砕蜂


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


キャラの特徴

機動力・瞬歩性能共に夜一に匹敵する高機動力キャラ。火力も高めである
部下を召喚する技などを持ち、相手を一撃死できる技を持つなど、おもしろいキャラでもある。

通常技


立小 発生は早いが、一部のキャラにはしゃがまれると当たらないので注意。
立中 前進しながら攻撃。移動距離は1キャラ位。前進する分後の攻撃に繋げ易いので積極的にコンボに組み込もう。何気に背中と横腿の素肌が見える。エロい。
立大 刀で切り上げる。エリアル始動技。対空にも
屈小 立小よりもわずかにリーチはないが、気になるほどでもない。
屈中 屈んで蹴りをする。何気にダメージが大攻撃と同じ。
屈大 スライディング。移動距離はズームイン状態画面で大体半分。ダメージが何故か6と中攻撃クラスになっている。屈中とダメージを間違えたのだろうか…?
J小 下方向に判定がある蹴り。連打が効き、斜めJの昇りに出せば、相手の屈ガードを崩せる場合がある。
J中 横と下に判定のある蹴り。見た目よりも判定が強い。上には判定が無いので注意。発生中は神々しい背中を拝む事が出来る。
J大 横と下に判定のある蹴り。相手をたたきつける事は出来ない。中とほぼ同じだが、出た後の硬直が少し長め。発生中は砕蜂様の脇を拝見出来る。

必殺技

26
空中専用技。J小のモーションで斜め下へと落下しながら攻撃する。標準的なキャラだと、小で3ヒット、中・RFで7ヒット以上する。
相手にガードされた場合、2ヒット目で跳ね返り、着地まで完全制御不能状態になる。
超低空で上手く出すと、跳ね返ることなくそのまま着地する事が出来る。

426
蹴りをしながら真横に向かって突進する。小で出しても、思いのほか隙が少ない。小と中・RFでは相手にガードされた場合の間合いの位置が異なる。
主に、超必キャンセル始動コンボの為にに使われる事が多い。
RFで決めると、相手が空中に吹き飛ぶので、エリアルを狙う事が出来る。
特殊移動潰し性能は、砕蜂の中ではこれが一番使いやすい。

626
「あまい!」のセリフとともに斜め上に蹴りをかます。RF以外で出した場合、長い硬直時間があるので、4人戦では気をつけて使おう。
主にエリアルの締めに使い、ダウンを奪うのに役立つ。

28
該当技無し

22
「のがさん!」のセリフと同時に刀を地面に突き刺す。その後時間差で部下が蹴りをしながら落下し、最後は爆発して消える。
起き攻めに使えなくはないが、攻撃発動までが遅いので、あくまで相手の動きを拘束する意味で使うあたりでとどめた方がいい。
砕蜂自身がダメージを受けると、部下は消えてしまう。
4人戦では、ボタンによって狙う相手を選ぶ事が出来る。

超必殺技

2626
前方に突進しながら乱舞し、最後は切り上げて相手を浮かせる。立ちガード不可。
決まった場合、最後に相手が浮くので、そのままエリアルを決める事が出来る。
突進速度と発生が早いので、相手の僅かな隙に差し込む事も可能。

2426
22の強化版。時間差で部下が降ってくるが、22のときとは違い、爆発せず、4人1セットの攻撃を3回行う。
発動中に砕蜂がダメージを受けると、技は中断される。
発生は早いものの、出した後に僅かな隙があるので、ガードキャンセルには向かない。

6426
背中を見せながら構え、その後に前方に向かって突進する。画面端から端まで攻撃は届く。
当たると相手の足元に紋様が浮かび上がる。その状態でもう一度同じ技を当てると、相手の魂魄値に関係なく即死させる。
発生が遅く、ガードも可能なうえに、相手を即死させるには同キャラタッグでないかぎり、6ゲージ必要という、今作中最大のロマン技である。
6ゲージをこれに使うのなら、普通にDCに注ぐか、別の超必に使った方が間違いなくいい。
砕蜂の背中と横腿を長く見続けたい人には必須の技である。

定番コンボ

  • 立or屈小→立中→屈中→屈大→特殊移動(霊力枠×)→小→立中→立大→エリアル
  • 立or屈小→立中→屈中→屈大→特殊移動(霊力枠×)→426小→2626→エリアル
  • 426小→2426→2626→エリアル
  • J小→26小→繰り返し(永久コンボなので、自己責任で)

立ち回り

高い機動力を生かし、相手をかき回しながらコンボを狙う。定番コンボに超必2626を加えると、安定した火力を叩き出せる。
相手の攻撃を凌ぐ場合は、頃合いをみて瞬歩で裏回りカウンターを狙うなり、上空へ逃げるなりしよう。何気にしゃがみ状態の当たり判定が標準キャラよりも若干小さいので、それが有利に働く事が多い。
相手のガード崩しに投げを使う場合、その後の追撃はJ小にしないと繋がらないので注意。また、タイミングがずれると繋がらないので要練習。
相手のダウンを奪ったら、起き攻めに22をするか、上下二択を迫るかはお好みで。
相手の屈ガードを崩せない場合、瞬歩を使ったJ中orなんちゃって瞬歩の中を使っていこう。
なお、難しいようなら、地上で26と入力しながらジャンプし、その後に小ボタンを押すと低空で26を出す事が出来るので、こちらを活用するのもおすすめ。

vs対策

相手の動きの速さに翻弄されないようにする事。砕蜂の通常攻撃のリーチはさほどあるわけではないので、リーチが優っているキャラでいくのも悪くない。
起き攻めに22を使ってくる場合は、無理せずにガードするか、特殊移動するなりで距離を離せば怖くはない。
2626をガードした場合、上手くガードキャンセルを狙うのもいいが、立ガード不可という性能のため、失敗して食らってしまうような事にならないように練習しておくべし。
また、一回のコンボで食らうダメージが高めなので早め早めにDCも使っていきたい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。