リューネ騎士団の竜騎士。防御の指揮に定評があり前線指揮官として配下を率いて粘り強く戦った。
 アルティナとスヴェステンの死後、都督代に推挙を受けたセレンを支持し譜代としてそれを強く支えた。しかし、リジャースド率いる流賊団がリュッセルに雪崩れ込み、そこに暴政を敷いた時より歯車が狂う。故郷の同朋の悲鳴を聞きリュッセル奪還を激しく主張するミシディシとあくまでラクタイナの討伐を優先させるセレンは激しく対立、袂を分かつ。このミシディシの離反により同騎士団は大きく戦力を減衰させる結果となってしまう。

  • ディフェンスに定評のあるミシディシさんであった。 -- 名無しさん (2009-12-26 18:20:18)
  • 池上www まぁ本人も防御と魔法抵抗高めかつリーダースキルに防御&魔法抵抗UPがあってついでにディフェンス、レジスト、リカバーもあるからな。スカイドラゴン率いさせると実際結構粘る。 -- 名無しさん (2009-12-27 12:47:08)
  • 細かいことを言うようだが普通「譜代」っつったらセレンが都督代になる前からセレンの家に代々仕えているような立場の人を指すと思われる -- 名無しさん (2009-12-27 20:27:31)
  • あ、セレン家の譜代じゃなくて騎士団=アルティナ家の譜代の家出身って意図です。セレンは都督「代」で暫定的な取りまとめでしょうし、騎士団そのものはやはりアルティナの家に仕えているのではないでしょうか? で、譜代の家出身なので騎士団内にそれなりに影響力があり、実力はともかく過去の経歴的に立場の弱いセレンを支えましたよ、という意図でした。セレンに対し、こいつならきっとやってくれる! と見込んでバックアップしていたのだけど、その故郷を見捨てる選択にはついていけなくなり離反した、と。 -- 投稿者 (2009-12-29 08:24:09)
名前:
コメント: