライン(オリコン))
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081218-00000014-oric-ent


total view count : -
today's view count : -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。