※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Spirit Kings

 4体のボスとランダムな順番で戦うことになる。
 同時に2体以上と戦うことはないが、1体倒す毎に能力を一つ残していくので、後に戦うボス程厳しい戦闘になる。

Qiang the Merciless


 Qiangは3つの能力を持つ。

Flanking Orders

  この能力はQiang撃破後も使用される。
 アリーナの縁に、横一列に並んだMogu Warriorsを呼び出す。
 Mogu Warriorsはそのまま真っすぐアリーナの反対側まで突き進み、正面4yard以内に立ち入ってしまうと500kダメージを受ける。
 Qiangと戦闘中、40秒毎にこの能力を使用し、Qiang撃破後は75秒毎に使用する。

Massive Attack

 数秒ごとに頻繁に使用。正面に800kのスプラッシュダメージ。

Annihilate

 40秒毎に使用。3秒間の詠唱後、正面コーン型の範囲内にいるプレイヤーに150万ダメージ。

Strategy

 Qiang自体との戦闘は非常にシンプルなTank'n'Spankとなる。
 全員がタンクに重なって戦い、Massive Attackのダメージを散らす。
 AnnihilateやFlanking Orderが来たらタンクが率先して逃げる方向を確定させ、他のレイドメンバーはタンクを追う形で逃げる。
 特にFlanking Orderは召喚中もMassive Attackを使ってくるので、バラバラに逃げるとWipeの原因となる。

Zian of the Endless Shadow

 Zianは以下の3つの能力を使用する。

Undying Shadows

  この能力はZian撃破後も使用される。
 ランダムで選ばれた対象一人の場所にUndying Shadowを召喚する。
 召喚されたUndying Shadowは一番近い(つまりはランダムで選ばれた)プレイヤーを追いかけまわし、毎秒30kのダメージを周囲10yに撒き散らす。
 Undying Shadowが破壊されると、そこにはVoid Zoneが作られる。
 Void Zoneに踏み込むと毎秒30kのダメージを受ける。
 Void Zoneは30秒かけて段々縮んでいき、完全に縮んだところで再びUndying Shadowに変化して近くのプレイヤーを追い掛け回すようになる。
 2回目のVoid ZoneはUndying Shadowに変化することなく、そのまま消滅する。
 Zianはこの能力を40秒毎に使用し、撃破された後は85秒毎に使用する。

Shadow Blast

 数秒毎に使用。ランダムで選ばれたプレイヤーの周囲8yardに100kのダメージ。
 インタラプト可能。

Charged Shadow

 ランダムで選ばれたプレイヤーに100kダメージ。
 更に、そのプレイヤーの周囲8yard以内にいるプレイヤーにチェインしていく。

Strategy

 必要のない限りは8yard以上散開して戦う。
 Shadow Blastはローテーションを組んで全て止め、Charged Shadowはそのまま回復させる。
 Undying Shadowに狙われたプレイヤーはアリーナの端の方に逃げ、Void Zoneを変なところに出さないように務める。
 DPSも全力でUndying Shadowを攻撃すると、ボスの近くで倒してしまうことがある。これもまた注意し、避けること。

Meng the Demented


 Mengは他のボスと違い、Insanityというリソースを持つ。
 Insanityは毎秒2ずつ増え、100になる毎にリセットされる。その際、CrazedとCowardiceのパッシブ能力が切り替わる。

Crazed

 Mengの攻撃力が現在のInsanityのスタック数 x 2%上昇。

Cowardice

 Mengに与えたダメージがInsanityのスタック数 x0.5%跳ね返ってくるようになる。最大50%リフレクト。

 また、戦闘中に以下の2つの能力を使う。

Maddening Shout

  この能力はMeng撃破後も使用される。
 レイド全体に影響。全員が他のプレイヤーを攻撃できるようになってしまう。
 解除されるまでは全員に65k/3秒のダメージが入り続ける。
 全員が40000のダメージ(LFRだと20000)を他プレイヤーから受けた時点で解除される。
 Mengは50秒毎にこの能力を使用し、撃破された後は85秒毎に使用する。

Crazy Thought

 Insanityが10上がる。インタラプト可能。

Strategy

 基本はTank'n'Spankだが、Maddening Shoutを適切に処理しなければならない。
 Maddening Shoutを受けたら全員一箇所に固まり(理由がなければ集まっておいても構わない)、
 予めアサインされたプレイヤー二、三人がAEをレイドに当てることで一気に解除するのが手っ取り早い。
 何らかの事情で集まれないプレイヤーがいる場合には、そのプレイヤーに個別にダメージを与える必要がある。
 ちなみにMaddening Shoutはマインドコントロールではない。
 そのため、AEアサインされていないプレイヤーはそのままボスに攻撃したり、ヒールできる。

 また、Insanityの管理として、Insanityが低い時はCrazy Thoughtをインタラプトして低Insanityをできるだけ維持し、
 Insanityが高い時はCrazy Thoughtをインタラプトせず高Insanity状態を早めに終わらせることが推奨される。
 概ね60 Insanityあたりを基準としてインタラプトする/しないを決定すればいいだろう。
 Crazedの高Insanity状態ではタンクへのヒールを厚めにしなければならないことや、
 Cowardiceの高Insanity状態ではDPSを止めなければならないこともまた重要である。

Subetai the Swift


 Subetaiは以下の3つの能力を使用する。

Pillage

 ランダムで一人にチャージし、周囲8yardのプレイヤーにPillagedのDebuffをつける。
 このDebuffは15秒継続し、Dmg/Heal Doneを50%下げ、更に被物理ダメージが50%上昇する。
 Subetaiはこの能力を40秒毎に使用する。

Volley

 正面に3回範囲射撃を行う。
 範囲はコーン型だが、撃つ度に範囲が狭くなり威力が上昇していく。
 1発目は100kダメージ、2発目は200k、3発目は400k。

Rain of Arrows

 ランダムで一人を選び、矢の雨を降らす。
 対象地点8yard以内にいるプレイヤーはPinning Arrowによって地面に縫い止められ、スタンしてしまう上に毎秒30kのダメージを受ける。
 この効果はPinning Arrowを破壊すれば解除できる。

Strategy

  この能力はSubetai撃破後も使用される。
 基本的に全員8yard以上散開し、PillageとRain of Arrowの被害を最小限に抑える。
 Pillageを受けたプレイヤーはVolleyのダメージも増えるので、注意深く逃げる必要がある。

全体を通してのStrategy

 上記のように、Spirit Kingは1体1体の対処だけなら非常に容易なエンカウンターである。
 しかし、戦闘が進むにつれて対処が必要な能力が増えてしまう。そのため、全体の流れは戦う度に変化する。
 Bloodlust/Heroismのタイミングもレイド構成とボスの出現順で変わる。
 最も難しいボスが四体目とは限らず、早く終わらせたいボスを速やか倒すといった使い方が考えられるからである。

Flanking Orders after Qiang's Death

 Qiang撃破後はタンクにスタックする必要が無くなる。なので、各人がそれぞれMogu Warriorを回避すればいいだけで対処は容易。
 もしUndying Shadowの残したVoid Zoneが逃げ道にある場合は、踏んでしまっても構わない。
 ダメージは毎秒30kとそこまで致命的なものではないからだ。

Undying Shadows After Zian's Death

 Undying ShadowsもZian戦闘中と同様に処理すればいいわけだが、問題は何らかの理由によりレイド全体がスタックしている場合である。
 この場合、DPSはUndying Shadowを即座に倒すのではなく、狙われたプレイヤーがShadowをレイドの外に引っ張っていくまで待つこと。
 仮にレイドの真ん中にでてしまった場合でも、そこまで致命的にはならない。
 Void ZoneのダメージはHeroicでさえ毎秒60kであり、Normalならその半分である。速やかにタンク位置を切り替えればそれで済む。

Maddening Shout After Meng's Death

 散開したままMaddening Shoutに対処することは困難であり、使われた場合は一箇所に集まることになる。
 Qiangと戦っている時であればレイドは基本固まっているのでほぼ問題にならないが(ただし、全体のHealthが削られるのでそれには注意)、
 ZianやSubetaiと戦う時にはMaddening Shoutを使われた時のみ集まる必要がある。

Pillage After Subetai's Death

 Pillageは最も対処が容易な能力の一つである。
 単純に8yard以上離れていれば被害を最小限にできるからである。
 この能力が問題となるのはQiangとの戦闘中とMaddening Shout使用中のみだが、それでもスタックすることを躊躇してはならない。 
 スタックを失敗することの方がPillageをスタック中に食らうことよりも遥かに痛手となるからだ。

Heroic

Normalとの違い

 ・出現順がQiang→Subetai→Zian→Mengで完全固定化。
 ・全ボスにスキルが1つずつ追加。
 ・前のKingのHPが30%になると次のKingが動き出す。
 ・幾つかのスキルが強化される。
  Flanking Order→2列出現する
  Volley→2段目から致命傷になりうるダメージを受ける

追加スキル

Qiang - Impervious Shield

 自身に付いているDebuffを全て消去した上で10秒間カウンターバリアを張る。張られている間に攻撃するとMassive Attackで反撃。
 Mass DispelかShattering Throwでのみ安全に破壊できる。単体Dispelは反撃を誘発する。

Subetai - Sleight of Hand

 8秒間カウンターバリアを張る。張られている間に攻撃すると、DPS/Heal/Armorが半減するDebuffが30秒つく。
 Dispelできないが、この間はスタンが効くようになる。スタン中は反撃できない。

Zian - Shield of Darkness

 10秒間カウンターバリアを5スタック分張る。張られている間に攻撃すると全体に約300kダメージ。
 Dispel可能。

Meng - Delirious

 発動中、Insanityの増え方が倍増する。Enrage属性。

Strategy

 5.1パッチ前まで出現順がランダムだったため、簡単な組み合わせを引くまで只管リセットを繰り返す必要がある露骨な足止めボスだったがついにFix。
 毎回確実にQiang→Subetai→Zian→Mengの最も簡単な構成で出現するようになり、かなり容易な部類のボスとなった。

 カウンター系スキルに対してはDispelなりStunなりの無効化手段が存在するため、1体1体を相手にする場合の戦い方はノーマルと大差がない。
 重要なのは2体動時に出現しているタイミングの対処。

 ・Qiang+Subetai
 スタックしているところにVolleyが飛んでくる。HeroicのVolleyは2回食らうと死人が出るので全員即座に回避。
 また、Qiangの撃破が遅れるとRain of Arrowが全員に当たってWipe。

 ・Subetai+Zian
 どちらも散開してれば攻撃の大半に対処できるため、ほぼ問題にならないPhase。
 Undying ShadowのAEダメージが激増しているので、ノーマルのような適当な処理はできない。
 きちんと周囲から離れ、出現次第集中して倒したいところ。

 ・Zian+Meng
 Undying ShadowのKite時や、Flanking Orderの際にバラけた時にMaddening Shoutが重なると一気に崩れる。
 これはZianが倒れても同じで、Meng自体の攻撃力もかなり上がっているため、単体になっても油断はできない。
 明らかに集合位置に来られないプレイヤーがいるようなら、Instant Castの弱い攻撃でダメージを与えるようにしたい。

Achievement

 全員がPillageを食らって、効果時間中に/danceするだけ。
 danceした時点でAchievementを取得でき、その後は倒してもWipeしても構わない。