泰葉「汚い言葉吐いた」電話攻撃認めた…着物代未払い問題

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

泰葉「汚い言葉吐いた」電話攻撃認めた…着物代未払い問題

12月19日8時0分配信 スポーツ報知

 30日の「ハッスル」(東京・有明コロシアム)に参戦するタレント・泰葉(47)が18日、東京・港区海岸のハッスル道場で練習を公開した。対戦相手の内容に不満を感じた所属事務所が参戦取りやめを示唆したが、本人はやる気満々。さらに、一部週刊誌で報道された名誉棄損で訴えられたことにも初めてコメントした。罵詈雑言(ばりぞうごん)を認め、謝罪文も出していると神妙に反省。だが一転、気になる男性の存在をぶち上げるなど、泰葉の暴走は最後まで止まらなかった。

 お騒がせ女の異名は健在だった。タレント・泰葉が、ハッスル道場で練習を公開。必殺技のお披露目かと期待を抱かせたが、練習はものの数分で中断してしまった。

 ストレッチを始めると、高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官と小路二等兵が乱入。過去の自分と決別するために戦いを決めた泰葉を挑発、だが対戦相手のモンスター候補に「“低血糖仮面”角佐藤」「ドタキャンマスク」「死ね死ねメールマン」などとぶち上げると、急きょ、練習を中断。泰葉のマネジメントを行う事務所スタッフが泰葉を引き揚げさせ、「泰葉は真剣に歌いたいと思っているのに、おちゃらけすぎる。ハッスルさんの態度では出場辞退を検討させていただきたい」とキッパリ。「ドタキャンマスク」と対戦する前にドタキャンかと報道陣を色めき立たせた。

 だが、黒のスーツ姿で再登場した泰葉は「私は戦いたい。やらせてくれ」と一方的に出場を宣言。さらに一部週刊誌が報道した名誉棄損で訴えられている件について説明した。泰葉は07年1月にNHK大河ドラマ「篤姫」の脚本家・田渕久美子さんと事務所を立ち上げたが、会社設立前に田渕さんが京都の呉服屋から購入した着物の代金2000万円の未払いが発覚。会社社長だった泰葉は不払いで訴えられる一方、呉服屋の社長や社長の息子で芸能プロ社長らに電話し罵詈雑言を浴びせ、名誉棄損で訴えられた。

 訴状が届いていないとしながらも電話攻撃については「暴言を吐いた事実はあります。汚い言葉をはきました」とあっさり認め、「あちらの弁護士さんに『大変申し訳ありません』と謝罪文を送っています」と神妙に“全面降伏”。代金不払い問題では12月に和解勧告が出され、「私と会社が訴えられていましたが、“私”は取り下げられました」と話した。

 最後にはスーツ姿で得意技の“蹴り”を披露する一方、気になる男性の存在を明かすなどやりたい放題。事務所スタッフのYさんで「試合が終わるまで恋はお預けです」と勝手に宣言。怒って、泣いて、笑っての泰葉劇場。泰葉にとって重要事項は裁判より、ハッスルより、恋愛なのかもしれない。

 ◆正蔵心境複雑 ○…泰葉の弟で落語家の林家正蔵(46)はこの日、都内のNHKで教育テレビ50周年記念特番「クイズ 学ぶ冒険」(来年1月3日、後6時5分から総合テレビで)の記者発表に出席。「姉がプロレスで戦っているので、僕はクイズで思い切り戦いたい。家族が仲良く落ち着いて見られる番組がいいですね」と複雑な心境をこぼしていた。司会はTOKIOの城島茂(38)。

泰葉「汚い言葉吐いた」電話攻撃認めた…着物代未払い問題(Yahoo!ヘッドライン(スポーツ報知))
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000093-sph-ent


total view count : -
today's view count : -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。