※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10/31のPatchnote


興味無いのは放置


Player vs. Player Mode


 ・プレイヤーはDuelやFFA(バトルロイヤルみたいな) PvPをする事ができる。
 ・プレイヤーはアドベンチャーエリアでグループメンバーのポートレイトを右クリックし、「Duel」を選択することで
  Duelを申し込むことができる。また、/duel [Playername]のコマンドでも可能だ。
 ・プレイヤーは/pvpのコマンドでPvPモードのon/offができる。
 ・PvPモードがONになっている場合、Stationの外なら同様にフラグを立てているすべてのグループメンバーに攻撃することができ、
  また、攻撃されることになる。

Elite Mode


 ・Demonsは硬く、強く、素早くなる。そして数も増え、更なるChampionも出現する。
  Eliteモードは非常に挑戦しがいのあるモードになるだろう。
 ・Eliteモードは支払いをしているプレイヤーで、かつ最低1度はゲームをクリアしているプレイヤーにのみアンロックされる。
  一度アンロックされると、キャラクター作成シーンでON/OFFを選択することができるだろう。

Achievements


 ・これはすべてのプレイヤーに対して、やりこみ的な目標として提供されるシステムだ。
  プレイヤーは初期状態でいくつかのやりこみ要素をAchievement Log(デフォルトだと"J"で開く)にもっている。
  この項目はゲームを進める事で増えていくだろう。

Guilds


 ・ギルドを作る事ができるのは支払いを済ませたプレイヤーのみだが、参加は誰でもできる。
 ・ギルドメンバーは/gchatのチャットコマンドで、プライベートな交流を行うことができる。
 ・ギルド作成と運営については、このパッチノートの「Subscriber Features」の項目に記載されている。

NPC Tweaks


 ・ボイス入りのNPCに調整が入った。より現実的な台詞を話すだろう。

Gossip


 ・噂を話すNPCを世界に大量に追加した。噂を教えてくれるNPCは、頭上に「“ ”」のマークをつけている。

Tuned Game Progression


 ・Nightmare Modeでは、各エリアに費やす(予定の)時間を大きくする。難しく感じるようになるだろう。
 ・新しい難易度のバラエティを増やした。
 ・プレイヤーはAct終了時にメッセージを受け取るようになった。
 ・Lv30~50に必要なExp量を調整。


Interface Features


 ・フレンドリストに登録されているフレンドを右クリックする事で様々なアクションができる(Whisperとか)。
 ・オフラインのフレンドを表示しないようにするオプションも追加。
 ・チャットウィンドウにGlobal/Local/Party/Guildのタブを追加。
 ・チャットウィンドウの表示/非表示を切り替えるホットキーとして、チルダキーをデフォルトで設定した(@キー)。
 ・プレイヤーの名前の色をゲームモードによって色分けした。
 ・/playedでそのキャラクターの合計プレイ時間を表示できる。
 ・/screenshotでスクリーンショットを撮れる。
 ・いくつかのアイコンを更新した。

Graphics


 ・Improved memory usage and long-term stability
 ・Improved multiplayer stability
 ・Improved station performance and stability
 ・Improved multi-monitor compatibility
 ・Texture Detail option now behaves more predictably
 ・Improved DX10 initial load time
 ・Improved performance in DX10
 ・Improved appearance of motion-blur in DX10
 ・DX10 smoke now scales better with multi-GPU
 ・More noticeable get-hit effect, prevents “always grey” when getting frequently damaged by small amounts
 ・Tweaked FOV limits to avoid excessive fish-eye
 ・Anti-aliasing now supported for ATI 2x00 series cards
 ・Initial settings detection is now more effective
 ・Fixed several loading screen bugs
 ・Fixed issues with “Low” Shadow Detail
 ・Fixed overly shiny characters when Shader Detail is set to “High”

Sound


 ・Sound Effects and Music: Volumes and roll-off levels have been changed for various guns and monsters
 ・Updated version of FMOD
 ・Sound initialization improvements
 ・Tweaked several sound effects volumes

Skills

Templar


 ・Templerはチャージ系スキルで射程外の敵を攻撃できなくなった。

Guardian


 ・Shield Wallの状態を無期限に保持する事ができる。
 ・Stampedeの解説を更新。プレイヤーが15m前進する事を書き加えた。
 ・Anchorは6秒のCDを持つ。
 ・GuardianのHamper Skillは効果時間を持つようになった。

Cabalists


 ・Drain Lifeは大きなダメージを与えられるようになったが、秒間当たりのコストが倍に増え、吸収量が減った。
 ・ビーム系スキルはパワーが無くなった時に詠唱が止まる様になった。

Evokers


 ・Flameshardに10shardまでの限界があったのをなくした。
  各Shardは1メートルの範囲を持ち、スキルの効果が激増した。
  バランスをとる為、パワーコストを46%上げ、Shard1つ辺りのダメージを24%下げた。
 ・FirestormのRank1はIgnite Attack Strengthを上げなくなった。
 ・Arcane Shieldにより上昇したShield量を適切に表示。
 ・Arc Legionのダメージは25%上がったが、秒間コストも50%上がった。
 ・Drain Powerの吸収量が下がった。
 ・Spectral Lashのダメージが13%下がった。

Summoners


 ・Carnagorの攻撃力が45%減少し、スタン防御が33%減少した。
 ・Meat Shieldを起動した時のTaunt効果が素早く、より頻繁に行われるようになった。
 ・Meat ShieldのTaunt範囲が20mまで短くなった。
 ・Meat Shieldのレベルを上げてもTaunt範囲が伸びなくなった。
 ・Meat ShieldのTaunt効果時間が10秒に短縮された。
 ・DominateのスキルはWitch Doctor以外のMinionを出している時には使えなくなった。
 ・Elemental NovaはElementalを破壊しなくなった。
 ・Fire ElementalのHPが若干上昇した。
 ・Fire ElementalのIgnite Attack Strengthが75%減少した。
 ・Fire Elementalのコストが25%上昇した。
 ・Spectral ElementalのHPが若干上昇、Phase Attack Strengthが17%減少、Phase攻撃の時間が5秒に短縮された。
 ・Spectral Elementalのコストが若干上昇し、Summonerのレベルにしたがって適切に上昇していくようになった。
 ・Force ElementalのHPが(略)
 ・Force ElementalのStun Attack Strが25%減少。
 ・Force Elementalのコストが30%上昇。
 ・Storm ElementalのShock Attack Strが100%上昇。効果時間が2秒から4秒に延長。Shock Attack Damageが25%から100%に増加。
 ・Storm ElementalのHPが減少。攻撃力が激減。

Hunters


 ・Beaconは最大パワー量をチャージする事が無くなり、ターゲットが範囲外に出た時もクールダウンが始まる。
 ・Phase Grenadeのレベルを上げるとPhase Attack Strが上昇するように。

Marksmen


 ・Sniper Stanceを使用中、武器のエネルギー消費量を300%増やす。
 ・Toxic/Flashcrasher Grenadeのレベル上昇時の効果を変更。これらは各状態異常STRを増やす。

Engineers


 ・Tactical ModeとAdvanced Tactical Modeは、Drone TreeにあるArmor RetrofitとMaster Engineerと位置を交換する事になった。
 ・Bomber Botのダメージが大きく増加した。
 ・Bomber BotのPhase Attack STRと効果時間は若干短くなった。
 ・Concussive Crashのパワーコストが5になった。
 ・Concussive Crash Lv1のStun Attack STRは小さくなったが、EngのLvと共に適切に上昇していくようになった。
 ・Molotov Assaultのパワーコストが10になった。
 ・EngineerのDroneは適切に彼らの能力値とアイテムを保存するようになった(なってないらしいが
 ・Inhibitor Botsは適切にターゲットを鈍化させる。

Combat


 状態異常攻撃や、武器の妨害力は武器の速度に合わせて大きく変更された。
 素早い武器や攻撃(フィールド攻撃やスプラッシュダメージも含む)による状態異常発生率は下がり、
 遅い武器や攻撃の場合は発生率が上がる。

Items


 ・スキルボーナスのModは武器にしかつかなくなった。
 ・パワー回復のModは効果が高くなった。
 ・全ての剣の攻撃力は10%減少させられた。そして、Shield OverloadのModはMobのShieldを超えたダメージを与えた時に
  適切なダメージを与えるようになった。
 ・Hunterのマシンガンの射程と命中精度が向上した(非スプラッシュ型かつ非ビーム型)。
 ・ビームやストリーム型の武器に対するWeapon Energy Consumptionシステムは調整された。
  武器ダメージはエネルギーバーが0になるまでの間、どんどん下がっていくようになった。
  エネルギーが0の状態では、最大ダメージの25%のダメージしか出すことができない。
 ・Unique/Legendary/Rare/Enhancedの出現率を調整した。
  だが、プレイヤーはマジックアイテムと非マジックアイテムを以前と同じ割合で見つけることができるだろう。
 ・Legendary/Rare Mobの出現率を調整。
 ・Luckの影響力を調整。
 ・XM107/XM237 Firefox Launcherの攻撃力を10%減少し、妨害力を45%減少。
 ・XM803 Zeus Rifleの攻撃力を15%、XM923の攻撃力を5%減少。
 ・Nanodyne Venom Lanceの攻撃力を20%減少。

Crafting


 ・クラフティングマシーンはより大きなアイテムを入れられるようになった。
 ・各アイテムは最大で5回までしか強化できない。
 ・アップグレードには以前よりも多くの素材を必要とするようになる。

Monsters


 ・Oculis the All-Seeingによって召喚されたThe Eyes of Oculisの攻撃力は60%増加している。
 ・Fiend Masterの攻撃力は大きく上昇している。
 ・Emeperor Gulkarの攻撃力は以下略
 ・DefilersはFadeのスキルをあまり使わなくなる。

Grouping


 ・二人以上のプレイヤーがインスタンスに入った場合、難易度が大きく上昇するようになった。
 ・グループにいる全てのプレイヤーが、100%の経験値を得る事ができる。
 ・複数のプレイヤーによる状態異常や妨害力は正しく計算されるようになる。
 ・オートパーティの機能は同じモードのプレイヤーのみを正しくいれるようになった。

Quests


 ・Fixed a bug where some quests wouldn’t show up at the right time
 ・“Tripping the Rift” – the radar will properly disappear after completing this quest
 ・“The Final Test” – all eligible players in the party can now speak to Murmur to complete this quest
 ・Truth portals no longer disappear in multiplayer when other players enter the portal
 ・Quest drops should now properly drop for all players in the group in the appropriate instance
 ・Players can now properly interact with Jessica Summerisle in the Necropolis
 ・Pratch no longer repeatedly issues the same quest

Assorted Fixes

Lots of little things, with some notable ones worth specific mention:

 ・ペットは町で消去できるようになった。
 ・ペットのオーナーがそのインスタンスを離れると、ペットも消えるようになった。
 ・ミニゲームを色々調整。
 ・一人称視点の足音は床の素材を反映するようになった。
 ・ゾーン時にカメラ位置を変更するとバグったのを修正。
 ・蘇生を妨害するバグがあったのを修正。
 ・幾つかのタウンポータルがバグってたのを修正。
 ・ボスファームにおいて不正行為ができてたのを修正。
 ・キャラクターセーブの問題を修正。
 ・クラッシュするバグを色々修正。
 ・/stuckのコマンドが再び使用可能になった。このコマンドを使うとインスタンスの入り口まで戻される。

Subscriber Features

These are new features available to our subscription members right away. PLEASE NOTE these represent just the tip of the iceberg as to what we’re working on and what you’ll be getting. Check the Hellgate: London website for announcements and details on upcoming patches and features.

Hardcore Mode


 キャラクターは一つの、たった一つの命を持つようになる。
 HC Modeでは倒れたプレイヤーは復活しない。異なる戦法、スキル、アイテムが必要になるだろう。
 Elite-Hardcoreのキャラクターはゲーマーの為の究極の難題となるだろう。

Themed Events and Items


 シーズン毎に特別なストーリーライン、NPC、そしてクエストが出現する。

Guild creation and Management


 ・支払いを済ませたプレイヤーが作成できる。参加は誰でも可能だ。
 ・ベンダーで販売されている「Guild Herald」を購入し、使用する事で作成することができる。
 ・ギルドリーダーはギルドパネル(デフォキーは"G")で新しいメンバーを勧誘する事ができるし、
  プレイヤーを直接、もしくはフレンドリストの名前を右クリックして「Invite to guild」を選択する事でも可能だ。
 ・ギルドメンバーは/gchatのコマンドでプライベートな会話を行うことができる。

Additional Character Slots


 ・支払いをしているプレイヤーは24キャラまで作成することができる。

Expanded Stash


 ・どのキャラクターもスタッシュに6x8の追加スロットを得る。