『上野公園音楽祭』あいさつのみ出演をドタキャン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

泰葉ドタキャン!小朝通達“発言したら提訴”

 歌手の泰葉(47)が26日、東京・上野公園野外ステージで出演を予定していた「上野公園音楽祭」をドタキャンした。体調不良を理由にしていたが、同日夕に泰葉がファクスでコメントを発表。「(元夫の)春風亭小朝氏より、私が発言した場合、提訴も辞さない」と通達があり、出席を断念したという。泰葉のブログからぼっ発した騒動は広がるばかりだ。

 当初、泰葉は同音楽祭で東京大空襲の鎮魂歌「蓮花」を歌唱するはずだった。だが、同曲を提供した谷村新司(59)の所属事務所社長である谷村の妻とトラブルになったようで、「今の私は、谷村さんの歌は歌えません」と自身のブログで歌唱取りやめを発表。あいさつのみの出演となり、トラブルについての発言が注目されていた。

 キャンセルが決まったのは開演約2時間前。マネジャーが「急病で出演できない」と主催者に連絡。代理で実弟の林家いっ平(37)が壇上で謝罪。報道陣に対しは「姉は体調不良です」と何度も繰り返した。

 泰葉は23日にブログを閉鎖。谷村の事務所社長とのトラブルのほか、春風亭小朝(53)を「金髪豚野郎」などとつづり話題になっていた。実弟の林家正蔵(45)は21日、「50歳に近いので良識を持って」と困惑顔だった。

 昨年11月の小朝と離婚後、泰葉は歌手としての再デビューと、プロデュース業の活動を広げるとしていた。ただ、今年3月、泰葉は同公園内での集いで「蓮花」を歌った際に酸欠で倒れるアクシデントもあった。また、プロデュース業も、小朝から閉め出されるなど順風満帆ではない。

 泰葉はファクスで谷村の妻とのトラブルについては「いずれ明らかにしなければならない」とし、さらに「なぜ小朝氏が私を止めたか。私は小朝氏と戦います。絶対に許さない」と、元夫とも徹底的に争う構えをみせている。

[ 2008年10月27日 ]


total view count : -
today's view count : -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。