泰葉:小朝氏に数百通のメール

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FAX全文
マスコミ各位の皆様
上野音楽祭におきまして、急なキャンセル心よりお詫びいたします。

告白します。
私は、小朝氏に対し、数百通の脅迫メールを送っていました。
ここには書けないような、汚い言葉のオンパレードです。
どうして送ったのか。それは、小朝氏の心に私の叫びを届けたかったからです。
いつもスルーされてしますので、それはどんどんエスカレートしていきました。
金髪豚野郎など優しいものではありませんでした。
もう、歯止めがきかなくなっていました。
ほんとうにひどかった。
開き直るわけではありませんが、吐き出さなければならない、私の心の叫びでした。
小朝氏はそれを受け止めるという「男気」でいたのですが
あまりにもひどくなったので、根岸の母に訴えたのです。
「訴える」という言葉が母の頭の中で巨大化し、私を受け止めたのです。

昨晩遅く、小朝氏と電話で話しました
とても紳士でした。私は乱暴者でした。全く話は平行線
だから、私が満足するような高座をやれ」と悪態をつきました。
今の私が本当の私だ、結婚していたか?と聞いたら、無理だ、と返されました。
私はあんたより大きくなってやる!見ていろ!と言ってやりました。
本人に直接、豚野郎と言いました。
一時間半、戦いました。
でも、国境がありました。越えられない国境です。
パスポートは捨てることにしました。あちらの国にはもう二度と行きたくない。
本当に疲れました。私はもう間違った舟には乗りたくない。
あんな奴、こりごりです。二度とお目にかかることはないでしょう。
どうか、お元気で、落語の小さな枠の中で生きていただきたい。
私は自由に大空を飛びたい!
私の今の偽りのない気持ちです。

私にはもう、判断する気力が残っていません。
音楽とこの件は一緒にしたくない。


total view count : -
today's view count : -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。