※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 早いものだ。
 あんたがいなくなってから、もう一年が経つ。
 息が白く色づいた。
 流石は山奥。ふもとの町の寒さとは全く違う。
 昨日積もった雪が足を何度も掴む。あんたの墓石にたどり着くまで負けてたまるものか。雪なんかに負けてたまるものか。
 自分がとても馬鹿馬鹿しく思えた。
 墓石といっても裏庭にあるのだ。漬物石を乗せただけの墓。十分な墓を作ってやれなかった自分に嫌気がする。
 そうだ、自分をあざ笑ってやろう。声を上げて。自分が自分を嫌いになるまで。

 大きくため息をつく。このため息に、どんな思いが込められていたのか。自分でもわからない。

「コート着るだけじゃ厳しい……な」
 根性も寒さにはかなわない、という事か。そう思ったときだった。
 ぽつり。
 鼻に何かが落ちた。とても冷たい。
 視界にとても小さな白いものが映る。
「……どおりで寒いわけ、か」
 なるほどと、見た瞬間納得できた。

 雪だ。

 つい、天を見上げてしまう。
 昇ったばかりの太陽の日差しが、粉雪に反射している。
 輝いていた。ものすごく綺麗だ。

 もしかすると、あんたからのおくりものだろうか。
 ふとよぎる、愚かな願い。
 そうだとしたら、永遠に降り続いていてほしい。
 そうひそかに、思ってみた。


 自然と足が止まる。

 口のない墓石。
 もし、墓石に口があったなら。

 枯れた花束。
 決してあんたを、忘れていたわけじゃない。

 心の状態を表しているかのように眼は潤みだす。
 雪が舞う中、墓石の前で俺は静かに手を合わせた。



  TOP  中編TOP  >>