※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PvP、要塞

基本ステ

とりあえず組むならばXA255・Mは聖杖装備条件・F64~・残りIで取っておけば、格上装備以外にはまず負けない。
要塞の攻めのみ極FMも有効。回避に自信がない場合は一つの選択肢になる
【I】初期値でも困ることはないが、伸ばせばIM火力の底上げができ、クリティカル率も上がる。
【F】バリレジのお陰でHP約2倍と考えれば、恩恵が他キャラより大きい。伸ばせば他キャラにとって即死級の攻撃もかなり耐えられる。
【M】聖杖装備分~陣消しで取る。陣消しには高レベル聖杖が必要
【XA】素カン(255)が基本。ここを削って他のステにまわすスタイルは特殊なので、独自の装備や戦法を見つけなければならない。

基本装備

サンスルリア実装後は、火力とクリで押し切る戦法が主流になった。

【兜】最低でも法師の宝冠↑
【鎧】ローブ、軽鎧 アビは魔耐が使いやすい
【杖】245↑聖杖、追憶or蒼穹魔杖
【腕】245護符
【顔】I20↑京劇仮面、
【体】聖羽、きつねしっぽ、アルファ
【手】ダイリン
【足】法師靴、インクリ品幸靴
【エフェクト】I11↑虎魂                                                                              【アーティファクト】最低でも信仰のあかし↑
【称号】影の実力者、デリンセヒル地下2階の征服者
【ペット】Lv1は生命、Lv2は集中。Lv3は2次スキルとの兼ね合いで決める。あたりまーす&強打か、2次スキル未習得&急襲がよい。

 

PvP

装備

火力・命中・回避装備を任意で組みあわせる。相手や状況に合わせて換装するとなおよい
魔防・物防・殴り装備も持っていれば役立つことがある。

【火力】
IM一発500~600ダメージ程度(相手のHPの5%+ステDEF値以上)を出せば命中時スキキャンを取れるので、相手の行動を大幅に制限できる。
火力特化すれば、装備次第では陣消し魔キャラも押しきれるだけのダメージが通る。

【命中】
3割程度の命中率を確保できれば、HP回復と凍結解除を同時に要求し相手のPOTディレイを潰せるため強力。
相手凍結時や相手HPが削れているのを読んだ時に、命中装備に換装する戦法も有効。
命中装備をもってしても上限回避を取られる相手には、IMの回転率&火力上昇装備でIM事故待ちした方が有効

【回避】
回避特化すれば、スーツ装備キャラと同じくらい被弾を抑えることが可能。
テチは手数が多い上に急襲より発動率の高いあたりまーすを持っているので、大抵の回避合戦は圧倒的にテチ優位。
かすったIMで相手が凍ったら、1~3部位を命中装備か火力装備に換装すると効果的に止めを刺せる。

  

以下の装備は汎用性は低いが、特定の状況下で役立つ。ネオテシス系装備が多いので、入手には資産よりも根気が必要。

【魔防】
魔防特化すれば大体のIFM型の急襲に耐えることができ、またAWでIFM型やFMX型を撃破することができる。
しかし命中と回避が悪いため、白魔法が必中しない相手には不利。対FM系装備と考えてよい。

【物防】
追憶のプレートアーマーが必須。加えて追憶騎士の兜、篭手、靴から2点は欲しい。
X特化マキシや急襲狙いシベなど、物理攻撃で押してくる相手に有効な場合がある。
魔剣マキシや追憶武器ステナヤなど物理火力が低めの相手に対して決め手を封じることもできる。
MRが極端に低いため、魔法の詠唱速度(ひいては攻撃性能)が下がるのが欠点。

【物攻】
追憶や蒼穹の戦杖が必須。加えて虚無僧笠、西遊記腕輪、聖羽があれば充分。
IMX型や権利ジョシュや狩りステテチのような、魔テチでは本来苦戦する相手に有効。ステSHが初期値でも乱打で大ダメージを与えることができる。
追憶同士、蒼穹同士の魔杖と戦杖が同時にインベントリにある場合、クイックスロットからの換装に失敗することがある。
そういう場合は、使わないほうをペットかばんにでも保管しておくとよい。

 

万能解除

パララ、スタン、麻痺、スリーピング、IMの凍結は万能薬をタイミングよく使うことで解除される。
解除のタイミングはスキルによって異なるが、大別すると「スキルモーション開始時」「スキルモーション終了時」のどちらかとなる。
大雑把に言えば、一定確率で起こる追加効果やエンチャが前者、当たれば100%状態異常がかかる異常専用スキルが後者。
細かなタイミングは、PCのスペックとの兼ね合いが大きいらしい。
条件は不明だが、状態異常の発生タイミングによっては目押し不可能な場合がある。

パララ:「ビリリ」という効果音が鳴って一瞬後くらい。コンボなしパラだとさらに一瞬遅めに。目押しは麻痺のマークが出た瞬間

スタン・麻痺:クリティカルで画面が赤くなった瞬間。ミラのバイトは被弾と同時くらい。コンボスタンは4段目のモーションが終わって5段目のモーションに入った瞬間。

スリーピング:発射音と同時くらいか一瞬遅め。

IM凍結:詠唱終了直後。目押しは自キャラが青くなった瞬間、あるいは凍結マークが出た瞬間。

エンチャ:前ディレイ終了直後。モーションに惑わされず、相手の詠唱陣が消えたタイミングを見極めよう。

春風解除

エンチャ凍結、フリーズ凍結は万能薬で解除することができない。かわりに春風で解除可能。
グラシアによる移動禁止も春風でのみ解除可能。グラシアの移動禁止は異常アイコンが出ないので、ログを注意深く見よう。
IM凍結は万能でも春風でも解除可能。

 

引き撃ち

ターゲットシステムを使えば、コンボを切らさないまま移動→通常→スキル使用→移動が簡単にできる。
ここで距離を取るように移動すれば、テチはコンボがつながるが、近接攻撃キャラはコンボが中断される。
状態異常付きの通常攻撃やコンボスタンを使ってくる相手には有効なテクニック。
移動を挟まない最速コンボIMよりは連射力が劣るので、相手によって使い分けるとよい。

 

 

スキル

【IM】
絶え間なく乱射する。IMダメージが通る相手は全てIMのみで勝ちうる。
仮に回避上限を取られていても80%の確率で1発以上命中する(あたりまーす・急襲別)のでよくかする。

【パララ・フリーズ・コンボスタン】
FM型相手の拘束用。IMが通る相手にはIMで充分。
春風でしか解除できないフリーズと万能でしか解除できないパララを組みあわせて相手の解除ミスを誘う。
1種類の状態異常で拘束に成功しても、Recover対策のために複数の状態異常をかけるのが定石。
フリーズの凍結とIMの凍結で耐性バグが起こるので注意。

【HB・AW】
拘束→HBまたはAWで削り→AWクリティカルで仕留めることができる。
ただし一撃で相手のHP3割以上のダメージを出さなければならない。
段数が1段になるが、Lv5にすると単発の威力が最大となる。Lv10と5を相手に合わせて調節しよう。

【キュアー】
POTディレイに状態異常を差し込まれても、先手を打ってキュアーを自分にかけることで解除できる。
レベルを下げても効果は変わらないので、ディレイの短いレベル1を使うとよい。
おそらく万能薬と同じ効果のため、エンチャ凍結など一部の状態異常は解除できない。

【リカバリー】
ディレイと回復量のバランスを考慮し、スキルレベルを13~20あたりで調節するとよい。
POTディレイ無視でHP回復できるため、アンデ状態でHPを減らされても万能とリカバリーを駆使することで復帰できる。

要塞戦

準備

放射能のお守りは攻めなら30個程度はあった方が良い、防衛でも持っておいた方が事故を防げる。(地雷探知機はNG)
ワイドブレスやサンライズを連射するため、MP回復アイテムを持っておく。グラシアの移動禁止はキュアーでも解除不能のため、春風が必要。
クラブ保護を必ずかける。(補助をかける側とかけられる側にお互い保護がついていなければ、補助がかからないと思われる)
要塞ワープカードは必須。攻めで復帰時に動けなくなる(グラシアを受けていないのに移動できない)バグがあるが、要塞カード使用で解決できる。守りも門放棄時に素早く石防衛につくために必要。
スキル最小化・ペット非表示などで少しでも軽快に動けるように設定しておくとよいかもしれない。

 

装備

基本的には回避特化または命中特化が有効。自分の役割に応じた装備を選択するとよい。

【回避】
他キャラにもブレスがあるので物理回避力は他キャラと変わらないが、ステMRが高いので魔法回避は高い部類。
生存力・異常耐性が高く、補助配り・ヒール・石門破壊を妨害されにくいため、これらの仕事に向いている。
命中に関してはアドバンテージが小さいので、暗黒エンチャ、ヒール砲、換装、あるいは対人以外の仕事に徹することでカバーするとよい。

【命中】
ローブとサンライズの高命中で、ブレスのかかったキャラにも攻撃を当てていける。しかし回避が低い。
補助配り・エンチャ付きサンライズによる足止めが主な仕事になる。
乱戦時はサンライズで足止めされたりロルハで飛ばされたりしやすいので、位置取りには気をつけよう。

 

スキル

【補助】
最優先。隙があれば随時かけ直しておいた方が安定する。キュアーも味方に使用可能なので、味方の凍結解除などもできる。

【ヒール】
防衛では石門修理に必須。ヒール要員の数=石の耐久性と言っても過言ではない。
極FMは防衛時にはヒール砲で対処することが望ましいが、攻めでは無視したほうがよいかもしれない。

【サンライズ】
7hit、スキル範囲24×24。命中もIMより高い。エンチャントがついていれば広範囲の敵に対して高確率でエンチャントを発動できる。
威力は皆無だが、エンチャント発動に関して優秀なスキルであり戦略的価値が高い。習得している場合はIMより優先的に使う。

【IM】
冷気エンチャの際は耐性バグに注意。必要に応じてLBなどに切り替えるとよい。暗黒エンチャの場合、PK性能は最強クラス

【HB・AW】
Iが低ければ、攻めで門や石、神獣に撃つと良い。
HB→Lv5AWでFMを倒すことも一応可能ではあるが、止めを刺すにはかなりの時間がかかるので、戦略的には好ましくない。

【パララ・フリーズ・コンボスタン】
極FMの足止め。しかし、ほぼ使わない。

 

攻め

サンライズ、補助、石門削り

敵の集団に向けてサンライズを撃つと効果的。

守り

補助、石門ヒール、サンライズ、PK、ヒール砲

防衛では役割が多い。

石や門にバリレジをかけることが可能。必ず使っておこう。

未覚醒でサンライズが使えない場合は、回避装備で補助やヒールに専念するか命中装備で暗黒IMを撃つ。

ヒール砲は防御特化ステを最も効率よく倒す方法。味方にアンデ使用者がいる場合は選択肢の一つなので、味方と相談しよう。

足が遅いので、石や門から遠く離れるような遊撃には向かない。