黒崎一護(虚化)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


キャラの特徴

防御力は低めだが、一護より攻撃力・機動力が上がっている。
ノーゲージで強力なコンボが出来るキャラ。
表一護に比べると各種必殺技等が軒並み弱体化している
ハイリスクハイリターン!…リスクの方が少し高い気がする。

通常技


立小 リーチは短い
立中 一護とかわらない
立大 一護とかわらない
屈小 連打も効き出も早く使いやすい
屈中 リーチが長い。起き攻め、牽制に有効
屈大 エリアル始動技
J小 連打が効き、使いやすい
J中 出も早く前方と下範囲を大きくカバーする
J大 上方向に判定が強い。エリアルの締めにつかえる

必殺技

26
刀を投げ飛ばす 遠すぎると一発しかあたらない ニ発目はダウン。

426
突進技。ほぼ画面端まで突進する。小・中・RFどれでも決まれば、そのあとエリアルコンボに繋げられる。

626
途中から中段が混ざる エリアルの締めに。

28
白い霧を前方に放つ。ダメージは0。相手を拘束する技として使う以外、あまり使い道が無いかも。
RF版を起き攻めに使うと相手のガードを崩しやすい

22
自分を中心に光の柱を発生させる。タッグでエリアルを決められている仲間の救出に使いやすい。
ひゃあ!

超必殺技

2626
斬月を円状に振り回し、最後に前方に叩きつけて吹き飛ばす。吹き飛ばした後は壁コンを狙う事が可能。
当たると長い時間拘束でき、判定が背後にもあるので裏回りカウンターされにくい。最後の叩きつけが当たらないと、大きな隙が出来るので注意。
主に画面端でのコンボに使うか、426からの繋ぎに使う。ヒット数が多いため、コンボ補正がかかりやすい。この技を連続で決めるのは、せいぜい2回までで止めた方がいい。
2426
威力は低いが出が物凄く早く、自分を中心に柱が左右に走っていく。四人戦での暴れや、タッグでの仲間の救出に使える。

6426
卍解技。一護の卍界と性能は変わらない。発動中はスーパーアーマーで防御&歩き不可能。霊力回復速度が通常よりも早くなる。発動終了すると、大きな隙が出来る。
小以外の攻撃に全て黒い斬撃の飛び道具が付く。地上26+攻撃ボタンでほぼ画面半分まで届く、黒い斬月を放つ事が可能。当たった相手はダウンする。この攻撃はタッチパネルでも放つ事が可能。
コンボ補正がかかりにくいので、瞬歩を使ったコンボを決めると、絶大なダメージを与える事が出来る。終わった後に隙があるので、相手の止めを刺すとき以外では、あまり使わない方が良い。

定番コンボ


屈大>J小×N>J中>J小×N>J中>626

立小>立中>屈中>斜め上瞬歩>J中>J大(×霊力中枠)>小426>エリアル
立小>立中>屈中>斜め上瞬歩>J中>J大(×霊力中枠)>2626>エリアル

立ち回り

基本的に通常技のJ中と大を基本に、高い機動力を生かして戦う。一護よりも火力が高めに設定されているので、一度技が刺さったら、そのまま霊力中枠を全て使ったコンボを決めるだけでも、超必を絡めたコンボ級のダメージを叩き出せるので、チャンスは逃さないようにしたい。
逆に防御値は通常キャラより低く、通常を100とした場合、一護(虚化)はおよそ62パーセント。ワンコンボ食らっただけでも相当減らされるので、一護のように無理やり攻めるような事は危険。
通常火力が高いので、超必を使わなくてもダメージは取れるので、霊圧ゲージは基本的にDCに注ぐほうがいい。超必はコンボに2626を使う位がちょうどいいだろう。

vs対策

動きが速く、一護と変わらない強さのJ中と大があるので、空中戦を挑むのはあまりよくない。火力が高いので、キャラにもよるが、基本的に霊圧はDCに注ぐ様にしたい。
地上歩きも思いのほか速いので、そこからいきなり投げが来たりする場合がある。危険と思ったら、投げ抜けするか、ためらわずに瞬歩・特殊移動で距離をとるようにしよう。この際、一護(虚化)は強力なRF技を持っていないが、RF426で潰された場合、かなり危険。読まれてないように気をつけよう。
防御値が低いので、チャンスが来たら迷わずコンボを決めよう。超必でダメージを一気に奪えるようなら、ためらわずに使っていってもいい。
チャドや白哉の様な優秀な特殊移動潰しのRFがあるなら、それを適度に出すだけでも、相手にとってはプレッシャーになるので活用すべし。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。