※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

各ルート紹介(初見の人向け)

大まかな特徴を書き綴ってみます。主観が多分に混じると予想されるので、気になる点があればご自由に改変して下さい。
なおB-4,B-10、B-18は途中まで採用作品が同じなので、
各ルートの特徴が出るのは分岐が起こる中盤以降と考えてください。

ルートB-4

私が思うにこのルートの最大の特徴は、他ルートとの関係性がある、という事である。
一例を挙げると、他ルートでの記憶を持っているキャラが存在しており、展開に大きな影響を与えている。

ルートB-10

恐らく一番リアリティがあるルートであり、戦いも最も現実世界に近い感じで行われている。
またこのルートをメインに書いている人の影響から、原作バトロワに一番近い文体となっている為、
原作バトロワ好きな方は必見である。
最近は1話で2人以上が死亡する話が多く、このルートの名物とも成りつつある。

ルートB-18

最も早く完結したルート。能力制限が比較的緩やかで、異能力を活かした戦いが行われる事もある。
多くのキャラが一つの場所に集まり、激戦を繰り広げる大戦が頻繁に起こっており、B18最大の見所でもある。
比較的ガチバトルが多いと思われるが、疑心暗鬼やギャグも点在している。
また原作が原作なだけにカップルも多く成立している。

ルートD-5

異能力制限が全く掛けられていないルート。
また大抵の超展開は許容されるルートの為、神殺しのU-1や、性神など、常識外れの化け物がウヨウヨいる。
エロ・ホモ・レズあり。あらゆる意味でカオスであり、先の展開はまず予測不可能だろう。
最近は熱い超人対決も増え、文体・文章力共に高レベルとなってきた。
いよいよ砧夕霧防衛戦も終盤に突入、神塚山山頂付近に最強のメンバーが集結してすごいことになっている。
|