真紅


更新履歴:「赫蒸氣」アンロック
     に伴い情報フルオープン。バレバレだったかもですが鬼でした!
     お好きに扱って!(扱いやすいかどうかは別




叛逆の血軛(ちびき)、推して参る――なんちゃってね?

名称:真紅 ≪しんく≫
種族:小半鬼人(血鬼のクォーター)
性別:女
年齢:二十
色彩:#AD002D
外見:栗茶のショートボブ。
   帯代わりのコルセットで閉じた忍装束にブーツの和洋折衷
   太腿や腰のホルスターには短刀、クナイ、小銃を留めており、
   掌、肘、腰、踵に噴氣孔と呼ばれる平円状の金具

能力:禁忌めいた混血の子であり、それ故の相乗と欠陥を内包している。
   「氣」も「血」も血筋による恩恵であり呪い。

   【蒸氣】
   手練十人前と言われるほどの膨大な氣の貯蔵量を持つ。
   しかし、種族特性である”爆燃性の血”に氣が溶け込んでおり、
   氣使いの初歩から習得できない(具氣、練氣などしようものなら爆発する)
   数年に渡る鍛錬の末、強引な擬似放氣「蒸氣」を習得している。
   蒸気の側面も持つため、半ば強引に蒸気機巧の稼働も可能。
   まるまる携帯機関を省略できる。

   【血】
   鬼の側面を持つ爆燃性の血。
   衝撃や火を近付けると爆発的に燃焼し、「灼熱」を起こす。
   蒸気武器の機巧を携帯機関をまるまる省略し、超高出力化が可能。

   【鬼】
   血鬼。炎属性。生き血を啜るけったいな鬼。
   生気があれば肉でも血でも何でも良い。屍鬼や吸血鬼、夢魔と一緒で嗜好の問題。
   真紅の場合、基本的に鬼としての食事を取る必要はないが
   血を失い過ぎると鬼の側面が強くなり、それとなく飢餓欲求を起こす。
   食すれば乾きと焦熱を一気に回復できるが、本人は拒否。立ち振舞いは人で居たい。
   これまで事故に近い形で一度しか吸血したことがなく、トラウマで封印している。

- 戦闘能力 -
+...
総評:暴風めいた移動から繰り出されることごとくが必殺という
   疾さと強さを併せ持つ短期決戦タイプ。
   その分、稼働時間に制限があり、長期戦・連戦は苦手。

CL:B(S)/A(S)
SL:C(S)/B(S)
ML:D(A)/C(A)
LL:D(B)/C(B)
耐久:B      防御:B     筋力:C(S)  知覚:A(A+)
速度:B+(S+) 機敏:A(S+) 空中:C(B+) 経験:B

【固有スキル】
+灼熱耐性:炎系に対する耐性。幻想種の炎に耐えるほどの高耐性。
-過熱不全:戦闘時間は3分。
±変温特性:熱系に対して戦闘時間が増減する。
      高熱であれば減少し、冷却であれば増加する。
±小半幻想:1/4だけ幻想種。
±吸血衝動:血を始めとするエナジードレイン。過熱・貧血などデバフの解除。
      本人が吸血を嫌うため、使用できない。

【技】
  • 血氣咲環 ≪けっきさかん≫
 躰を巡る血氣を使った体躯強化。循環する氣を活性化させる、ギアセカンド。
 速度・膂力に特化した豪速戦闘が可能となるが、
 負荷が高く、異常に発熱するため、稼働時間は約3分と短い。
 更に「赫式蒸氣」を使うと冷却水代わりの血も失うことになるので、更に稼働時間は狭まる。
 └奥ノ手「血痕逸鬼≪けっこんいってき≫」
  鬼化。半覚醒。片ツノが生え、片方の瞳は白黒反転し、金眼化、半身に錆色の模様が浮き出る。
  「膂力狂化:SS」「幻覚無効:A」「判別不能:B」が付与される。
  一頻り破壊し尽くすか、池にでも鎮めると収まる(池は蒸発)

  • 赫式蒸氣
 赫蒸氣≪せきじょうき≫とも。
 専用の噴氣孔より爆燃気化した氣。いわゆる蒸氣を放出する。
 即発性にもかかわらず、大技以上の火力を持つ。お手軽メルトバースト。
 爆発力と貫通力に特に優れており、
 相手に叩きつける乙型、ブーストや空中大旋回に利用する甲型など細分化されている。
 使い過ぎると貧血になる上に戦闘稼働時間が減る。


【装備】
機関刀「紅椿」:副隊長以上に配布される、真打ちと呼ばれる機関刀。
        ただ、真打ちと云えど性能は平凡。短刀化しているだけで、蒸気噴出機巧なども数打ちと比べ据え置き。
        本命は、自らの赫蒸氣を通した際の大火力化。
        そのため刀身への負担が大きく、刃毀れ、折れる、内部から拉げるなど、すぐダメになる。
        量産と性能が一緒なのは。取り回しコストと整備性重視しているため。

蒸気銃「短筒」:量産型の蒸気銃の中で、白兵戦を考慮した短筒タイプ。
        気圧効率が良く連射が効くが、その分射程も短い。
        彼女の場合、クナイもあるので使い分けが肝要。

苦無     :普通のクナイ。斬撃投擲何でもござれ。
        何本か保持している。

携帯機関   :腰や背中に佩用する、大圧力の蒸気機関。
        ケーブル接続した武器に蒸気を供給し、蒸気機巧を可動させる。
        真紅の蒸氣で機巧稼働できるため、普段は持ち歩いていない。

- 寺薙衆 -
ウラガの護り手「鼎」参照。
三番隊 副隊長。
先手殲滅の斥候部隊である蒸忍。
熱烈片思い中の”お館様”の名を受け、セントラに偵察にやってきた。

  • 御館様
寺薙衆元締め。
長髪、細目の優男。早くして亡くなった先代の代わりに頭領を務めている。
冷静、二枚目、温和、戦闘の達人とあって人気も高い。
(それはもう非常にライバルが多い)
+...
+...
…熱烈片思いと言うが、恋ではなく盲目的な崇拝に近い。
 拾われた恩と、自らの価値を認めてくれる依存からくるもの。
 彼の価値と言葉が全てで、鬼と蒸氣の力を習得するため、数年に渡る拷問めいた修行を貫いた。
+...
…実際は國の武力化と他圏制圧を推し進める極右の悪巧者。
 真紅のことは、その怪異な”異能”と命令忠実さを買っているが
 野望成就のためによる、矢避けの駒にしか考えていない。
 今回の任務も、死んだら代わりがいる。



  • 綴だよ
  • 和風スチパンだよ
  • 手癖性格。おっと小鳥遊?
  • 見た目は孫尚香と無名かな?
  • お館様は(綴は)キャラ化の予定なし!
  • 情報フルオープン!