※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これは読んでも読まなくてもさしつかえないと思われます。はい。
簡単に言えば意気込み、のようなものですね。
言っとくけど、これは小説じゃないからね。

私にとっての小説とは。簡単に言って無くては生きてゆけないものです。身近なものでたとえるなら水のような存在。小説馬鹿、中毒といわれても構いません。だって本当にそうなんですから(笑
昔の私は小説、いや本自体が嫌いでした。でも四年生のときに先生からおススメの本を教えてもらい、それから本というものが好きになっていきましたね。
小説を本格的に書きはじめるきっかけになったのは厨一で、友達が書いていたから。本当にそれだけなんです。ただ負けたくないという対抗心が…(ぁ
正直、そのときは「書きたい」という気持ちよりも「負けたくない」という気持ちの方が大きかったですね。書きはじめ当時は小説とはいえない文章でした……。
今でも、自分で書いたものなのにまともに読み返せませんよ。はい。しかも、台詞続きで描写はなし。基礎すら分かってなかったころです。「死神さんとぼくら」をそのとき書いていました。長編(?)の中で唯一完結できた長編です。
でも、他の方々の作品を参考に「描写」というものを学んでいきました。やはり始めは描写ってよく分からないんですよね。というか難しい。今でもそれは変わりませんが、その当時よりはマシになってきていると思います。
描写を少しでも簡単にするには、そのキャラになりきる…つまり感情移入してみることでしょうか。で、そのキャラのとった行動を文章にする…。もちろん、あまりにも小さすぎることやこれからの展開に必要ないものは省いていった方が良いかと思います。
文章の量が多ければ優れてる作品――ではないと思います。でも少なすぎているのも優れている作品とは言い難いですよね。描写というのはその場面を想像するために必要な「ヒント」のようなものじゃないでしょうか。多くの本を読んでいると、殆どの小説は多くの台詞ではなく多くの描写で構成されているのに気がつきます。たまに台詞だけで構成されている小説も見かけますが……。
あ、話が脱線している……。失敬。

私がモットーにしているのは「暗さ」。重い文、とでも言うのでしょうか。ちゃんと書けているのかどうかは分かりませんが、その文を読んで何か感じてくれればいいな、と私は思っているわけです。
私が書く小説は主に二つに別れています。一つは「ネタ」として書いたもの。もう一つは何かを伝えようとして書いているもの。例外もあるかもしれませんが・・・。

まず言っておきたいこと。私は今の文体に満足してはいないということです。いや、文体というよりは書力ですね。はい。今はまだ公開していませんが、ひっそりと書いているもの。やたら描写が多いような気がしてきました。いちばん長いので十文続き。でもその間に台詞は一つも入ってません。
昔、「描写が長ければ良い」のような考えを持っていて、深紅を書きはじめた当初は文章を必要、無必要関係なしに書いていました。その結果今まで書いたものの中ではいちばん描写が多いものに(現在は全部書き直しました)。貰ったコメントの殆どが「描写の量が凄い」とかでした。
あれから、多くの物語に触れて自分の書き方を見直してみました。馴染むまでに時間が要るようになってしまいましたが・・・。

これからは。
やっぱいろんなジャンルに挑戦してみたいです。小説と一言にいってもいろんなジャンルが在りますからね。近いうちに真剣に取り組みたいと思っているのがホラーです。現在投稿してある深紅(また出た)がそうですね。でもまだホラーのシーンには入っていないので……。

ちなみに、滅多に取り扱う事は無いと思うのですがカップリングやキャラの性格について。私自身“このカップリングは絶対だ”という考えは無いので登場するとすればいろんな組み合わせででてくると思います。性格についても、登場人物の性格は物語りに大きく関わってくるものなので多少変化がみられると思います。ですので「えーなんでコイツがこんな性格なのさー」なんて思うところが出てくるかもしれません。物静かなシーンがべらべら喋ったり等々。そこはついて行ける方だけご覧ください……。

ここまで読んでくださった方々。お疲れ様です。よくぞこんな支離滅裂な文章をここまで読んでくださいました。
とまあ、これからも頑張っていきたいと思っています。

なにぞと宜しくお願いします。


 ――07,4月18日水曜日 
     08,4月20日木曜日 修正